2016年03月07日

HK45CT・・・!

待ってましたというところですHK45C・・!




先日VP9がVFCからUMAREXブランドで出るという報があったばかりですが、引き続きHK好きには嬉しいニュース・・!

海外のサイトでVFC製造では?という話も出てましたが、





マガジンリップ周辺の構造が




KのHK45と酷似してるので多分KWA製造だと思います( ´ー`)HK45とかUSPCのパーツ流用もしやすいしね・・・
リアルなVFCもいいですが、個人的にはHK45やUSPシリーズとマガジン共有できそう&国内仕様も出ると思うのでKだと嬉しいところ。
VP9も早々に出てきそうなので楽しみです・・・!  
タグ :KSCHK45CTKWA


Posted by あんこ入り  at 16:47Comments(7)HK45KSC

2015年10月25日

KSC HK45 HW

前回の記事が妙に反響あって困惑しておりますあんこ入りですコンバンワ(’ω’)すいませんなんか適当な事書いてね。はい。







まあそんな事はさておき()
今日はかなり久しぶりですが、KSCのHK45HWモデル。

時々ゲームでも使ってるんですが、少しずつ寒くなってきましたけど、温め使えば全然まだ余裕ですね。。




使ってると「マルイと比べてどうですか?」という事も聞かれるんですけど、
少なくとも実射性能に関して言えば、命中精度、飛距離、作動の安定感では全くヒケを取らないと思います。
初速がちょっとKSCの方が高い分、距離が少し開いたときにやや有利かなと・・





ただやっぱりマルイと比べると細かい所でゲームで使うには気になる点というのも幾つかありまして・・・
特にちょっと気になるのがマガジンキャッチですねー・・・・前にも書いた気がするんですけど、ちょっと触れるだけですぐ落ちてしまうので、メインアームから持ち替えてホルスターから抜いたりした時にフッと触ってしまって落としてしまったりする事が何度かあり。。。。




その際にマガジンリップが変形して給弾不良を起こすようになったりしたので(無理矢理歪めて対処しましたが)、不具合という事もないんでしょうけど、改良して欲しいなーとは思いますね・・・・



あとスライドストップがちゃんとかからない個体があって、安くで買ったんですけども、スライドストップの上がりが何故か中途半端で



これぐらいまでしか上がらなくて、かかるにはかかるんだけど、角っこがガリガリ削れていくという・・・(・8・;)
僕が最初に買ったやつはそんな事なかったのですが、レビューサイトとか見てると、角が削れるという話が結構あったので、割とよくあるのかなと・・・




これ前にもやったんですけど、スライドストップのマガジンフォロアーが当たる部分に1mmのプラ板を貼付けて対処しました。
これだけでも割としっかりかかるようになるんですが、塗装面やすって接着しただけなので耐久性はちょっと微妙かと・・・。
3回ゲームで投入して部屋撃ちでも割とバンバン撃ってまだ大丈夫なので、そこそこ効いてると思います。
ただこれ、プラ板が厚すぎると、スライドストップを押し上げる力が強過ぎて捩じれて折れたりしそうなので、もし同じような加工をする際は注意してくださいませ・・。

こんなちっちゃい金属に穴開けたりしてしっかり加工したり成型できるような技術は持ってないんじゃよ(´ω`)
スライドストップはABSモデルからHWモデルになったときに小加工というか削って対処されてましたが、その分強度が心配な出来なので、できればマガジンキャッチのかかりの部分も含めて新規金型で新しく作ってくれないかなー

USPシリーズもHW化されるみたいなのでちょっと期待してますが、できればHK45Cを・・・・  
タグ :KSCHK45


Posted by あんこ入り  at 23:50Comments(8)HK45KSC

2014年07月06日

HK45HWの近況



←のカテゴリがグダグダだったので少しだけ整理しました・・・・・と言っても多すぎるので、今年に入ってからの分程度ですが。
見返してみるとよくまあこんだけグダグダとネタもろくにないのに書いてるなぁ。。。。(・ω・;)

改めて見返してみると、MP7のリアルサイズ考察記事が一番アクセス数が多くて、
この記事だけで1万PV近くになってました。

http://ankoiri.militaryblog.jp/e412858.html



MAGPUL PDRの記事が2番目にアクセス数が多くて申し訳ないです殆ど記事にしてないしもう手元にないです(白目)


あと最近多いのはHK45関連の記事ですが、そろそろ下火かなと()






そんなHK45(KSCのHW)ですが、近況を少し。

一日HK45だけで過ごす事もあって、かなりハードな使い方をしてますが、今のところ目だった故障とかは無し。
スライドの割れとかアウターの割れとか、KSC製品のネガティブな部分は大分解消されてるように思えます。

オラガバニストのあじゃ様の記事で、この間出たばかりのSTI VIPのレビューをされてましたが、
こっちにもリコイルバッファーが仕込んであるというところを見たとき、やっと耐久性という部分に対して重い腰をあげてきたように感じましたwwww

http://aja.militaryblog.jp/e563255.html STI VIPの詳細は←からドウゾ。



とりあえず話をHK45に戻しますが、
命中精度に関しては30mマンターゲットでもかなりの確率で中ります。



初速がマルイのハンドガンに比べると高めなのもミソ。





ちょっと人によっては注意したほうがいいかなーと思ったのが、
マガジンキャッチのかかりの甘さ。

軽く触れただけで不意に落ちてしまうことがあるので、
手の大きい人はちょっと注意したほうがいいかもしれません。

僕は手が小さいので滅多に起こらないんですが、
初速計測時にフィールドスタッフさんが射撃してマガジン脱落というのが3連続で起こったので・・・・;

マルイのHK45はもう少しロックが強めなのと、脱落防止の機構もありますしね(´ω`)





また、ホールドオープンした状態で、弾の入ったマガジン・・・・・つまりスライドストップを押し上げる力がかからない状態で、
強めにマガジンを叩き込むと、スライドストップが勝手に解除されてスコッと前に行ってしまうのが度々。

これは他のメーカーの銃でも経験ある症状ですが、KSC HK45はやはり構造的にスライドストップのかかり方自体は少し甘いので、
勝手に解除が起こりやすいようです。
まあ空チャンバーの状態でなら特に問題は無いんですが、中途半端な解除の仕方はスライドストップノッチの磨耗に繋がりやすいので、
ホールドオープン状態で挿す時、マガジンはしっかり確認しながら確実にゆっくり行うことをオススメします。




