スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年11月11日

VFC MP7用ホルスター




ヘパイストスさんのVFC MP7用ホルスター日本にも来ましたね・・・・
ガスの季節終わっちゃいましたけど腰にぶら下げてるだけでも何かカッコいいので(重いけど)
1つ試しに買ってみるとします。

MP7といえば、以前RA-techから発売されているWE用のNPASを組み込めないかと試してみたところ、
ばっちり組み込めて、しっかり使えたので記事に書こうと思ったら、ちょうどその時に新カラーのMP7には標準でHK417と同じタイプのNPASが組まれてるというのをオラガバニストさんが記事にされてたのを読んで意気消沈・・・・(;´ω`)(RAの物は扱いに若干癖があるのでVFC標準の物の方が使いやすいです・・)

ホルスターでテンションあげていこう・・・  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 23:36Comments(7)MP7

2014年07月09日

VFC MP7A1のサプレッサーに関して

はいどうも(∵ )



ちょっとお詫びと訂正というか、以前コメント欄でVFC MP7A1のサプレッサーの取り付けるためのバレルのネジの径を尋ねられたときに、
14mmの正ネジとコメントしてしまったんですが、正しくは12mmの正ネジですo======rz

別のコメントで指摘していただきました。ありがとうございます。
検索とかで引っかかる不都合があるので、僕の書いたクソコメは一応削除します。


繰り返しますが、バレルは12mmの正ネジです。


ショップの情報を鵜呑みにしてそのままコメントしてしまったんですが、
ろくに確かめもせずに適当な事書いて本当申し訳ないです(;´д`)





ということで自分で買って確かめることに。



いい感じ(´・ω・` )
取り回しは犠牲になる割りに、サプとしての効果は皆無ですが、
ストック展開しなくてもカッコイイですねコレ。

VFCの他にUFCやらのレプリカもあるみたいですが、割とガタツキがあったりするとのことなので、
ちょっと価格は上がりますが、VFC製のQDサプレッサーを購入。

何か妙に価格帯に差がある製品で、高いところだと10k近くしますが、VFC製品に強いショップなら5k強で取り扱われてオリマス・・・・。




純正用なので当然ですが、フラッシュハイダーは純正のままで取り付けOKです





ポン付けでガタも無し。

ガタのあるサプレッサーだと、フルオート時のブレでサプレッサー内に弾が残ってしまったりする事もあるそうですが、
3マガジン程フルでぶっぱなしてみたものの、特にそういう症状は無かったです(いやこれも僕の場合で以下略)





ハイダーを外して直接バレルに取り付ける場合は、12mmの正ネジ用が必要になります。
ただこれも、ネジの周りがカバーで覆われているので、アダプター無しで取り付けられるサプレッサーも限られてる気がします。
できればVFC MP7用の購入をオススメします・・・・


2014/7/9現在在庫のあり(そう)なところ
http://gunshop-fox.jp/SHOP/VF9-SS-MP7-03.html
http://www.airborne-shop.com/products/detail.php?product_id=9833

改めて、適当な事書いてすいませんでしたorz  


Posted by あんこ入り  at 23:45Comments(5)MP7

2014年06月21日

一発いくらですか?~フルオート編~








前回VFCのHk416でガスの燃費を簡単に調べてみましたが、

セミオートのみでの計測だったので、今度はフルオートで比較してみることにしました。


今回はフルオートで暴れまくりのMP7だ!



まずは空マガジン


517gって重っ('A`)

HK416マガジンより重いじゃないですか・・・


今更ですがマルイMP7でも440gぐらいあるんですね。
細身だから何か軽く感じてました;


とりあえず適当にガス入れてみた





結構入りました。54g


まずはセミオートでの燃費を見てみます



20発目 5g消費






40発目 4g消費




60発目 4g消費
この辺から大分力なくなってきてます



80発目 4g消費

ぺこぺこぶろーばっく




100発目 5g消費

この時点でボルトが後退しきれず停止



正直燃費あんまよくないですね(・ω・;)
冷えも早いです。




では今回の本題、フルオートでの燃費計測。
今度は丁度50gで納めてみました




同じ量ガスを入れたマガジンを2本用意して、
それぞれ20発と40発ロードしてみました。


これをフルオートで撃ち切って計ってみます






まずフルオート20発撃ちきり後。9g消費してます。
セミオートで撃った時のほぼ倍近い消費量です。
やっぱり結構な量ロスってますね(・ω・;)






