スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年07月14日

VFC HK45CT






HK45の開発に携わったラリー・ヴィッカーズさんオススメのHK45C。そのタクティカルモデルをVFCがモデルアップ。








何か細部とか見る前にとりあえずKSCのマガジン挿してみた。順番おかしい気がするけどキノセイ。
海外の検証動画もありましたが、ブローバックはするものの弾を入れると閉鎖しなくなります_(:3 」∠)_




よく見てみると弾の保持位置がVFCが少し上。リップ上部の形状がわずかに違います。
リップの加工してみようかと思いましたが、KSCのマガジンオシャカにする可能性もあるのでちょっと一息・・・




寸法同じっぽいんで載せ変えたらいいんじゃない٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
ということで載せ変えチャレンジ。





各部の形状こそ違うものの、外寸なんかはほぼ同一。
ピンの位置・サイズも一緒・・・。





割とすんなりついた。
ただKSCのリップは放出口に突起が干渉するので、VFCのマガジンには付けるには加工が必要ぽい。






普通に動いて弾も出るようになった・・・・

VFCのマガジンにつけるパーツがなくなっちゃう&KSCのマガジンが殆ど流通してないのであんまり割に合わないですが、
どうしても長めのマガジン挿したいのであればこれはこれでアリかも_(:3 」∠)_
VFC用のマガジンリップとパッキンだけ売ってくれないかな。。。。





バンパーもそのまま装着できました。




しかし穴の位置はずれておる。。。
注入時にずらせばいいだけですが、妙にズレてるのは精神衛生的にあんまよろしくない・・・





バンパー外してKSCのHK45にVFCのマガジン挿してみたけど、こっちは挿してる途中でバルブが干渉してガス吹き出して死亡



うーん。。。
各部パーツ、互換性ありそうでびみょ〜〜〜〜に違うのはなんなんだろう・・w
KWA設計をベースにリアルさは維持しつつVFCなりのアレンジを加えた感じなのかなぁ・・。
  
タグ :VFCKWAHK45CT


Posted by あんこ入り  at 22:55Comments(0)VFCHK45CT

2017年04月21日

そろそろガスブロの季節ですね!

ついこないだまで暖房かけてた筈なんですが、いつの間にかパーカー着てても暑いような気温になってるのはなんなんだぜ・・・
こんばんは(’ω’)

ということでガスブロの季節です



早速ゲームで色々投入してきましたVFCの416C!
まだちょっと肌寒さもありますが、そこは作動性抜牛ンのVFC416C!手塩にかけて育て上げた416C!
強烈なブローバックとお空に飛んでいく弾道で敵をなぎ倒して














1ゲーム目から動かなくて使えなかった( ’ω‘)


nannnannmoooooooooooooooooooo(クソデカ溜息)

ファイアリングピン折れてましたorz


最近ホップとかも弄ってたので、家で何マガジンも撃ってて全く問題なかったのに、持って来たらいきなり壊れて使えないとかやめちくり^〜






またこれ別の日にマサダも持って行ってたんですが、少し寒めの日だったにも関わらずガシガシ動いてくれてました。
マルイMWSに次ぐ作動の安定感と性能でゲームでも中々頼りになるのですが、撃ってる途中でエジェクションポートから何か黒いデカい物が飛び出したので慌ててみてみたら




ロッキングブロック割れたwwwwwwww
無くても動作には問題なさそうですが精神衛生上あまりよろしくないので交換したいけど、これボルトアッセンブリー単位じゃないと売ってくれないやつですかね・・・・(´A')

何かゲームに持って行くと色々壊れるのは何なんだろう  


Posted by あんこ入り  at 22:40Comments(8)VFCVFC HK416

2017年02月08日

VFC V−MAG 分解してみた



大分前に買ったVFCのM4/HK416シリーズ用のP-MAG風マガジン、通称V-MAG。
購入した時に分解しようと思ったんですが、どうしてもボトムプレートが外せなくて分解できなかったのでなげっぱにしてたんですが、やっとこ分解できました。

方法は簡単です。
プレートとマガジン本体の隙間に金属のヘラとか入れて思いっきり下方向に力技でバーーーン!って感じですwwww







まあバッキバキに割れたんですけどね(´A')

結局このプレート、マガジン下部の中央にある突起に、釣り針がひっかかるようにただハマってるだけでした。
プレートを破壊しないように外そうと思うなら、後部左右から精密ドライバーか何か突っ込んで突起にかかる部分を持ち上げながら抜く、というのが比較的安全な抜き方ですが、割とめんどくさい上に無傷でやるのは結構難易度高いと思います・・・。
なので用が無いなら基本的に触らない事をオススメしたいんですが、注入バルブは勿論の事ながら、放出バルブもこいつ外さないとアクセスできないんですよね(´ω`)
なんでこんな設計にしたのか・・・・




このプレートのひっかかりがある事のメリットが感じられなかったのでリューターで除去
後ろの方の塗装が剥げてるのはバンパー外そうとしてドライバー突っ込みまくった痕。






マガジン中央前方向にピンがありますが、これはBB弾の入ってる部分のカバーなので別に外す必要はないです。
ピンが右側でロックがかかるようになってるので、もし外すなら左側から抜かないと







(´A')もう嫌い







内部はHKマガジン同様、1ピースで2分割されたガスタンク。
奥の方にネジがあるので、それを外せば上側のユニットが抜けるので放出バルブが外せるようになります。







同じVFCのM4/416系でもハマりが悪かったリ、ノズルの押上が強すぎるものがあったので、1mm程マガジンキャッチの引っかかり上側を削りました。
僕が触ったところ、2015verのM4系にはそのまま使えましたが、416だとちょっとキツイものがあったり。個体差もあったので何とも言えないところ。
マガジンキャッチも削りすぎるとガスルートの気密が取れなくなってしまうので、削っては挿して撃っての繰り返しです。