あとはKSC HK45の持病ともいえるスライドストップノッチの磨耗ですが・・・・・・





さすがにちょっと手荒に扱いすぎたのか、わずかに削れてきてます。

といってもスライドストップ自体は相変わらずバッチリかかりますし、ABS版の異常なまでの削れ片に比べれば本当に些細な感じです。
マルイの銃でも機種によっては使ってるうちに派手に捲れてきたりするので、特に問題視するほどでは無いと思います・・・・・・。



少しネガティブな事も書きましたが、ゲームで使うハンドガンとしてはピカイチなレベルじゃない?というのが個人的感想です(’ω’ )
金額や供給面でより気楽に扱えるマルイもいいですが、これはこれで相棒にするには全然OKなレベルだと思います(現時点で)

また夏が終った頃に何か気になったことがあればその時書くとします。  


Posted by あんこ入り  at 01:17Comments(2)HK45KSC

2014年06月18日

一発いくらですか?




夏場に楽しいガスガン・・・・・・・しかしコストは夏だろうが電動より遥かにかかるガスガン!
実際どれぐらいかかるのかと。

ちなみにアメリカのタクトレとか見てると皆バンバン撃ってますけど、
M4の5.56mm弾も市場価格で1個50円位するらしいので、いくら銃が気軽に買えるといえど消耗品にかける金額は割りと豪勢ですね(・ω・;;)





ということで今回実験に使ってみたVFCのHk416。
正直かなり暴食です

マガジンはガスが空になった状態で405g
ガス缶挿して10秒くらい入れてみます




約30g入りました。
ちなみにガスの入る量はガス缶のガス残量、マガジンの状態や個体差でも全然変わってくるので、
10秒入れたらこれくらい入るってわけではないのであしからず。


マガジンはガスを入れた後人肌程度に温めて、
空撃ちで1秒1発ずつ撃って、20発毎に残量を計ります










20発目 約5g消費






40発目 約7g消費







60発目 約4g消費

この辺りからちょっと後半作動がだれてきます。




80発目 約3g消費


後半はもうピコピコブローバック






100発目 約3g消費

数発目からピコピコ(
後半ボルトが後退しきってません





118発でボルトが途中で止まって打ち止め 約3g消費





いや思ったより撃てたなというのが正直なところ。
何度か同じ条件で試してみましたが、減り方に微妙な違いはあれど、大体120発前後で打ち止めという感じでした。
平均すると一発約0.25gのガス消費というところ。

自分が買ってるガス缶が一本1000円で500gはいってるので、
一発辺り約0.4円という計算ですね(・ω・ )

単純計算すれば1缶2000発撃てる計算ですが、バースト・フルオート射撃をすると盛大に生ガスを吹いたり、
注入時に漏れたりでロスも結構あるので、実際そんなに撃てないと思いますし、一発あたりの価格も3~5割増し位にはなるんじゃないかと。


それでも実弾と比較すると100分の1~2程度の価格ですが、趣味の玩具なので安いかと言われるとちょっと首を捻るところです。








KSCのHK45でもやってみました。






空マガジン。




約20g入れてみました。





20発目 3g消費





40発目 3g消費






60発目 3g消費






80発目 2g消費




えー、ちょっとここでスマホバッテリー切れてメンドクサクナッタので割愛しますが()


この後160発まで撃つ事ができました。
最後の方でもちゃんとホールドオープンできてたのは好印象(・¬・)

ガス圧が下がってくると余計に放出しすぎない分消費量が減るのは変わらないみたい。


こっちは20gで160発撃ててるので、一発辺り0.125gと丁度VFC HK416の半分くらいですね。
やはり長物は大食いでござる。





※実際ガスガンは設計・セッティング・気温・ガス量・射撃方法等でコロコロ数値が変動するので、
かならずしもこれぐらいの消費量になるというわけではないです。
あくまでも参考程度にドウゾ  


Posted by あんこ入り  at 00:24Comments(4)HK45

2014年06月02日

KSC・HK45HWの細かい改良点





前回一通り見たつもりのHK45HWでしたが、もうちょっといくつか変更点が₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾







マガジンフォロアーのスプリング。

新型は若干テンションが強めになってます。下ろすのがちょっと硬い
まあKSCのマガジンはフォロアーを一番下で止められるのでさほど苦痛ではないですが。

両方で撃って試してみましたが、あんまり違いがわかりませんでした('ω')





アウターバレルは若干形状が変わってました。
バレルの付け根の段になってる部分が違います

また初期ロット・KWA版はバレルの中ほどまでヘアライン加工の入ったものになっておりますが、
HW版はフラットでヘアラインも入ってません。








あとこれハンマー。

ハイパー道楽さんのKSC・HK45の記事の中
で、

ハンマーやスライドストップの燒結金属特有の赤茶色がエッジに現れている~KSCHK45もプロトタイプでは再現されてたが、市販品では再現されてなかった~という説明がありましたが、KWA版と比較すると明らかに赤茶色した部分がハンマーのエッジ部分に見られたので多分そうじゃないのかなぁ?実銃見てみないとなんとも言えません。

一回撃ちに行きたいなぁ₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾


1000発ぐらい撃ってみましたが、今のところトラブルらしいトラブルや、破損・クラックなんかもなく快調です。  
タグ :HK45KSC


Posted by あんこ入り  at 01:27Comments(0)HK45KSC

2014年05月30日

KSC HK45 HWモデル


‐満を持しての再来か、はたまた無謀なだけの挑戦か‐








ということで、KSC HK45 HWモデルきました!٩( 'ω' )و

箱いいですね。UMAREXのシンプルなHK箱にワンポイント加えたような感じで、ごちゃごちゃしてなくていいと思います





デデドン

やっぱりスライドHWの醸しだす金属感いいですねぇ・・・・・

ABSモデルと比べるとフレームとスライドの色の差がくっきりしてます






なんか妙にフレームがテカってますが・・・・・・・新品だからかな・・?