続いてフルオート40発撃ち切り後。こちらは18g消費。
消費の割合自体は20発と変わりませんでした。

ガスが1g2円はするので、一回フルオートで撃ち切っただけで36円かかるという・・・・・おろろん


フルオートは楽しいですがご利用は計画的に\(^o^)/  
タグ :VFCMP7A1


Posted by あんこ入り  at 23:07Comments(5)MP7

2014年06月21日

VFC MP7でCQB


はいどう も٩( 'ω' )و

昨日岸和田BUDDYさんでVFCのMP7持ってがっつり遊んできました!
当初持って行く予定だったHK416は重かったので荷物まとめてる段階で諦めたんだ・・・(ヘタレ





どこがぶっ壊れるかーとか楽しみにしながら持っていったんですが(ゲス顔
特に不具合もなくバッチリ快調でした。




前にも書きましたが、VFCのMP7はトップヘビーなマルイMP7と比較すると、本体が軽めで、
ストック・フォアグリップを展開せずに片手保持したときの安定性がとても良いので、
こんな感じのドアエントリーがとてもやり易く、CQBフィールドだとほんと楽しいです٩( 'ω' )و!
是非!(宣伝

  
タグ :VFCMP7A1


Posted by あんこ入り  at 00:47Comments(0)MP7

2014年06月09日

シビリアン MP7


何か変な時間に起きてしまったので小ネタでも٩( 'ω' )و受け売りですが。



僕は割りと軽装好きなのもあって、ゲームではタクトレ風の装備で纏めてるんですが、
タクトレ装備でMP7のようなSMG(PDW)はちょっと似合わないのかな?とか思ってしまったりもします。
(↑おおざっぱ装備の癖に変に気にする人)














いやそもそもシビリアンモデルのMP7ってあるの?










そういえば対抗馬のP90には、マルイからもハイサイクルモデルで登場してるPS90なんてのがありますが、
MP7のシビリアンモデルって見た事無いなぁ・・・・・

まあ銃身伸ばしてライフル扱いにして規制対応してるPS90と違って、MP7だと相当改良しないと規制対応できないから仕方ないかー。




なんて事をツイッターで呟いてたら、フォロワーのJienさんが教えてくださったのですが、

http://jisakujien.org/ (←とてもオススメです)







カナダではシビリアンモデルのMP7が販売されてるようです。
装弾数5発だとか・・・・







こっちの方がわかりやすいですが、セレクターがセミオートとセーフティポジションしかありません。






ううむ・・・・・あるにはあるけども・・・・・という感じですwwww  
タグ :MP7


Posted by あんこ入り  at 05:58Comments(2)MP7

2014年06月08日

VFC MP7の初速について少し








http://ankoiri.militaryblog.jp/e554184.html

前回の初速落としの件で書き忘れてたことがあったので補足程度に。


VFCのMP7は海外勢ヨロシク、高圧ガスで撃つことを前提としているため、
ホップパッキンがかなり硬いです。

そのためかホップのかけ方によってかなり初速が変化するので、

「なんとなく計測してみたけど全く問題ない数値だった」


と思ってても、あまり安心しない方が良いです。

自分の個体でも、ホップ切りの状態だと83m/s程度で安全圏だと思ってたのですが、
頻繁に弾ポロするので、少しホップをかけてみたところ、一気に90台に跳ね上がってちょっとビビりました(前回計測した時もその状態です)







逆に弾詰まりするレベルでホップをかけると、当然初速はガタ落ちします。

それともう一つ注意点。
前回の記事でも少し触れてますが、国産のGBBはガス圧が上がりすぎるとハンマーが叩けなくなります・・。

以前真夏の40度近い時に、マルイG18Cに50連マガジンを挿して撃とうとしたら、
ガスがプスッと出てブローバックもせず、弾が3mぐらい飛ぶという状態になったことがあります(少しガスを抜くと正常に撃てました)