GBBM4マガジンとしては群を抜いて軽い上に、ガスルートパッキンも気密をアップさせる工夫とかもされてて作動性もいいので、もうちょっと煮詰めてほしいところ・・・・特にプレート設計した人ひっぱたいてやりたい気分です(´A')

他社製のPMAGのプレートが流用できないかと、PTSの物やその他レプリカ品を試してみましたが、V-magの方が底部の寸法が大きめにつくられてるので、大分削らないと入らないようですorz

良くも悪くもVFCらしいマガジンな気がします(褒めてない  
タグ :VFC


Posted by あんこ入り  at 15:43Comments(4)VFCVFC HK416VFC M4

2016年11月20日

VP9 VFC




VFC VP9いらっしゃいました








H&K最新のストライカー式9mmピストル







サイズ的にはHK45より一回り小さくした感じですが、実際握ってみると結構大きく感じます。
グリップはバックストラップに加えて側面も変えられますがフィット感はHK45の方が好きかなぁ・・




グリップの滑り止めのパターンが実銃と同じ模様。
HK45ではマルイもKSCも実銃のパターンが再現が出来てませんでしたが、ここは流石のVFCという感じ。

トリガーは最初の遊びがちょっと長く、途中からグッと重くなってバチンと落ちる、ストライカーっぽさが再現されてると思います。
好きか嫌いかと言われたら好きではないですが()
実銃はトリガープルがウリらしいですが撃った事がないのでなんとも(´ω`)





前評判で作動性は良かったものの、スライドアッセンブリの重量がかなり重かったのでちょっと半信半疑でした。
まあいくら良くても最近CO2ハンドガンとか撃ってしまってるので、正直今更普通のガスで撃っても大した驚きは






いやこれ凄いですわ()

マガジンも温めず気温も低い中で撃ったにも関わらず、前述の重量級のスライドを物ともせずドライブさせてきて、ガツーン!と後ろに叩き付けてきます。57CO2のハイスピードなブローバックとは異なり、兎に角パワーで後ろに叩き付けてくる印象。夏場でもここまで強烈なブローバックを見舞ってくれるハンドガンは限られてるような。この安定感はすごい。
更にマガジンを温めてしっかり握って撃つと、親指の付け根とか手首が痛くなる位に強烈でちょっと怖いです。
これは楽しい・・・(´ω`*)



フィールドストリッピングがしにくいと言う話だったので一応



ホールドオープンしてマガジンを抜きます




ホールドオープン状態でちょうどテイクダウンレバーとスライドの半円部分が重なるので、レバーを真下に。
真下よりも更に回転しますが真下にしないと外せません




この状態でスライドをリリースすると、少しスライドが前進した位置で止まる(と思います)





後ろからグッと押すとスライドが外れます・・・硬かったらちょっと後ろから叩かないと外れないかも。
僕は掌底で外してますがちょっと痛いのでゴムハンマーとかのほうがいいです



〜戻す時〜



スライドを戻すのは特に困らないと思いますが、テイクダウンレバーがそのままだと元に戻りません





一旦レバーを真下にもどして





インナーバレルを押し込むとレバーも戻るようになると思います。

  
タグ :VFCVP9


Posted by あんこ入り  at 23:43Comments(5)VFCVP9

2016年07月19日

VFC V-MAG買ってみた

おはヨーソローこんにちは

毎年言ってる気がしますが夏ってこんな暑かったっけ・・・・ι(´Д`ι)アトゥィ

夏と言えばガスブロの季節という事で長物が楽しい季節ですね。サバゲーでも大活躍です










(´Д`υ)アツーィので重たいの持ちたく無くてハンドガンしか持って行ってないですけど・・・・()









そんな中新しく出ましたVFCのGBBマガジン、PマグならぬVマグ。
普通のM4スタナグとHKマガジンしかなかったので嬉しい追加。

持ってみた感じとにかく軽い・・・!
PマグというとKSCの鈍器マガジンをよく使ってるせいで重いイメージすら出来上がってしまってたんですが、こっちはしっかり軽いマガジン()

M4、416どっちでも使えましたが、ちょっと差し込みがキツメで、差し込み方が弱いとバルブが上手く叩けずガスプシャーをするので、しっかり叩き込む必要があります。








空重量は350g台。ガスM4マガジンだと最軽量かな?
KSCのPマグの半分以下です(苦笑








ところでこれ抜き差ししてる内に擦れた部分の塗装が落ちてきたんですけど、下地が銀色・・・・・・これもしかしてアルミ?(´Д`υ)
手に持った感じ普通に樹脂だと思ってましたが、冷えた時の冷気の伝わり方がダイレクトなので多分金属。全然わからなかった・・・・。

樹脂外装は温め難い反面、一度温めしまえば外気に触れ難い分、寒い時期運用しやすいメリットがあったので樹脂がよかったなぁと・・・・まぁいいや。





つなぎ目とかも樹脂っぽいのだけどなぁ・・・・・未だにハッキリ確証を持ててないですww





ガスルートパッキンがちょっと従来のぺたっとしたものから凸が追加されてるような感じ。






リップも微妙に違うのか、玉が少し入りやすくなった気がします。
が、そのせいか稀にジャムを起こす事ががが。HKマガジンだとジャムったことなかったんですけどね。

あと装弾数30発のはずなんですが、どう頑張って押し込んでも20発ぐらいしか入らない・・・・(´Д`υ)ダイジョウブカ



とりあえず分解してみてみようと思って、






まずはマガジンのボトムプレートを外して






マガジンのボトムプレートを







はず








ハズレネ━━━━⊂(゚Д゚;⊂⌒`つ━━━━!!!!!