艶のあるABSモデルに対して、ちょっと軍用銃っぽい無骨な感じ。









色味の加減か、ちょっと刻印が見えにくいような。






アンダーレールについてるプレート刻印がKWA版ともマルイ版とも異なる、
「HKI Trussville AL」というものだったんですが、これKSCのABSモデルでもこの刻印だったんでしょうか?(´・ω・`)




外装はこの辺にして気になるポイントを。


改めてABSモデルでよく挙げられていた不具合をまとめると

・スライドストップがかからない
・スライドストップノッチがすぐに削れる
・スライドの割れ
・アウターバレルの割れ(KWA版で対策済み)

マルイ版では独自機構を用いる事でスライドストップをきちんとかけることができ、なおかつ削れないようにしてありましたが・・・・

内部機構に関して言えば、このHWモデルはマルイのような特殊設計ではなく、ABSモデル同様の機構をそのまま受け継いでいますが、
小改良を施す事で不具合対策をしてきています

では見ていきましょう(っ・ω・)っ





まずはKWA版でも見られた切り欠き位置の後退





これはマルイ版がリリースされた時に上げた画像です(左マルイ・右KSC ABS)

ここはKWA版同様、少し切り欠き位置を後退させてあります。

まあパッと見気になるほどではないですし、僕の加工したひろがりまくりんぐの切り欠きよりはいいと思います・・・・・







リコイルバッファーの後ろ側に衝撃吸収用?のスポンジ入ってます。
マルイ版にはゴム製のものが入ってましたね。


これだけ?と思ったんですが、もう一点。






スライドストップパーツです。

KWA版のものと比較してみると





結構派手に削られてます。

スライドストップパーツの位置自体を変える事はできないし、内部機構のリアルさにもこだわるKSCならでの改良というか。
しかしこれは良い選択だと思います。






恐らく改良点はこの3つだと思うんですが、


「実際スライドストップはちゃんとかかるのか?」



と問われれば、



バッチリかかります!
と断言しても差し支えないレベルかと。

ややあったかくなってはきてますが、
ガス入れた直後で特に温めてないマガジンをフルロードして、そのまま連射して全弾撃ち切っても、ガツーンとホールドオープンされます。

少なくともガスガンが普通に楽しめる季節なら全く問題ないレベルです。拍手。


もう一つ気になる切り欠きのめくれですが、これもほぼ問題ないと思います。

あんまりやりたくなかったんですが、スライド下げてホールドオープン→ストップを下げてスライドを戻す、これを100回連続でやってみましたが、
今のところ削れてる様子はなし。





意地悪く、中途半端にスライドストップを抑えながら射撃してホールドオープンさせて、先端だけひっかけるような事も何度かやってみましたが、
特に削れてるような感じはありません。

まあ滅茶苦茶やりすぎると削れるでしょうが、少なくとも普通に使ってる分には問題ないんじゃないかなぁと。



またリコイルやブローバックに関して言えば、
ドシッとリコイルのくるマルイ、スライドスピードの速いKSC・ABSモデルの丁度中間くらいの印象です。

リコイルはABSモデルよりも強く、スライドスピードはマルイより速い。
発砲音は相変わらず派手なので、総合的に見て個人的にはかなり好印象です。






あとはスライドの耐久性ですが、これは撃ち込んでみないとわかりませんね・・・・・・・
KSCのHWモデルは経験上割れたことが無いのであまり心配してませんが。


少なくともネガティブな部分はかなり払拭されていますし、
ゲーム派にもお座敷派にも薦められるアイテムに昇華されたんじゃないでしょうか\(^o^)/

マルイ版を買っても、KSCのHWモデルを買ってもどちらでも後悔するような事は無いと思います。


個人的にはマガジン沢山あるのでKSC版愛用しようと思います・・・ww  
タグ :HK45KSC


Posted by あんこ入り  at 17:08Comments(8)HK45KSC

2014年05月21日

HK45HWキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!



これを待っていた!!!!

もう完全にKSCのHK45はマルイに敗れて沈黙してしまったと思いましたが、不死鳥のごとく蘇ってキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
いつも唐突ですねここのHW化は・・・・・・。

早速注文いれました( ^ω^)

マルイHK45も後々出るであろう社外スライドで外観はよりリアルになるとは思いますが、
やっぱりメタスラはゲームに使えないので、ゲームでも使えて且つリアルなスライドは嬉しいなぁ。

あとは数々の不具合をどう克服してるのか見ものです・・・・
  
タグ :KSCHK45


Posted by あんこ入り  at 16:20Comments(2)HK45KSC

2014年05月11日

HK45のアンビセーフティ?




GW終りましたお疲れ様です。サービス業はしんどいですホント٩( 'ω' )و








何がしんどいってこの忙しい最中にスクフェス(※)で海未のイベントきちゃうとかもうね。
ランキングとかどうあがいても学生には勝てないのでつらいところ。


関係ない話は置いといて。



マルイのHK45,2回サバゲーで投入してきました。





いやもうなんか優秀すぎて逆につまらん(ぇ
弾はよくあたるしリコイルしっかりあって撃ってて楽しいし・・・・・


2000発ぐらいは撃った気がしますがトラブルらしいものは特に無し

操作系も既存のGBBの中では特に良いほうじゃないかなと。
セーフティのクリック感や、マグキャッチのしっかりかかってしっかり落とせる感じ、スライドストップの安定性などなど、
どれを取っても不満点ありません。まあ個人の主観ですが。

唯一難癖つけるなら、ブラックホークのCQCホルスターに挿すと、引っかかりがちょっとKSCのものよりきつめで、
しっかりロック解除しながら抜かないと、途中で止まってしまったりする位。

あくまでもKSCのものと比較して僅かに抜きにくいという程度で、他の銃と比較すれば良好な部類だと思いますが。



あ、ツイッターで「セーフティレバーは左利き用に換えることができますか?」と聞かれたのですが
実際検証はしてないものの、パーツリスト見る限り多分無理です( 'ω' )




セーフティレバーが左右上下どう見ても対象じゃないんですよね・・・・・






ちなみにKSCのセーフティレバー
実銃と比較するとKSCのほうはキッチリ再現してる感じ。

んじゃKSCのやつは左利き用につけ換えられるのかというと、これもやってないけど無加工では多分無理なんじゃないかと。
リアシャーシを通るバーに入ってる穴と溝の位置がこれまた左右対称じゃないので。

そもそも実銃のHK45自体、S/Fの文字とかレバー上側だけに刻まれたラインとか見るに、
このパーツを左利き用に換えられるようにはしてないんじゃないかと。







と思って調べたら実銃は左利き用のセーフティレバーも販売されてました( 'ω' )
右利き用と左利き用でも穴と溝の位置が合うようになってるのがわかりますね



あとアンビ化するとデコッキングしたときに指に当たるからあえてアンビ化せず片側にしかつけてない~みたいな意見も散見されましたが、





あるんだなぁ・・・・・(遠い目)