しかし海外製の銃は高圧ガス前提のため、少々ガス圧が上がろうが余裕でハンマーがバルブを叩きます。
元々1.2J(110m/s)は出る設計なので、例え134aガスを使用していようがマガジンをガンガンに熱してガス圧を上昇させると、
それぐらい出ても不思議では無いのです。

なので、涼しい部屋で安全圏の初速が出ていても、実際野外の暑いフィールドで計測したらトンデモな数値が出る可能性があります。





(実際それで没収されたという話も聞いてます)





少なくともゲームに海外製のガスガンを持ち込むならば、夏レベルの気温を想定して、尚且つ最も初速が出るホップの状態で計測をして、
それでも安全な状態で持ち込むことを推奨します。

計測だけ抜ける方法は考えればいくらでもありますが、
それはユーザー側としては絶対にやるべきでは無いですし、フィールドオーナーへの迷惑は勿論、結果的に自分にしっぺ返しがくるだけです。

自分のブログに関しても言えることですが、海外製の銃はあまりレビューサイトで掲載されてる初速値を鵜呑みにせず、自分で計測することをオススメします。

ちなみに初速を落とす方法ですが、自分がやったようにバレルを交換したり、コメ欄で頂いたようなバルブスプリングをよりブローバック側に回せるものに換装する、もしくは以下のブロガー様が紹介されてるような方法も良いと思います。

NEOの未来ウェポン 様

http://neoreloaded.militaryblog.jp/e554460.html



若輩者が偉そうな事を言ってますが、せっかく良い銃なのに買って嫌な思いをして欲しくないので書かせて頂きました(´・ω・`)
どうぞよろしくお願いします。
  
タグ :VFCMP7A1


Posted by あんこ入り  at 03:15Comments(2)MP7

2014年06月03日

VFC MP7の初速を落としてみる



暑いですねー暑いですねー(;´・д・`)

京都36度て。。。。。まだ6月始まったばっかりなのにこれじゃ8月とかどうなるのホント・・・・・・・・・・




ということでガスガンにも楽しい季節がやってきましたねー٩( 'ω' )و

既にGBBの長物を持ってゲームに参加されてる方もチラホラ見かけるようになりました。
マルイからもGBBのM4が発表されましたし、海外製のGBBも活発になってきて益々盛り上がりを見せております。




自分も6月参加のゲームにVFCのMP7を実践投入しようかと目論んでいたのですが







初速が結構ヤバイ(;`д´)
電動ガンでこの数値ならまだいいですが、
割りと涼しい部屋でガス入れた直後で、マガジン温めずに撃ってこの初速はちょっと危険値です。


以前コメント欄でも初速が結構ヤバイという報告を頂きましたが、確かにこれはちょっと。
真夏のくっそ暑い日にこれ持って行ったら、下手すると手が後ろに回るレベルに行くかも。

マルイGBBの場合は圧が強すぎると安全弁が働くので、極端な初速は出ない筈ですが、
海外製は1J規制とか知ったこっちゃないですし。




ということで初速調整をしようと┐( ∵ )┌




丁度先日ぶっ壊れたマルイG18Cのインナーバレルがあったので、
ホップパッキンごと換装してみます。








うーん、短い(笑)


VFC・MP7のインナーが182mmあるのに対して、マグロインナーは97mmですし、殆ど半分です。
これはちょっと短すぎるかなー???