なんだこれ・・・・・







スライドする部分に切りかきがあるんですがここがひっかかっててどうしようもない・・・・力技で外してる人もいましたが、傷だらけになるわヒビはいってくるわで僕は諦めました(;′Д`)試合終了






リップ周りのパーツ外して、真ん中ら編のピンを抜いてから、上から引っこ抜くというのもやってみましたがどうにも無理ぽい・・・。
注入バルブにもアクセス困難だし底からガス漏れしたらどうしたらええんや・・・・・





撃ってみた感じ悪く無いですが、前述したジャムの問題があるので曜調整というところ。
20発程度しか入らないにも関わらず、撃ちきったあとマガジンが結構ひんやりしてたので、寒さにもあまり強く無いかも。

HKマガジンがとにかく性能面でかなり際立ってた印象だったので、比較するとちょっと粗が目立つというか、とりあえずこのボトムプレートどうしたらいいのか途方に暮れてる感じです()  
タグ :VFCV−MAG


Posted by あんこ入り  at 16:02Comments(3)VFCVFC HK416VFC M4

2016年05月21日

VFC H&K VP9

マルイの新作でジョンウィックに因んでP30のガスブロを期待してたのですが夢破れ。
電ブロ買おうかな・・






それはさておきVFCからH&Kの最新ストライカーピストルがカミングスーン(・8・)
カミングスーンって公式で公表したら割とすぐ出してくるメーカーなのですぐ出てくる・・・筈

HPに特設ページもありますが何か気合い入ってますね
http://www.gb-tech.com.tw/VP9/index.html





どっちかというとHK45CTの方が興味あるのですが・・・()  
タグ :VP9


Posted by あんこ入り  at 16:23Comments(6)VFCVP9

2016年01月07日

冬にガスブロM4


今年はなんか割と温かい?ですね。

年末年始に2回サバゲー行って、ガスブロのM4と416Cを持って行きましたが、それぞれ快調に動いててよかったですદ=๑๑( ੭ ε:)੭ु⁾⁾






マルイのM4MWSはうっかりスチールバッファーいれたまんま行ってしまったのですが、温めながら使えば特に問題もなく相変わらずの快調作動





416Cも思ってたよりガシガシ動いてくれて不具合とかも特になし・・・。





ただホップがやはりちょっと強すぎるのか、最弱にしても20mくらいで浮き上がってたので要改修・・・・グルーピング自体は悪く無いです。





(やや温めた状態)



そもそも冬場にガスブロを使う事自体、性能的によろしくないのは言うまでもないですが、パッキン類や樹脂パーツに負担がかかりやすいのであんまり推奨はしませんし、ウォーマー多用する事になったり面倒くさいことの方が多いです・・・。

といっても最近のガスブロライフルはよく動くものが多いので、マガジンさえ揃ってれば運用しやすいかなと思います。



ちなみに僕はゲーム中はタクレットにホッカイロ仕込んでマガジンを運用してます。
いくらセーフティや携帯型のウォーマーでであっためても、外気温に直で晒されるとすぐに温度低下してしまうので、オープン型のマグポーチはオススメしませんદ=๑๑( ੭ ε:)੭ु⁾⁾

  


Posted by あんこ入り  at 11:05Comments(10)VFCVFC HK416M4 MWS

2015年11月22日

VFC M4 GBB MK18 Mod.1 2015ver 2



ダニエルディフェンスのハンドガードかっこいいな〜・・・・


ということでVFCのGBBR、MK18 Mod.1。
ざっと見てみましたけど、前回書いた通り中身の構成に関してはSABERと変わった部分は無いようです。



DX版はセレクターやマガジンキャッチ等にスチールパーツが奢られてますが、価格的にはあまり変わらないお得設定?






早速撃ってみようと思ってチャーハン引いて撃ってみたんですが



「カキン」




ハンマーが落ちるだけで動かない。あれ?(´ω`)


ガスもちゃんと入ってるしおかしいな・・・・・と思って一度マガジンを抜いて、ガチャガチャした後にもう一度やってみると撃てました。しかしハンマーが落ちた状態でマガジンを挿してから撃つとやはり撃てない。ブローバックもなんだか弱々しい。そういえばこれSABER買った時も同じ事があったような気が・・・・・・・嫌な予感。

テイクダウンして見てみる事に。





んでまずこれもSABERと同じく、テイクダウンピン抜いても開かない(´ω`)

トレポンのようにストック後端を強く叩くと開きましたが、フロントピンの回りが破損しそうな感じもするのでちょっと怖い。あんまりオススメしないです。





フロントピンも抜いておとなしくアッパー分割した方が安全です。
ちなみにリアのピンを先に抜いてしまうと、フロントピンに力がかかって抜きにくくなるので、先にフロント側から抜いた方が良さげです。

SABERの時は干渉する部分を削ってテイクダウンできるようにしましたが、その影響かわかりませんが極わずかにレシーバー上下でガタが出てるので、削って開けやすくするのも自己責任でおながいします。



そして肝心のファイアリングピンを見てみますと






なにしてんのコイツ・・・(´ω`)

正常な状態だとマガジンが刺さってない時は、バルブに当たるパーツが下に降りてるんですが・・・・しかも何か斜めってるし・・・・。
とりあえず分解してみます。

需要有るかわかりませんが、一応分解方法も後述しておきます
僕の場合初めてまともに分解したのがVFCのM4で、今思えばすぐ分かるような事でもすごく悩んでしまったので少しでも参考になれば幸いですが・・。
ちなみに当時の記事 ▶︎ http://ankoiri.militaryblog.jp/e407950.html 今より生き生きしてるけど草生やしすぎでウザいですね()