マルイHK45には構造上無理だと思いますが、KSCのやつならつけられるかも知れませんね。
入手できればですが(´・ω・`)





※スクフェス・・・・・スクールフェスティバルの略。ラブライブのスマホゲー。たのしい(小並)
  
タグ :HK45


Posted by あんこ入り  at 03:16Comments(3)HK45KSC東京マルイ

2014年04月23日

HK45 マルイとKSCの比較 2


なかったことにしました٩( 'ω' )و




なんでもないです。





マルイのHK45をしばらくゴチャゴチャと触ってみて気づいたことを幾つか。







HK45の特徴のひとつのグリップなんですけど、KSCの方が若干太い( 'ω' )
マルイの方がMサイズのグリップ、KSCの方がSサイズを装着してるにも関わらず、握るとマルイの方が親指と人差し指がしっかりくっつきます。

太いというか、マルイのグリップは比較的平らなんですが、KSCのグリップはスライドストップ下で少し凹んで、
シボが入る辺りから緩やかに膨らんでるような感じです。







ドットサイト。
マルイのフロントサイト側のドットがちょっと小さく、色も少し薄い?
撃つ場所によってはやや見えにくいと感じるかもしれない。

画像だとちょっとわかりにくいですが、実際自分の目で見てみるとかなり違って見えます。






マガジン。

解除するとここで引っかかりが。
ここで止まった場合、再度マグキャッチボタンを押さないと抜けません。

普通にマグキャッチ下ろすとストンと落ちますが、横に向けて解除してみるとよくわかると思います。

これ公式ツイッターでも回答してましたけど、うっかりマガジンキャッチを何かに引っ掛けた時の脱落防止用だとか。
実銃にはない機構ですが、実マガジンと違って結構な重量物でマガジンですし、
足に落として痛い目見た事がある人も少なくないと思いますので、こういう気遣いは嬉しいです(´・ω・` )



差し込む時もこの辺で少しテンションがかかります。
実銃でマガジンを挿した後、マガジンを叩き込みますが、それっぽいことが出来るので嬉しいwww



さてそんなマガジンですが






明らかにサイズが違うわけですが、実際これはどっちが実銃に近いのかと言うと


(実マガジン)

マガジンバンパーの形状はマルイの方がキッチリ再現してますね・・・・。

最初は随分細いなと思いましたが、ガバメントのマガジンと比較すれば随分太いですし、
ガバメントが7発装填でHK45が10発装填なのを考えたら別におかしくはないのかなと。



http://mt-dog.at.webry.info/201205/article_7.html

またこちらで紹介されてますが、KSCのHK45マガジンはUSP45と互換性あるみたいですね。
HK45の方が長いみたいですが・・・・・・・・・・・・USP45って12発装填だよね????( 'ω' ;)
装填数減ってるのに太さそのままで長くなってるってそれはちょっとおかしいでしょう・・・・・・・・

マルイは後発だからその辺意識したのかも知れませんが、
MP7の件で懲りてると思われるにも関わらずHPに自信満々にリアルサイズマガジンと表記するわけだ・・・・・・




ただちょっと気になったのが





コレ実マガジンなんですけど





4インチと5インチのところでラインを引いて比較してみたんですが、
マガジン全体の長さはKSCの方が近いような気がするんですよね・・・・・??( 'ω' )

またマルイのマガジンは背面の残弾覗き穴の位置が実マガジンと比べてズレてるので、
機構の関係で長さが若干短くなってるのかも知れません。

単に目の錯覚の可能性もあるのであしからず






マガジン差込口の形状は結構違います。




(実銃)

実銃と比較するとKSCはこの辺もしっかり再現してる感じです。マガジンにもこだわって欲しかったですね(´・ω・`)

しかしこの差込口のフレームの薄さとマガジンの太さを考えると、
何かどっちが正しいのかわからなくなって、混乱してきたのでそろそろ考えるのを放棄したいと思います(オイ



  


Posted by あんこ入り  at 00:08Comments(4)HK45KSC東京マルイ

2014年04月21日

東京マルイHK45とX300について



あ、どうも僕です٩( 'ω' )وラブライブは3話も神回でした



前回の記事で触れたX300がキチンと装着できない件でコメントを頂きまして。


>トリガーガードとの干渉の解決方法の一つですが、電池蓋の真ん中(トリガーガードが収まる部分)の
スペーサーは外せませんか?当方はKSC派なので問題ありませんが、
実X300の場合横から見える上下のピンを抜くと外せます。
写真を見る限りレプでも外せそうな気が…


なんですとΣ( ∵ )









ということで早速



このスイッチ側にある上下のピンですね。これを抜いてみます。




するとスペーサーがポロリと・・・・・外れたΣ(゚∀゚)!




取り急ぎマルイHK45に装着してみたところ




ちゃんと嵌った!

若干ガタはありますが・・・・・テープか何かかませば問題ない感じ。
この辺は個体差もありそうですが(゚∀゚;)









やっぱりええのう(´ω` )

MIDさんありがとうございました!






余談ですが、しばらく撃ってて思ったのは、最近のマルイGBBハンドガンに搭載されてる大口径シリンダーの利点は、
重みのあるリコイルもさることながら、多少の温度低下でもかなり安定してリコイルのあるブローバックを楽しめるところではないでしょうか。

KSCのHK45も温めてればかなり迫力のある作動をしますが、連射したり気温が下がってくるとマルイHK45に比べてもっさり感が顕著に出てきます。
この辺はやっぱりゲームに主眼を置いてるマルイの本領発揮という感じがします。



  


Posted by あんこ入り  at 01:22Comments(2)HK45KSC東京マルイ

2014年04月19日

HK45 マルイとKSCの比較






待望の東京マルイHK45やってきました!!!!!!!!٩( 'ω' )و









おめでとう!!!!!!!!11









あ、画像間違えました。こっちね。








M&Pの方が世間的には待ち望まれてるような気がしますが、僕はこのHK45というやつが大のお気に入りです。
.45ACP弾を放つ大口径ハンドガンでありながらとても扱い易く、特に僕みたいな手の小さい人でも苦じゃないという点。

HK45登場以前はグロックが一番操作性が良いと思ってたんですが、今ではHK45が特別なヴぇるたーすうんたらかんたら


細かい銃のヒストリーはハイパー道楽さんに任せて置いといて、K版と比較しながら早速みていきます
(1枚の画像で比較してる場合左側がマルイ、右側がKSCです)