早速組みなおして計測計測。

ちなみに分解面倒なMP7ですが、大分慣れてきたのか、分解・組み立ての工程は各5分ぐらいでできるようになりました₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾
VFCM4のパーツ組み込みで半日ぶっ潰してた頃よりは大分進歩した気がします(笑)







ガス入れ直後で77m/s程。
普通の状態なら大体79~81m/sくらいで、真夏日を想定して、ストーブでがっつり暖めても、最大値86m/s程で収まりました。

パッキンも換えたおかげで弾ポロの症状は無くなり、素直で伸びのある弾道を見せるように。
さすがのマルイパーツ。

もうちょい初速あってもいいような感じもしますが、
初速にこだわって測定でボッシュートとかされたら何も面白くないですしね。


送り込み側のガス量がとにかく過剰っぽいので、もうちょっと弄っていきたいところです。







関係ないですが昨日のラブライブのスノハレ最高でした


  
タグ :VFCMP7A1


Posted by あんこ入り  at 00:48Comments(4)MP7

2014年05月22日

MP7のカラバリが・・・・・ってHK417は・・


VFCのMP7カラバリも登場






こないだNavyモデルが出たところですが、MP7シリーズをとりあえず一通り出してしまおうってところですかね。

生産ライン的にはその方がやり易いのかもしれませんが














HK417GBBはどうなった・・・・・・・・('ω')
  
タグ :VFCHK417


Posted by あんこ入り  at 11:08Comments(0)MP7

2014年04月13日

VFC.MP7A1、分解まとめ




以前UPしたVFC MP7A1の分解記事が、VFCのFacebookで紹介されててちょっとびっくりしましたΣ(゚Д゚)

https://www.facebook.com/VegaForceCompany

前回はゴチャゴチャ余計な事書きすぎてたり、
自分でも構造をいまいち理解しないまま勢いでやってた部分があるので、ある程度まとめてみました。

また、以前は触れなかった内部ユニットの組み立てに関しても、幾つか書いておきます。

他にも台湾のエアソフトサイト、ARMS COOLでも当該記事のリンクが貼られてたんですが、
同じトピックにパーツリストが載ってたので、参考の為にリンクを貼っておきます。

http://www.gb-tech.com.tw/downloads/MP7A1_GBB_0802.pdf





それでは改めて、VFC MP7A1の分解手順を。


長い上に画像が多いので追記からドウゾ
  » 続きを読む
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 02:14Comments(16)MP7

2014年03月23日

VFCのMP7を分解してみた






はいどうも٩( 'ω' )و✧*ぼくです


今日はVFCのMP7分解編。
分解するだけで別に何かを変えたわけではないです。

チャンバーパッキンを交換云々とか前に言ってましたが、まだ純正で野外射撃してないので。

フロント側のばらし方だけでもとりあえず覚えておこうと。

では早速。








ボルトキャリアを抜いた状態からスタートします。
もう後ろ側はいいですね。

フラッシュハイダーを外せば、フロントのカバー?はそのまま引っこ抜けます。








セレクターを外します。
セーフティ位置にして、根元についてるイモネジを抜きます。

ネジが0.89の六角用で小さい上に、レンチがレシーバーに引っかかったりして結構面倒くさい(´д`;)

イモネジを抜くと反対側から引っこ抜けます。





ボルトストップパーツも同様。
スプリングが入ってるので外す時は少し注意です







トリガーの根元部分のピンを抜きます。
ちょっと固めのピンが入ってるのでピンポンチを使います。







止め具の違いはあれど、マルイMP7と殆ど一緒なので特に難しいことはないですね・・・٩( 'ω' )و




トリガー根元のピンを抜くと、マルイMP7同様、ポロリとトリガーが抜けます。












トリガーが抜け・・・・・・・

















抜けないんだけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




トリガーセーフティのピンまで抜いてみましたが抜けません・・・・・・・・








押しても引いても抜けない。


この辺の構造は微妙にマルイと違うっぽいですが、
トリガーが抜けないと、内部パーツが引っかかって出せないいいいいいいい



とりあえず外せるもの全部外してみたんですが










レール外す意味はなかったなぁ・・・・・・・・(白目





1時間ぐらいガチャガチャやっても抜けなくて発狂しそうになって










クリミア検事総長みて心を落ち着けてました٩( 'ω' )و✧



これはクリミア万歳ですわ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







一晩寝て翌日ガチャガチャやってみるも外れない(´・ω・`)



中身がとにかく見えないのでどこに引っかかってるかもわかんねええええええええええええええ










 
                 \やりました/
















えっ???