とりあえず分解してファイアリングピン取り出してみました。
予備パーツを常備してたので、それと比較してみます。



(左 予備パーツ 右 組まれてたもの)


組まれてた方、真ん中に入ってるピンがちゃんと左右にかかっておらず、グラグラしてます(´ω`)





根元がしっかり固定されてないので、一度あがって引っかかると降りてこない仕様・・・・
っていうかこれ、SABERの時もなってたけど、もしかしてこれ折れたんじゃなくて元々だったのか・・・・






明らかにピンが左右に届かない寸足らずなんですけど・・・・・VFCさん??
予備パーツの方はそんな事ないんですが何でだ・・・。

とりあえず交換したらマガジン挿した状態からハンマー起こしてもちゃんと撃てるようになりました(´ω`)個体差?にしても二連続ってのもアレなのでもしかしたら仕様なのかも・・・・一応販売店さんに問い合わせてみますかね・・・。




続きからファイアリングピン回りの分解
  » 続きを読む
タグ :VFCM4


Posted by あんこ入り  at 23:24Comments(15)VFCVFC M4

2015年11月20日

VFC M4 GBB MK18 Mod.1 2015ver 1





・・・・・・・(白目)


えー・・・VFCのMK18Mod.1、2015verです・・・・。

ちょっと時期被り過ぎでは・・・







米軍の特殊な方々が使ってる銃らしいですが、そっち方面の知識皆無なので・・・(宝の持ち腐れ)
ダニエル・ディフェンスのライセンスも受けたハンドガードは格好良いと思います。

外装以外SABERと一緒みたいですが、DX版で少しスチールパーツが奢られてたりしますが・・・・詳しくはまた後日レビューします( ´ω`)  
タグ :VFCGBB


Posted by あんこ入り  at 16:33Comments(9)VFCVFC M4

2015年11月06日

VFC HK416C GBB 2

マルイのM4 MWSで盛り上がってる所にVFCの2015モデルも本格的に近日入荷の報が・・ぶつけてきたのかな・・・(・ω・)

まだ触ってないので何とも言えませんが、マルイのM4は実射性能・耐久性能・作動性能を極力高めて来たのに対して、VFCのM4はリアルな構造はキープしつつ、作動性能を高めて来ており、正直どっちも素晴らしいのではないかと(思ってます。予想ですが)


さてそれはとりあえず置いといて、先日なげっぱなし記事を書いたHK416C(旧モデル)ですが、ガスもしっかり補充しました






改めて見てみるとやっぱりかっこいい・・・・・ほんとかっこいい何だコレ・・・・
前回も言った気がしますがものすごい塊感があってめっちゃかっこいいんですよ!(語彙不足)











(っ´ω`c)








旧型と新型との差異はやはりなんと言ってもマガジンです




並べてみましたが2015マガジンだけ明らかに大きいですね。

真ん中のはHKライセンス入りで、下がコルトマガジン。HKマガジン2本あるのですが、泣きたくなるくらい調子悪いです(´ω;`)
旧型もロットによってバルブ等が微妙に違いがあるようです・・・。















あとこれは旧型・新型共通ですが、ボルトキャリア




M4ボルトに比べて、416ボルトの方がガスカットタイミングが遅くなるように取ってあり、より強烈なブローバックを味わえます。その分M4の方がキレがよくなるようにセッティングしてあり、冷えに強く安定した印象。

M4の方はズダダダダダン!という感じで、HK416の方はガキンキンキンキンキン!!!と、かなり派手に金属音を響かせながら、肩にくるブローバックが印象的。。


ということで実際撃ってみます












まず旧型(コルトマガジン)
ガスは多分7割程入った状態で人肌に温めました。ちなみにガスタンクの容量は新型の半分もありません・・・。


z(フルロードしたつもりが20発ぐらいしか入ってませんでした)


ちょっとガス吹いてますが旧型の割には良く動いてる方だと思います。
寒くなっては来てますが、温めながらセミで使えばなんとか運用できるかなというところ









続いて新型マガジン
こっちはガス入れた後、特に温めずに使ってみました(室温20度)






わかりにくいかもしれませんが、ガスも吹かなくなり、作動の安定感も桁違いです。本当に同じ銃なのかどうか疑ってしまうくらいに激変しました。
またマガジンを温めるとさらに顕著で、ブローバックがめっちゃ強烈になって、ちょっと変な笑いがでましたww

ストックが短いのでより激しく感じるというのもありますが、他社も含めてM4/HK416シリーズの中では体感できるブローバックの衝撃は最大クラスではないかと・・・本当このマガジンにはちょっと驚かされっぱなしです・・・・。



皮肉や嫌味ではなく、マルイのM4 MWSがこれを超える驚きを見せてくれる事を期待してます・・・!