正直遠めでパッと見るとどっちがどっちかわかりません(;´д`)
手に持つとすぐわかるんですけどね。








\デデーン/

マルイ HK45

スライドはブラスト加工?っていうんですか?
ちょっとザラッとした手触りです。
フレームもKSC版と比べると少しザラッとした感触ですが、特に安っぽくは無いと思います。




\デデドーン/

KSC HK45

スライドはこちらのほうが艶やかで上質なイメージ。
比較するとKSC版のエッジが綺麗に立っているのがよくわかります

フレームもマルイ版と比べてサラッとしています。強度的にはどっちも大差ない感じ。






マズルフェイス。

バレルのテーパーや波打つようなポリゴナルライフリングはさすがにKSCの仕上げが際立ちます。





ホールドオープン

やっぱりちょっと大口径の銃だけに、マルイの金色のインナーがちょっと目立つところ(;´¬`)
この辺はASGKの意向なんでしょうか。

バレルの質感、マルイはちょっとテカテカしてます
KSCの艶消しのほうが良い感じ。

アウターバレルについているバレルリングですが、緑色のKSCに対して黒のマルイ。
これも緑が正しいのかと思ったんですが、調べてみたところアメリカ製の物で黒いバレルリングのものが確認できたので、
多分これはこれで間違ってないと思います。







エキストラクターはKSC版は別パーツですが、マルイは一体成型。
ただエキストラクターピンはどちらもダミーですが、マルイのほうが一応ダミーながらピンっぽく作ってあるのに対し、
KSCはピンが抜けた跡みたいになってしまってるので、ここはマルイの方がよい印象。
ピンまで再現してたらダイブ違った感じがしますが、ブローバックメカにぶち当たるので無理なのかな。

実銃は弾を装填するとエキストラクターが迫り出して、赤いラインが見えたら弾がチャンバーに入ってるという状態。
KSC版は一部赤く塗ってありますが動きはしないので意味は無いです()





左側。スライドストップノッチは僕が変な加工したのでK版はかなり伸びてます。
マルイのほうがスライドストップノッチは正しい位置と長さ。
比較するとやっぱり気になるなぁww

ちなみにK版にフレームのベルマークがありませんが、これスライドはKSC製ですが後は全部KWA製のニコイチだからです(´¬`)






刻印は以前に適当な事書いて恥をかきましたが、マルイはアメリカ製造版、KSC製はドイツ製造版。
KSC版のほうは打刻に白い墨入れ?がしてあって良い雰囲気。再現度はかなり高いです。




マルイ版は反対側におなじみのASGK刻印があるのでちょっとアレですが、そのうち社外品のリアルフレームとか出るでしょう・・・








グリップのシボパターンは両者パッと見た感じで違います。
KSCも実銃とは異なるっぽいですが、マルイのもなんか違うような。

握った印象としてはマルイのほうがゴツゴツというか粒粒というか、良く言えばしっかり引っかかって握り易い。
KSCのほうは手に吸い付くような感じ。正直好みの範疇だと思いますが、血行がよくなりそうなのはマルイです()

ちなみにKSCはバックストラップ交換機能の他に、専用のキーで作動をロックさせる機構がありますが、
マルイはそんなもんありません。僕はその機能使ったことないです(´¬`)





サイトは両者ともノバックタイプの3ポイントホワイトドット。
マルイのほうがドットが少し大きい。

ファイアリングピンはマルイはダミーだけどちゃんと実銃再現してる!?これは好印象。
あとKSC版はフレームとスライドに妙な隙間が。実銃にもマルイ版より少し隙間がありますが、ここまで広くはないような。







ハンマー。今更気づいたんですが、KSC版はハンマーにもグリップ同様のシボ加工がされてるんですが、
実銃でこの部分にここまで派手にシボ加工されたものは見当たらなかったのですが。ハテ?
マルイはシボ加工は無いですが、質感はちゃんと変えてあります。こっちの方がリアルなような。






ハンマーは両者ともセーフティを下に降ろす事でデコッキングができます。
マルイ版のほうが少し軽い。





上にあげるとロックをかけることができますが、マルイ版のほうがクリック感がしっかりあります。
KSC版は少し上がってると中途半端にセーフティがかかってしまって、咄嗟のときにトリガーが引けないなんて事があったので、
ここはマルイに軍配。





トリガー。
若干KSC版のほうが分厚いような。
トリガープルはシングルアクションでもダブルアクションでもKSCのほう重め。




シングルアクションに関しては、マルイ版は軽く引いて途中で止まってカチッという感じですが、
KSC版はぐぐぐぐっと引いて、途中で重くなってから落ちる感じ。KSCの方が雰囲気あります。







マガジンキャッチはどちらも似たような感触ですが、
KSC版のほうが少し操作しやすく感じました。微妙な違いですがwww






アンダーレールは特に違いが感じられませんでした。
同じライトを装着してみても、はめ込みから固定まで全く同じような感触でがっちり固定もされます。






マガジン。
一番違う部分かもしれません。露骨にサイズが違います。





KSC版と比較するとマルイ版はシングルカラムか?(´¬`)と思ってしまうほど。
バンパーのサイズは同じなんですが。

当然互換性は無し(一応KSC版にマルイのマガジン挿す事はできます)
重量もKSC版のほうが重いです。 






テイクダウンしてみようと思いましたが、マルイ版はスライドストップパーツが素手で抜けませんでした。硬い。
説明書にこれ挿して抜くといいよって書いてあったのでやってみたら外れました。





リコイルスプリングとスライドストップパーツ。
KSC版や実銃と違って、リコイルスプリング先端に補強の金属パーツがついてきます。







リコイルバッファーの後ろ側にゴムのリングが2枚ついており、
これもブローバックでの破損防止用かと。さすがにこういうところに抜かりはない模様。





ちなみに例の削れないスライドストップですが、
マルイ版はスライドストップパーツは半分ダミーで、残弾0になるとインナーフレームに組み込まれたこのパーツが競りあがって、
スライド内側の金属パーツに当たって止まる仕組み。

マルイ版はあくまでもトイガンとしての性能や作動性を重要視した独自の機構なので、リアルさはその分損なわれてますが、
あくまでも「撃つ」事を前提としたガスブローバックガンである以上、この選択は正しいと思います。