なんていうかその








力技で引っこ抜いたら抜けた( 'ω' )




何を言ってるかわかんねーと思うが以下略











いやまあ冗談抜きで力技です。

赤丸のあたりがちょっと引っかかってるので、前に引っこ抜く感じです。
割れそうで怖いですが、特に何かの突起にかかってるとかではないので、
力技で抜くしかないです。


戻すときも無理やりブッこみます。あ、トリガーセーフティはつけたままで抜き差しできます。
何度か抜き差ししてみましたが、特に壊れたりはしてません(保証はしませんよ┐( ∵ )┌







トリガーを抜いたら、前からバレルを押してやると、内部ユニットがごそっと出てきます。

ユニットパーツはプラなので、後ろから無理やり掴んで引き抜くと壊れそうなので、前から押すほうがよさげです。

抜くときに注意したいのが写真左のトリガー絡みのパーツにかかってるスプリングが飛び出してきます





これは抜いたあとの画像。

シーソーみたいなパーツはレシーバーで押さえられてるだけなので、
内部ユニットを抜くとポロッと外れてしまうんですが、その時に赤丸部分のスプリングが外れて飛びます。

ユニットを引き抜くときは白丸側からでてくるので、スプリング押さえながら静かにぬいて飛ばさないように注意です。








内部ユニットのネジを抜きます。

ボルトストップパーツの内側にあるネジが少し引っかかってしまうので、
パーツを少し手前に引っ張って下げながらネジを抜きます。






そのネジを上からみたところ。

無理やり穴広げてネジ切りしたのか知りませんが、ネジ穴派手に盛り上がってるんですけど・・・・・・・・(;´д`)大丈夫かいな








ネジを全部外すと二分割できます٩( 'ω' )و✧










分割するときにハンマーとかファイアリングピンが飛び出してくるので、
メカボックスを開ける時みたいな感じで、押さえながら少しずつ開けます。

あと手荒に扱うと、ユニットの外側についてるスプリングのついたパーツが外れて飛んでいったりするので、これまた注意です。


ここまで分解して、ようやっとチャンバーに到達できるという・・・・・・・・・・・・・正直マンドクセマンドクセ('A`)
試射してから分解したらよかったかなぁとか思いつつ。


とりあえず・・・・同社のM4に比べてかなりややこしい上にパーツ自体が小さく、前述の通り簡単に飛んでいったり、
また組みなおしするのもちょっとコツが必要というか、構造を理解してないと破壊してしまう可能性が大なので、

「GBBの分解するの初めて!!!」

みたいな人には正直オススメしません。
僕みたいな技術もへったくれもないニワカが言うのもなんですが、初分解でこれはちょっとカンがよくないと直せなくなると思います('A`)


ちなみにパーツ類についてちょっと。





力いれて押したり引いたり、叩いたりしても折れなかったので、
もしかしたらトリガーはスチール製かと思いましたが、残念亜鉛っぽい(´・ω・`)








しかしハンマーはスチール製でした!やったね!
同社M4系みたいに、買った初日にボッキリなんてことは無いと思います。






むしろこのネジ穴のほうが、この辺からひびが入ってぶっ壊れたりするんじゃなかろうかとちょっと心配なくらいでした。






チャンバー周りはまた野外で撃ってみてから考えるとします。
  

Posted by あんこ入り  at 01:19Comments(13)MP7

2014年03月10日

VFC MP7A1 二重給弾の原因



MP7レールはやっぱりレール付きがいい







なんか久しぶりの更新です( ・ω・)






最近ちょっと仕事が忙しくて寝る暇もなく
















ってわけじゃなくて、最近新しく始まったオンゲに嵌って没頭してるだけです(^p^)

http://www.dmm.com/lp/game/hounds/index01_html/=/navi=none/?utm_source=af&utm_medium=asp&utm_campaign=pc

COOPモードがウリのゾンビとか化け物諸々(バチルス)を倒していったり、人の脊髄ぶっこ抜いて倒したりするナカナカ物騒なゲームですが、
TPSにありがちなロックオン機能が無いのでFPSのような感覚で楽しめるのと、敵が割りと強くて緊張感もあるので今のところ楽しめてます。
爆ガト毒盾やめてくださいしんでしまいます