オマケの調子悪い旧型マガジン




。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

放出バルブを換えると良いかも知れません・・・・・・  


Posted by あんこ入り  at 00:38Comments(5)VFCVFC HK416

2015年10月04日

VFCのガスM4①

元々日記感覚で書いてたのでもうカテゴリー整理するの面倒くさくて、レビュー的な物を整理して別のところにまとめようか検討中(´ω`)今晩ワ


ちょろっと書いたっきりのVR16。

レビューの続きというか気になったところを。






テイクダウンする時何か妙に硬くてですね。
最初はちょっとストックの部分叩いて「ばーんっ」て外してたんですが、あんまり優しく無さそうなので、フロントのピンも一緒に抜いてアッパーごと分割してまして( ´ω’)



ボルト後端の上の部分と、ストックパイプの同じく上の部分らへんを少し削ったらスムーズに開くようになりました



ただこれ、開けようと思っても、ハンドガードが結構干渉してしまうので、あんまり開かないです。
いや多分開けようと思えばガバッと開くと思うんですけど、レシーバーかハンドガードが割れそうなのでボルトキャリアを抜く位の時以外で、中身を触る時は結局フロントのピン抜いてアッパーごと外してます。さほど手間でも無いですしいいですけど・・・・。




あと急に撃てなくなったと思ったらファイアリングピンパーツのピンが破損してました( ´ω`)M4ほど撃ってないんだけどなぁ。
VFCM4パーツは大量に持ってるのですぐに交換して事なきを得ましたが。。。





もう一個不具合とかじゃないんですけど気になったのが、NPAS入ってると思ったら入ってなかったΣ(・ω・ )
なんで入ってると勘違いしたかというと、VFC専用のNPAS(HK417の記事で書いてると思います)とそっくりなパーツが入ってるのですが、中身の調整ネジが取っ払われて固定されてるという・・・M4の方はちゃんとNPAS入ってたのに何でだろう・・・。





初速は0.2g弾で今の季節だと70前半くらい、しっかり温めて80程。ライフルとしてはちょっと低いかなーと思いますが、初速オーバーするよりはマシかなと。初速自体は安定してるし弾ポロも無かったので、個人的には全然OKです。
ホップはM4と変わらずちょっと強すぎるくらいで、最弱にしてやっと真っすぐ飛ぶという位(マルイの0.2gベアリングバイオ)

まだ20M以上の距離で撃ってないのでロングレンジだとまた変わるかもしれませんが、20m先の空き缶くらいは安定して中てられるので悪くもないかなと。0.25gだと良い感じでホップがかかるようになるので、重量弾推奨なのかも。






最近楽しくてトレポンばっかり使ってて、結局VR16を一度もゲームで使えてないので、次のゲームこそ持って行って試しますハイ・・・・
  


Posted by あんこ入り  at 22:02Comments(5)VFCVFC M4VR16

2015年09月28日

ガスブロ M4





マルイのガスブローバック M4A1 MWSの表紙がかっこよかったのでコンマガ買ってきました(アヘ
他誌に比べてマルイのガスM4については濃い内容で読み応えもナカナカでした。ガンプロはMASADAの特集があってあちらも面白そうでしたが・・・。

ゲームウェポンとして安心して使えるガスブロM4が欲しいというのは前々からの切実な願い・・・・╰( ´◔ ω ◔ `)╯











・・・・╰( ´◔ ω ◔ `)╯

こういうのやっぱり悲しいですしね・・・・。

個人的にはMASADAも初期調整さえ超えてしまえばかなり安定して高性能さを誇ってるので、ちょっと物は違いますが比較してみたいところです  


Posted by あんこ入り  at 21:45Comments(3)VFCKSC東京マルイ

2015年08月25日

VFCのNEW GBBR VR16 SABER


MASADA絡みで書きたい事もありますが今日はこちら







ででどん


台湾のショーでも出品されて先に電動ガンでもリリースされておりましたがガスでも来ました。
VFCの新ARシリーズ、VR16 SABER シリーズ。


VFC M4 GBBR V2 SYSTEM 2015!VR16. Saber SeriesCal. 5.95mm Gas Blow Back Rifle.Saber Carbine / Saber CQBComing Soon!

Posted by VegaForceCompany on 2015年6月17日


お姉さんかわいい・・・()

早速ざっくり見て行きます





先に出ていたVFC2015モデルのM4と。

まず手に取った瞬間違うのが圧倒的な軽さ。
元々VFCのガスM4は割と軽く感じるのですが、特にハンドガードの軽量化のおかげで構えた時がめちゃくちゃ軽く感じます。
これなら非力な人がサバゲーで一日振り回しても疲れる事は無いと思います。
メーカー純正のKEYMODハンドガードを装備したガスライフルというと、KSCのMEGA MKMが思い浮かびますが、あれに比べると格段に軽いです・・。



レシーバーは基本的にM4A1と同一。中身の違いもありませんでした(ちなみにDXバージョンではなくスタンダードな仕様なのでマグキャッチ・トリガー等はスチール化されてません)
刻印は見ての通りVFCのオリジナル刻印。ちょっとナイツっぽいですが。セレクター前部にはメイドイン台湾刻印。
この辺は気にする人は気にするでしょうね・・・・・。ちなみにレシーバー右側は無刻印です。

グリップ・セレクター・マガジンキャッチ・トリガー・トリガーガード等はM4と同一みたいです



ハンドガードはURX3とSMR MKⅤを足して割ったような?
僕もそこまで詳しくないのですがこういうのあるんですかね・・・・



レールのエッジは綺麗に立ってますし、質感は上々です







フラッシュハイダーとバレル
あれさっき5.95mmって・・・・・(

アウターバレルはアルミ製でさらっとした表面処理がしてあって、安っぽさは感じません。







バックアップサイト。
強化樹脂製でこれも軽量化に貢献してますね。
これも刻印等はなく、何をモデルにして作られてるのかよくわからない・・・・ですが、普通に見やすいと思います。




チャージングハンドルも通常のものよりレバーが大きくなってて操作しやすいです。
ちょっとカタカタ言いますけど。




あとストック。
これはもう完全にVFCのオリジナルですね。
ただこれ、以前クリス・コスタ氏が来日イベントの頃に発表されましたが、個人的にはめちゃくちゃカッコいいと思ってるので全然アリです。