実射。

マルイは大口径シリンダーによる重みのあるリコイルが特徴的。WAのマグナに近い感じで手首に「ドゴッ!」ときます。
XDM撃った事ないのですが、リコイル・迫力ならFN5-7のほうがあるように思います。
作動はかなり安定していて、連射しまくってもしっかりかかるスライドストップはやはり魅力的。
正直目新しさはあまりないですが┐( ∵ )┌

対するKSC版ですが、こっちのほうがリコイルは少し軽い感じですが、
スライドスピードが非常に速く、またかなり派手な射撃音がします。
ホールドオープンしたときに金属音が響くのもテンションあがります。

個人的にはKSC版の方が撃ってて楽しいです。雰囲気的にはマルイのほうが「らしい」のでしょうが。


ただ破損の不安がね・・・(切実)




初速はマルイ版は20度の室内で平均73msといったところ。
KSC版は中身KWAだからなのかわかりませんが、平均84msと高めです。

命中精度に関しては、マルイは今更言うこと無しですが、KSCのHK45もすこぶる良いので大きな差は感じられないっていうか
そもそも射手がアレなのであまり参考にならないと思います┐( ∵ )┌

要するにどっちもよくあたる(小並)




総評としてはどっちも良いものです(´¬`)

しかしKSC版は製品として不完全だった事は否めませんし、
1.5倍位の価格差や供給面に関してもマルイの方が安定している事を考慮すると、
今からどっちかを買うとなれば、わざわざ中古でKSCを探すよりは素直にマルイをオススメします。

ただKSCが改良型をHW版とかで出してきた日には、マルイの上位版として十分な実力があるとも思えるので、
是非このまま終らせないで欲しいと願うところです・・・・・。
  


Posted by あんこ入り  at 17:13Comments(4)HK45KSC東京マルイ

2014年04月07日

訂正】東京マルイHK45の刻印について






前回の記事でマルイHK45の刻印について「謎刻印」とかドヤ顔で書いたんですが、
保険的な意味で書いた「モデルの違いかも?」というのが事実だという指摘をいただきまして(´・ω・`)(さむいこうち ぶるるさんありがとうございます!)

KSCはドイツ製バージョンの刻印なんですが、
マルイはUSA製バージョンの刻印を採用しているようです。





以下USA版実銃








Oh・・・・・・・・









Jesus・・・・





http://www.tokyo-marui.co.jp/products/gas/blowback/387

東京マルイのサイトで確認できますが、印字はともかく刻印自体はちゃんと再現されてますね・・・・・・・・・・
まあASGKとかに関しては仕方ない面もありますので・・・。

USA版刻印を使用したのは、もしかしたらM92の時にミリタリーモデルをアップしたみたいな事情かもしれま・・・・・また適当な事いうのやめとこ。


いやホント適当な事かいてスンマセン。
ちゃんとマルイHK45も買うので許してくださいね( ∵ ) (逃
  


Posted by あんこ入り  at 02:14Comments(0)HK45KSC東京マルイ

2014年04月06日

マルイのHK45が出る前にKのを。


※文中に誤りが多数ありましたので、東京マルイさんにはお詫びを申し上げると共に修正しておきます(´・ω・`)
詳細は次の記事で。






マルイのHK45もあと2週間というところに迫ってきましたが、
結局KSCのHk45は再販ないまま終焉してしまいそうな・・・・雰囲気です。


MP7の時はKSCもマルイの市場開拓を阻止すべく?マルイが出す前に再販したりアップグレードしたり、
マガジンまでおまけにつけたりしてwwwww露骨に攻勢をかけてましたが、見せ付けられたのはマルイブランドの強さ。
結果的にマルイのMP7が市場をほぼ独占するような形になってしまってます。

KSCは質感重視してHK45もHWモデルで出してくれたら個人的には歓喜なんですが、
持病のスライドストップの観点から、簡単にはいかなさそうな。
HK45市場もマルイに食われてしまうでしょう(´・ω・`)






まあマルイHK45もちゃっかり前から予約してるんですけどね(・ω・ )






ショーで見た人の感想は「質感ならやはりKSCのほうが全然良い!」との事でしたが、
実際自分で見たわけじゃないのでその辺は参考程度にしておくとして、
アームズマガジンに掲載されてた写真と比較した、外部(主に刻印)の違いとか。







刻印類に関しては、H&KのHPからでも確認できますが、
KのHK45はかなり正確に再現されてると思います(´・ω・`)


マルイの方はASGKとかを除いても、かなり適当な文字列が羅列してあるだけのような感じ。
もしかしたらモデルによる違いなのかもしれませんが。




ここのめいどいんじゃーまにー刻印もマルイ版はおなじみの「めいどいんじゃぱーん東京マルイ」orz




アンダーマウントに入ってるプレートも、K版は「HECKLER & KOCH」の文字がしっかり刻まれてますが、
マルイ版は「HK」という表記。

マルイは一部の製品除いてUMAREXと契約せずに「HK」マークを商標登録してるので、
HKのマークは使えても、 HECKLER & KOCHという特定の会社の名前を使うことはできないんでしょうね(´・ω・`)

まあこの辺はまた社外製のリアル刻印フレームが出るかも?





バレルリングもK版は実銃同様緑ですが、マルイ版は黒。


パッとみた外観だけでいえばこんなところでしょうか。
味付け的には、「XDMより重めのリコイル」だそうです。
同じエンジンを持つPX4の感覚が結構好きなので、この辺は期待したいところ。

他にも操作性とか色々気になるところもありますが、なにはともあれ発売してからですね。

KSCのHK45で個人的にすごく好きなのが、
ホールドオープンした時に

「キーーーン!」って甲高い金属音が鳴るのがたまらんのですよね(っ´・ω・`)


マルイはマルイで売ってくれればいいと思いますが、
KSCも何とか頑張って再販してほしいところです。HWで()
  


Posted by あんこ入り  at 02:18Comments(4)HK45KSC東京マルイ

2014年02月27日

KWA版のHK45改良点




シュアファイアX300(のレプリカ)ゲットしました( ^ω^)
いつまでもCQフラッシュじゃあれだし・・・・・
耐久性とかはわかりませんが、外観はお値段以上にいい感じです。

個人的にウェポンライトつけたハンドガンが大好きです・・・・!