それはさておきMP7A1です





以前2重給弾についてコメントを頂いたので原因を探ってみたものの、ハッキリとはわからなかったのですが・・・・・

ツイッターのフォロワー様から原因究明のコメントを頂いたので掲載させていただきます



2重給弾の症状が私の個体にも出ました。
具体的な症状は、
カラ撃ち⇒2重給弾、2重発射⇒カラ撃ち⇒2重給弾、2重発射・・・・
といった感じです。

結論から言うと、私の個体の原因はホップの利かせすぎというお粗末な結果で・・・
ホップダイヤルは、約270度ほど回転することができますが、90度程度で適正?180度ほどまわしたところで2重給弾が発生しました。

最初は気温によるガス圧の不足と、とローディングノズル周りの動作不良かと思い、10回ほどバラし⇒組み直しや、その間で日本仕様バルブスプリング⇒海外仕様バルブスプリングとやり直しをしましたが、途中で症状が改善したりまた再発したり・・・

初歩に戻って給弾位置を確認したら、ホップが強いときに装填位置がずいぶん手前側になっていることに気付きました。
そこでホップを最弱にしたら症状改善、ホップを強くしたら症状再発ということが分かった次第です。
今度はホップ交換をして、いろいろ試したいところですが・・ホップ周りをどうばらすか、まず考えるところからです・・・




貴重な情報ありがとうございますm(_ _)m


そういえば自分は部屋撃ちしかしてなかったので、ホップを弄るという事を全くしておらず、最弱の状態のままでした(´・ω・`)





ということでホップを変更して撃ってみる事に





ちなみにホップの変更は、このハイダーの上にあるレバー?を左右に回すだけです。お手軽ぅ。
右に回すと弱くなり、左に回すと強くかかります



早速ホップを最強にして撃ってみました。

ちなみにリコイルスプリングは純正の状態、ノズルガイドスプリングはちょっと強めのものに換えてあるので、
給弾不良は起こりにくくなっているはずです。





バンッ!



あれ弾出てないぞ・・・・・・・・(´・ω・`)



バンッ!



初弾でたけど2発目が一緒に弾ポロした(;;´д`)









クロサワさん曰く、ホップの強弱で装填後のBB弾を保持する位置が変わるということなので比較してみました。









マガジンを挿して、初弾を送り込んだところです。

左がHOP最強、右がHOP最弱にした時のもの。
最弱の状態はインナーバレルの後端が見える位置まで送り込まれてますが、
最強の状態だとチャンバーパッキンに少し引っかかる程度のところで塞き止められてます


HOP最強の状態で装填後、1発撃って(弾は出ない)、チャーハンを引いてみると






装填位置からちょっと前進しただけで止まっておる・・・・
これでも最弱の装填位置にまだ届いてないくらいです。


何回やってみても、ホップ最強だと1発目は殆ど射出されませんでした

クロサワさんの仰るとおりの症状です。.海外銃特有の硬すぎパッキンすね(´・ω・`)
海外仕様の負圧バルブスプリングなら、ガスがBB弾を送り込む力が少なからず上がるので多少緩和されるかもしれませんが、
初速が結構ギリギリの数値の個体もあるようなので慎重に。



ローディングノズルに挟まったり引っかかって動かなくなったりする事もあり、
当然破損にも繋がるので、純正の状態でホップ強かけはNGと思った方がいいかもしれません。

弾道とか見てないのでアレですが、実射性能次第ではパッキン換えた方がよさそうですね。



なんにしても一発撃って出なかったら、大人しくマガジン抜いて弾を出した方が懸命です(´・ω・`)
  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 16:39Comments(4)MP7

2014年02月12日

マルイ・KSCのMP7はリアルか否か 3




重箱の隅をガツガツつついていくスタイルの僕ですこんばんわ





過去記事はこちら

http://ankoiri.militaryblog.jp/e412858.html(妄想・憶測編)
http://ankoiri.militaryblog.jp/e512369.html(確信編)