ここ開きますがバッテリー入れかな?
細くなったコーラも入らないと思います。



マガジンはM4同様のHK刻印の入ったマガジンでした。




作動性に関してはM4同様快調そのもので、非常によく動きます。
軽いせいかブローバックしたときのショックがM4よりもかなりダイレクトに伝わってくるので、肩・頬付けしてフルオートすると結構な迫力。
撃っててかなり楽しいです。






こんなステッカー入ってました。

外装面ではちょっとネガティブな事をつらつらと書きましたが、VFCはこのセイバーシリーズをサバゲー用のウェポンとして割り切ってるようです。
無駄に重くなったり、ライセンスで価格をあげるよりは、より良いものをより安くという感じでしょうか。
抜群の作動性と強烈なリコイル、軽量で振り回しやすく、しかし剛性感も抜群。
今週のサバゲーで持って行く予定ですがかなり楽しみです。


実売価格4万円切りもあると思うので、刻印とか実物再現度よりも、とにかくガスライフルを楽しんでみたい!という人には結構オススメではないかと思います。  
タグ :VFCVR16


Posted by あんこ入り  at 00:57Comments(4)VFCVR16

2015年07月16日

VFC M4GBB 2015ver マガジンとかあれこれ


一ヶ月更新ない広告とか出てるじゃないですか・・・・
ちょっと忙しいのです。他の趣味に()





VFC GBB M4・HK416用新型マガジンが以前も書いた通りですが凄いです

フルオートの安定感もさることながら、冷えにも割と強い感じで




1時間冷蔵庫(5度)で寝かせた後でも割と動きます。。
セミオートならフルロードしてもホールドオープンする位の安定感。冬場でも割と使えそう・・・・?








変な使い方ばっかりしてたせいか、おかしな作動をするマガジンが出てきたので








ささっとバラバラ

分解は非常に容易で、構造もシンプルなので特に困る事も無いと思います。
底面のカバーと上面のカバーについてる六角を外して、底面から中を覗いて中央にあるネジを1本外すだけです。






新型はガワとタンクが一体。
旧型のマガジンはガワと中のタンクが別体になっていた為、容量的にも温まりにくさにも難があった気がします。

このマガジン、絶対的なガス容量が多分旧型の倍くらい?あります。
入れようと思えば100g近く入ります(そこまで入れると気化スペースなくなって安定しなくなりますが・・)

フルオート不調は放出バルブのパッキンがちょっと緩んでたようなので、しっかり嵌めてシリコン吹いて組み直したら治りました(´・ー・`)




ところが別のマガジンでまた作動不良。
さっきのマガジンはセミオートでも作動が不安定かつ初速がばらついたのですが、今度はフルオートだけが調子が悪い・・・・。

しかしここは長い付き合いのVFC M4シリーズ。壊した数だけ経験も積んだのです・・・・( ‘ᾥ’ )



2015モデルになって、ハンマー・ディスコネは強化されましたが、他のパーツは従来通り亜鉛が使われてる部分もあるので、削れたりする物もあります。
調べてみたところスチール化されてるのは

・ハンマー
・ディスコネクター
・ファイアリングピン
・ファイアリングピンロッカー
・ファイアリングピンリテーナー
・ボルトキャッチ
・フルオートシア

それ以外の

・トリガー
・セレクター
・トリガーガード
・マガジンキャッチ

この辺は亜鉛かアルミかよくわかりませんが、
スチールではなかったです(モデルによって違うかもですが)




大分前にこんな動画をあげましたが




この時教えて頂きましたが、マガジンキャッチをスチールに換装するだけで大分調子がよくなりました(´ω`)
マガジンが削れて、位置が安定してないとガスも安定して送り込めないようです。
割と削れやすい部分なので、フルオートを頻繁に使うなら早めに換装したほうが良いかもしれません・・・・。

そういえばKSCのM4ってマガジンくっそ重いですけど、ビックリするくらい綺麗にカチッとマガジン嵌るんですよね・・・
安定した作動性はその辺にもあるのかなーと。あ、そういえばマサダやっとくるみたいですね・・・楽しみです。


ということでスチールマガジンキャッチに変えたらフルオートも再び絶好調にもどりましためでたしめでたし(’ω’)
マルイさんのM4もそろそろくる・・・・?
  
タグ :VFCM4


Posted by あんこ入り  at 19:50Comments(7)VFCVFC M4

2015年05月31日

VFC M4GBB 2015ver 2




マルイのM4にPTSのMASADA・GBBで盛り上がってますが、こっちも負けてませんVFC M4GBB 2015ver

いつも部屋の中でガチャガチャやるのがメインなんですが、今回はかなりガッツリ撃ち込んできました(・8・)ノ






撃ち込みにはシューティングレンジ京都 TOPS様を使わせていただきました。ありがとうございます
シューティングレンジとしては日本でもトップクラスの広さだとか・・・・。





とりあえずガワとか中身は前回やっちゃったので早速実射




まずはセミオート







ブローバックの強さやスピードは旧型よりも増しており、ボルトが閉鎖したときの打撃音の金属感も派手になってて、撃っててとても楽しい。
トリガーも重すぎず軽すぎずでキレがよくなってるような( ’ω')




続いてフルオート

 ※撮影協力 ベネットさん(仮)

さらに旧型では不安定要素が出まくりだったフルオートが驚くほどに安定してる・・・・
暖かくなってきてるとはいえ、ガス入れ直後で撃ってみても生ガスを吹いたりおかしな動きをしたりせずにガンガン動き、全弾撃ちきるまで殆ど失速もせずホールドオープン。
正直ここまで動くとはちょっと予想してなかったので嬉しい驚き。



マガジン温めて撃ってみたらこんな感じ└(^ω^)」




(後ろは気にしない方向で)