マルイのHK45の発売も秒読みですが、(半年位前から秒読んでる気もしますが)KWAのHK45がすこぶる快調なので、どうしようかなとww



色々問題点も多かったHK45ですが、KWA版でも同じ問題点を引きずっていた為かKSC版にそのまま使えそうな改良点が幾つか見られました。








まずこれ。




以前にも挙げましたが、スライドストップの切り欠き位置がKWA版では若干後退しています。


何故後退させたのかというと





リコイルスプリングについている、黒いリコイルブッシュ。

KSC版が手元にないので比較できないですが、少し長くなってるような。








これはリコイルスプリングを外した状態(左)と、組んだ状態(右)で一番後ろまで引っ張ったものです。

外した状態だとインナーフレームの引っかかりがある位置まで後退します。
恐らくKSC版はここまで後退するんじゃないでしょうか。

KWA版はリコイルブッシュのおかげでインナーフレームの突起に当たる前に止まります。
その分スライドストローク量も少し短くなっており、従来の切り欠き位置ではストップがかからなくなるため、切り欠き位置も後退させてあります。




KSC版の問題点の一つがこのスライドストロークの長さと、切り欠き位置のバランスの悪さです。


ストロークが長く、インナーフレームの突起部分まで後退する為、
スライドにかかる衝撃が強く、割れやすい可能性があります。

更にインナーフレームの突起部分まで後退しないと、スライドストップの切り欠き位置にストップパーツが届かない為、
スライドストップがかかりにくいという現象が起きていました。

従ってKSC版でスライドストップをしっかりかけるには、見た目を犠牲にしてスライドの切り欠きを削るか、
インナーフレームの突起とリコイルブッシュを削って更にストローク量を延ばすかというところです。

しかし後者のやり方ではスライドへの負担も増大するので、更に割れやすくなると思います(´・ω・`)


リアルな切り欠き位置を再現したが故の弊害というやつではないかと。




更にこれ




これも以前に対策は施しましたが。

持病を通り越して仕様レベルだった切り欠きの削れに関しては、
スライドストップパーツの先端を少し丸く削って、やや前に傾斜させるだけで全く削れなくなりました。







改良してから数百回以上ストップを下ろして解除してますが、削れは全くといっていいほど見られません。
リアルな見た目は失ってしまいますが(;^ω^;)





ちなみに切り欠きの削れはKSCの他製品でもユーザーからよく言われてますが・・・・・





これCZ75のストップパーツなんですが、矢印先の切り欠きに当たる部分が、かなり丸く滑らかに加工されております。
このおかげで、何度もスライドを引かずにストップを下ろして解除してみたんですが、殆ど削れておりませんでした。

HK45はこの接触部分がかなり鋭利かつ鋭角的に当たってるので、露骨にガリガリ削れてしまう印象です。

単純にストップパーツとスライドとの強度差だけでなく、接触する角度や面をうまくバランス取ればある程度解消できるのかもしれません。




ちなみにここはKWA版HK45でも対策がされておらず、対策をしないとアルミスライドでもお構い無しに削れてしまいます(;^ω^)






もひとつこれ







アウターバレルの割れ問題。

ブローバックして戻ってきたシリンダーユニットが、☆印の辺りにぶち当たって、
すぐ割れてしまうというケースがあったようです。






これはCZ75のシリンダーですが、HK45は白丸の部分がチャンバーカバーにガンガン当たってたようです。

HK45の場合、チャンバーカバーがかなり薄くなってるのも割れやすい要因でした(CZはかなり分厚いので多分大丈夫です)


高圧ガスを使って衝撃の強くなるKWA版では更に割れやすくなるのは確定的に明らか。







KWA版のHK45。

ぶち当たる部分がカットされており、シリンダーユニットはアウターバレルと接触しないようになっています。
KSC版のシリンダーの画像がネットで探しても見当たらなかったので、初期のものがどうなってたかはわかりませんが、
他のシステム7モデルの銃で手元にあるものはどれもカットされておらず、HK45には露骨に加工痕がついてたので、恐らく専用の対策が施されたのだと思われます。

構造の問題点はKSC・KWAで認識してるのでしょう(´・ω・`)




そこそこ温めたマガジンで1000発程撃ってますが、今のところスライドにもアウターにも特にクラック等は見当たりません。


キチンと対策すれば本当に良い出来だけに色々惜しい。

KWA版と同じ対策(+スライドストップパーツの加工)を施せば、KSCで再販しても以前ほど酷くはならないと思うんですが・・・・・

マルイに市場制圧される前に、コンパクトモデルやHW版なんかを期待してくれませんかねぇ







まあマルイが発売したらマルイHK45を持つ人をフィールドでよく見かけることになると思いますし、



KSCでマルイを狩るんじゃー(´・ω・`)



みたいな対抗意識を持ってモチべをあげるのもいいかもしれません
(対立煽りやめ  
タグ :HK45KSC


Posted by あんこ入り  at 00:49Comments(0)HK45KSC

2014年01月22日

HK45のスライドストップ(´・ω・`)



KWAのHK45にKSCのスライド換装して、




ゴリゴリ削れてた切り欠き部分を整えてみたものの

結局またゴリゴリ削れてきたので






更に切り欠き延長(;`д´)

実銃と比べると大分伸びちゃってちょっと不細工ですね・・・・・・・・

まあ作動性重視で買ったABSスライドですし、寒くてもストップかかりやすくなったので良しとします






スライドストップパーツが鋭利すぎて切り欠きを削ってる印象だったので、
ストップパーツの先端を微妙に丸く、やや前方に傾斜するように削ってみたところ、殆ど削れなくなりました(n'∀')n
画像じゃさっぱりわかりませんが()

改良型をHW版で再販してくれないかなー




KWAのスライド余ってしまったので、ザ・ウォーカーに出てきたHK45みたいにしたいなぁとか思ったり


  
タグ :KSCHK45


Posted by あんこ入り  at 16:17Comments(0)HK45KSC

2013年12月12日

HK45のスライド換装




オークションでHK45のKSC純正スライドとアウターゲットしました。

需要がないのか300円で落札^p^

KWAのHK45に組み込んでみました。



前々からHK45をゲームで使いたかったんですが、メタスラをゲームに持ち込むのはちょっと・・・(´・ω・`)
実際使用禁止してるところも多くありますし。

こういう事をおおっぴらに言うのは良くないんでしょうが、
大手を振ってゲームで使えるようになってほしいものです




それはさておき








持病のアレ



ガリガリ削れておる(・∀・;;)
こういうのは本当萎えるのでもうちょっと考えて欲しいもので。

これテストしてれば絶対わかるよね・・・・・・







というかスライドを手で最後端まで引いても、切り欠き部分にスライドストップが届かない。

あれ?