動画6秒なのでアレですが、この後13秒くらいまでこのままの勢いでブローバックし続けるというちょっと驚異的な作動性。
まあ実際こんなに撃ち続ける程弾入りませんけどね(´9`)

とにかく冷えにくく、非常に安定してる感じです。この安定感は既存のガスM4の中では頭一つ抜けてるかも?
ちなみに152ガスを使用してるので、134だともっと動くかもしれません。







ちなみにホップ調整機構はHK417同様の、チャンバー下部の穴に付属の長い六角レンチを突っ込んで調整するタイプ。
できればテイクダウンせずに調整できるといいんですけどね・・・・・。ちなみにテイクダウンピンが旧型より抜きやすくなっており、工具を使わずに抜く事ができました。個体差もあるかもですが

ただホップはかなり鬼ホップの傾向で、ちょっとかけるだけで上空に飛んで行ってしまうので、全切りくらいでもいいかもしれません(弾はマルイベアリング0.2g弾を使用)
弾自体はかなりキレイに飛び、グルーピングも良好なので、ホップさえ上手く合えばゲームでも十分使えるレベルかと思います


性能面でマルイのM4を上回るのは難しいと予想しますが、作動の安定感は抜群で、WA系の中身のリアルさもあるので、しっかり動いてほしいけど中身もリアルな方がいい!という人には結構オススメかも知れません( ’∀')

いやしかし本当今年の夏は長物GBBが熱いですね・・・・・ガス買い込んどかないと・・・・・

  
タグ :VFCM4


Posted by あんこ入り  at 00:02Comments(8)VFCVFC M4

2015年05月28日

VFC M4GBB 2015ver 1

\前回のあんこ入り!/ デン


今回は真面目に書きます()


えー、この記事を書くちょっと前に、KSCのMASADAが6月予定という情報が流れて来て、ちょっと戦慄しています(主に財布的に)
WEのスカーHも来るしマルイのM4も待ち構えてるし、更に先にはPDRのGBBまであるという話ですし色々ヤバいですね・・・

MASADAだけはとりあえず抑えたいところなんですが・・・・


まあその辺も色々ありますが、とりあえず前回の予告通り()VFCのM4 GBBR 2015バージョンが到着したので早速レビュー。






箱は旧型と一緒ですね(ヽ´ω`)





サイバーガンライセンスのシール。以前は無かったような。
輸入ルートとかで違うかもしれません。







ご対面

特に前と一緒かな・・・・・・?





バレルに入ってない刻印とか







放熱板なくて丸見えガスチューブとか()

この辺は僕がVFCのM4を買うきっかけになった、kashiyukoさんのブログを参照してくださいまし(┐「ε:)



正直見た目とか持った感触は以前と違和感ゼロ?

じゃあ中身いきましょう中身。





パカリンチョ(古くさい表現)


事前情報通り、ハンマー、ディスコネがスチール化されてます。
最初に買った2012verは買ってすぐにハンマーがボキ折れ、その後交換してもまたボキ折れしたり、
同じ中身の416も即ボキ折れという、耐久性とかいう概念がどこかにすっ飛んだような代物だったので嬉しい改良です・・・。

まあ折れまくったおかげで中身弄るようにもなったので、あれはあれでよかったのかもですが(ヽ'ω`)ネタにもなるしね





リコイルバッファーは従来の樹脂製のものから、ハイスピードバッファーで使用されていたものと同じ物に変更されてます。
チューブ径がリアルサイズになったとはショップさんも謳ってましたが、リアルサイズがどのサイズなのかしりませんすいません(





あとはボルトキャリア!
これもなんと










一緒じゃね?('ω`)


一応ボルトストップ部分は補強付きになってましたが










速攻削れまくってた()
補強とは・・・・・・・


あ、でも417と同じNPAS入ってました。VFCのやつはRATEのWE用より弄りやすいのでいいですね。

それぐらいかな・・・・?
チャンバーも新しくなってるとの事ですが、実射も含めてこれは次回に。



正直耐久性以外然程変わってないような・・・・・・。






しかし今回大きく変わったのがマガジン。
標準で付属していたのは普通のM4用STANAGマガジンではなく、HK416用のHK刻印が入ったマガジン。

表面処理はツルツルした感じです






側面、底部にHKの刻印が刻まれてます





注入バルブはWAマガジンのように、底部から後方に移動しており、挿入時に見えなくなる嬉しい配慮。
WE M4用マガジンとサイズを比較してみましたが、明らかに大きいですね・・・。

しかし大きくなっているにも関わらず、重量は旧型M4マガジンが405g程あったのに対して、380g程まで軽量化されており、かなり軽く感じます。マルイのガスM4マガジンがホビーショーの公表値470g(予定)だったので、この辺は数が必要になるガスマガジンとしてはアドバンテージになるんじゃないでしょうか。KSCの鈍器と比べるともう・・・()

ガスもかなり入るようになって作動の安定性に貢献してます。


実射等含め、その辺はまた次回に(ヽ'ω`)




先に書いておきますが、正直なところ作動性はかなり良いです。では。


  
タグ :VFCM4GBBR


Posted by あんこ入り  at 00:42Comments(6)VFCVFC M4

2015年05月24日

VFC M4GBB 2015ver!


随分長く待ちましたが、もうすぐですねー・・・・・












ラブライブ劇場版・・・・・・






あぁ^〜
また少し生き延びれそうだ・・・・・・・・。






あ、VFCのM4GBB、2015年モデル出たみたいですね。来週中頃にレビューします(←本題)  


Posted by あんこ入り  at 16:08Comments(4)VFCVFC M4

2015年01月17日

選べるガスブロM4



こんばんは(・8・)

書きたい事は大分溜まってるんですが、
「何かこれ書いていいのかなー」とか、「ステマくさいなー」とか余計な事ばかり考える事が多くなって、最近書き出しが捗りませんヌ。
もうちょっと最初の頃みたいに気楽に適当に書いてる方が楽しいので、そういう路線に戻して行こうと思います。

話が飛びますが、最近アクセス数がほっといても高値安定してるせいか、
何か調べようと思って検索かけたりすると自分のブログがドカドカ引っかかってくるんですよね。











正直すんごい邪魔(・8・)


まあエアガン関連で引っかかるのは仕方ないしまだいいんですけど、あんこ入りパスタライスとかの検索でもめっちゃ引っかかるので、そのうちあんこ入りパスタライスの店から訴訟されそうなのでタイトルをそろそろ変更しようかなと思ってません(ません)

ブログタイトル及びハンドルネームの由来ですが、知人の漫画のキャラクターの名前を少しもじって使ってるだけなので特に深い意味はないです。はい。
あと僕はあんこは昔大嫌いな食べ物だったくらいでチョコレート派です(最近は普通に食べますが)




どうでもいい話をだらだらしたところで今日の更新こーなー(ぱちぱち




最近ガスM4はどこのメーカーのがいいですかみたいな事を聞かれる事が時々あるので、簡単に個人的な感想を。
KJ・G&P・KA・イノカツ辺りは触った事ないのでその辺が興味あるひとは戻るボタン推奨



先に言っときますがあくまで主観なので辛辣なツッコミはスルーしますのでよろしくです(・8・)(逃げ道づくり



・WA
ガスM4の元祖にして王道。
画像これしかなかったので勘弁してください(風評被害)
重量級のボルトながらマグナの安定した作動でリコイルも抜つ牛ン。
内部もリアルな構造でテイクダウン楽しい。
マルイのM4でその地位を危ぶまれてる感もありますが、マルイは恐らく作動・性能重視で内部をデフォルメしてくると思うので、
テイクダウンして楽しみたい人には一定の支持が有ると思います。
一度新品で買いたいな。




・KSC
初期型は知りませんが、安定した作動と高い実射性能。外観も綺麗で全体的に質感も高め。
コスパもクオリティから考えれば高い方だと思う。多分。とりあえず初ガス長物ならKSCが安定な気がします(マルイが出るまでの話)
パーツ供給とかサポートは安心のKSCクオリティ(安心できるとは言ってない)
マガジン重たい。重たい。マガジンリロードを楽しみたい人にはちょっと不向きな印象
社外パーツが殆ど無く、他社との互換性も殆ど無いので、カスタムしたい人には薦めません。





・WE
ジャックカービンの記事書かないと()
今のところガスM4の中ではマガジン最軽量?本当に軽い。しかも安価。
純正品・社外品ともに供給もそこそこあるのと、実パーツを組みやすいのも利点。
各部のディテールとかはお察しな部分もありますが、その分作動はなかなか良好。
ただし要調整な部分もあるので、初心者にはあまり薦めません。
識者によるとマルイのM4はWEのような構造ではという話。





・VFC
個人的に一番思い入れの深いガスM4。
これが無かったら僕のガスブロライフは無かったかもしれないと言っても過言ではない代物。
元々kashiyukoさんのブログ見て興味本位で手を出した品物ですが

まあ次から次へと壊れたりまともに動かなかったりと問題ばかり起こしてくれたので(・8・)、何度も内部をバラバラにしてあれはこうなのかーこれはこうなってるのかー、と試行錯誤をした結果、内部構造の把握やガスブロの仕組み、調整方法についても大分理解が進んだと思います。

パーツ単体での購入が比較的容易だったのが大きかった気がしますが、
内部構造は基本的にWAコピーでリアルな作りをしていて、比較的安価なのでバラして楽しみたい人にはなかなかオススメです・・・と言いたいところですが、以前ほど安価じゃなくなってる上に、最近VFCのガスM4あんまり市場に流れてないみたいなので・・・うーん?
生産やめちゃったんですかね・・・?




読み直してみてもあまり為にならない記事でしたおやすみなさい
マルイのガスM4も割と楽しみです。  
タグ :M4VFCKSCWAWE


Posted by あんこ入り  at 02:23Comments(11)VFCKSC東京マルイM4WE

2014年11月11日

VFC MP7用ホルスター




ヘパイストスさんのVFC MP7用ホルスター日本にも来ましたね・・・・
ガスの季節終わっちゃいましたけど腰にぶら下げてるだけでも何かカッコいいので(重いけど)
1つ試しに買ってみるとします。

MP7といえば、以前RA-techから発売されているWE用のNPASを組み込めないかと試してみたところ、
ばっちり組み込めて、しっかり使えたので記事に書こうと思ったら、ちょうどその時に新カラーのMP7には標準でHK417と同じタイプのNPASが組まれてるというのをオラガバニストさんが記事にされてたのを読んで意気消沈・・・・(;´ω`)(RAの物は扱いに若干癖があるのでVFC標準の物の方が使いやすいです・・)

ホルスターでテンションあげていこう・・・  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 23:36Comments(7)VFC

2014年10月09日

私信です

417のボルトキャリア内部のパーツの向きについてコメント頂いた初心者さんへの返信です。


ちょっと時間が無くて分解してる暇がないので雑ですが図解を手描きで・・・()



この写真は分解したときにそのままの向きで出して並べてるので↑の雑図と合わせて参考ください。
くみ上げた時のパーツの上下だけ注意してくださいまし。
取り急ぎ。  

Posted by あんこ入り  at 11:31Comments(2)VFCHK417