比較してみたらKWA版のスライドストップの切り欠き位置がKSCのものより5mm程後退してました。
スライドストップパーツの位置は変わってないので、スライドストップがかかりやすいようにスライド後退量を短くした分、
切り欠きも後退したのかな?

KWA版もロットによって細かい改良があるみたいです。

ちなみにこのKWA HK45は最新のロットのものですが、以前所有してた同じKWA HK45に比べて、
UMAREXのパテント刻印が1行だけの短いものになってすっきりしてます








とりあえず切り欠き部分をリューターで5mm程削って延長して、スライドストップはかかるように。
HK45はホールドオープンがかっこいいですだよ┐( ∵ )


しかしやっぱりスライド割れが心配ですな・・・・・・・



マルイのHK45まだかなぁ





  

Posted by あんこ入り  at 03:39Comments(2)HK45KSC

2013年10月16日

ホールドオープン後の




やっぱり似てる(確信)









今日はサバゲー行く予定だったんですが台風で流れたので家で映画見てました(・ω・)


HK45が出てる映画を見たい!という謎の動機で見たのが「ザ・ウォーカー」


なんか北斗の拳ととある魔術の禁書目録を足して割ったような映画でした(?)






ホールドオープンのリリースはスライド引いて行う辺りノッチ欠けを気にしたKSCユーザーのようです(違





というか、↑の動画見てても引いてリリースしてますが、そのほうが一般的なんですかね(´・ω・`)?

自分はノッチ欠けを気にしてスライドストップは基本使わないクチですが。

皆KSCユーザーなのかな?(だから違




















自分で書いてて思ったけど










マルイの過剰なスライドストップ大丈夫アッピルに通じるものを自分の文章に感じた・・・!  


Posted by あんこ入り  at 21:12Comments(2)HK45

2013年07月16日

HK45再販ないの・・・?


KSCの新製品色々きましたねー






でも正直マカロフぐらいしかそそられるものが無い(´・ω・`)






スコーピオンもEVO3なら絶対買ったのになぁw

どっかの海外メーカーが出すとか言ってたのはどうなったのか・・・・・






個人的にはKSCにはHK45を再販して欲しいのですが・・・・・






2ちゃんソースなのでアレですが



614 名前:名無し迷彩[sage] 投稿日:2013/07/15(月) 13:09:11.61 ID:l7sk8pKw0
会場で聞いてみたけど、HK45再販の予定は今のところないってさ。
泣いた。



(´・ω・`)  
タグ :KWA HK45


Posted by あんこ入り  at 23:27Comments(0)HK45

2013年02月28日

HK45(KWA)のスライドストップがかからない件





あいぽんあぷりで写真が漫画になる~ってのがあったので使ってみましたが思ったより面白くてはまってます( ・ω・)



さてKWA HK45なんですが、季節的なものを考慮してもスライドストップがあんまりかかりません。

マガジン暖めても連射して全弾撃ちきるとスライドストップがかからなーい・・・・・KSCと一緒なの。












んー・・・・・撃ちきった後にスライドストップがキチンと上がりきってない。

ほとんど角っこが引っかかってギリギリとめてるような状態。









白枠部分がマガジンフォロアーに当たってスライドストップを押し上げてるんですが、
ここの厚みが足りてなくて、きちんとあがりきってない感。


マガジン毎に調整するのもあれなので、ここに金属片つけちゃえーヽ(´∀`)ノ



ちなみに画像に移ってる金属の破片は、

以前デザートイーグル用に買ったライラクスのロングメタルバレルを一回外そうとしたら破砕した残骸(白目)


これを適当なサイズに切って削って接着。






~作業中~













とりあえずこんな感じに。








見た目が酷い。

まあ見えない部分だしどうでもいいかとか・・・・・・・・こまけぇこたぁいいんだよ!!




許せない人はスイマセン

接着しただけなので若干強度が心配ですが(´ω`)





んで早速試射してみた結果ー












ドヤァ・・・・・・(ワカンネーヨ)










ああ、うん、ちゃんとかかるようになりました( `ω´)

HK45は特にホールドオープンがかっこいい+音がいいので、この辺はしっかりしといてほしいですKSC/KWAさん・・・・・
  


Posted by あんこ入り  at 17:47Comments(2)HK45

2013年02月14日

メタスラだから削れないと思った?残念・・・!









個人的にトイガンで許せない点






・弾が飛ばない(精度・弾速はそこまで気にしない)



・異常に塗装が剥げる(特に高いくせにすぐ剥げるWAのシルバー塗装とか)



・安物プラ製品の出すギシギシ音



・スライドノッチが削れる





なんか変な刻印が入ってるだとか、ARES MSR338みたいに謎機構がついてるとかは許せてしまうんですが。








結構前の話ですが、KSCのHK45が買ってしばらくもしないうちに、スライドノッチが変形しまくって、すぐに売り払ってしまいました。

ホントKSCはいつまで経ってもこの辺ちゃんと対策してくれませんね・・・・・・


HWのM9はもうかなり撃ちこんでますが、未だにノントラブルでスライドストップも全然削れてないので、もうKSCのハンドガンは全部HWでいいんじゃないですかね(白目)












んでKSCがいつまで経ってもHK45改良して再販する気配がないので買っちゃったKWA HK45

激しく鋭いリコイルと超にぎりやすいグリップはそのままだけど、

こっちはメタスラだから割れるのはもちろん、ノッチの削れも安心ヽ(・∀・)ノ















ってしっかり削れてるじゃないですかやだーーーーー!!!!!!


所詮アルミ・・・・・




まあ割れる心配が無いし、気をつけてれば削れないからいいか。。。。(´ω` )

スライドストップはかかる時より解除する時に削れ易いので、
解除する時はスライドを完全に引いた状態でスライドストップを下げて戻すのはKSC(KWA)ユーザーの掟だよ!




そういえばベクターにKWAのロゴを残して繋がりを公認しちゃったKSCですが、
KWA製品のサポートもしてくれると良いのにね(・ω・ )

フルメタハンドガンとか作ってるから銃刀法の関係でややこしいのかもね。  


Posted by あんこ入り  at 11:07Comments(3)HK45