マルイのMP7A1の説明書見てたらこんな記述が。














実銃データェ・・・・・・



しかしこれ全長に関してはMP7のデータって事で納得できるんですが、

この重量「2100g」ってナンダ?(´・ω・`)?




http://www.heckler-koch.com/en/military/products/submachine-guns/mp7a1/mp7a1/overview.html


実銃のデータはH&Kにも記載されておりますが、1900g




ここに記載されてるのはマガジン込みの重量です(Weight→Weaponの横の「!」マークにカーソルを合わせると表記されてます)

他にもマガジン抜きで1800gという記述があったので間違いないでしょう。

20連マガジンの重量が100g。40連が200g

20連マガジンを挿した前提の本体重量のため、40連挿しでも2000gなのでマルイのデータは計算が合いませぬ。



実銃MP7・MP7A1のデータを色々集めてみましたが、合致するものはありませんでした。





今までの過程で思うところは、どうもWikiとか情報サイトを見てると、

MP7とMP7A1のデータが入り混じったりしてグダグダになってるものがすごく多い。









http://en.wikipedia.org/wiki/Heckler_%26_Koch_MP7

これなんかもそうですが、本家にリンクを貼っておきながらマガジン無し重量を1.9kgと記載していたり、



MP7からMP7A1になってレシーバー伸ばしたけどストック薄くなったから全長一緒だよHAHAHA」って書いてる割に、データはしっかりMP7A1のものですし・・・・・



http://ja.wikipedia.org/wiki/H%26K_MP7

日本のwikiに至っては、プロトタイプPDWの重量のまま。

ちなみに実銃MP7の重量は1.6kg







マルイは実銃のデータを持たぬまま、この辺の適当なデータを鵜呑みにしちゃった可能性があります。







まあwikiは絶対信頼できるというものでもないですし、
個人のサイトで誤植してたら「嘘乙wwwwwwww」程度で終る話ですが、メーカーが




「実銃データ(ドヤアァァ」





で、これはさすがにちょっとリサーチ不足では(´・ω・`lll)

無理して新型(当時)で出さなくても良かったんじゃないかと思います・・・・・。








また以前の記事で、wikiからの情報を元に、


連射速度を遅くする為にボルトストロークを伸ばしたのでサイズがデカくなった
と仮定しました



あれは多分日本の銃雑誌からの出典なんでしょうが、

本家の過去のデータを遡っても、MP7からMP7A1になってから発射レートが低下しているというものが見当たらなく、

ちょっと信憑性に欠ける情報です。



もしかしたら、ただ単に窮屈だからデカくしただけなんじゃないかと思えてきました・・・・・・・(´・ω・`;;;)


VFCサイズは本当構えるの楽なんですよおおおお



次回ロットの説明書から実銃データ消えてるかもですね(煽り)  


Posted by あんこ入り  at 00:56Comments(2)MP7KSC東京マルイ

2014年02月10日

VFC MP7A1の問題点

すこぶる快調なMP7ですが、2重給弾が起こるというコメントをいただきまして(´・ω・`)


自分の個体では確認できなかったので、どの辺が不安要素なのかなぁと考えてみたところ。









ローディングノズルのリターンスプリングが弱いのか、イマイチ戻りが悪く、

引っ張っても途中で止まるんですよね。









ボルトキャリアが後退するときに、ローディングノズルはチャンバーに引っ張られて前に伸びるんですが、

普通はボルトキャリアが後退しきって、前進する時に元の位置に戻ってます。



これの戻りが悪いせいで、キャリアーが前進する時に中途半端にローディングノズルが次弾に当たってしまい、

2重給弾や弾づまりの要因になるのでは・・・・・・・と。

まあ仮定ですので、とりあえず戻りが悪いのをなんとかしてみます。






とりあえずシリンダーに嵌ってるスプリングを出してみる








なんか絡まっておる・・・・・・・(´・ω・`;;)

これは多分取り出す段階で絡まったんだと思いますが・・・・・。
この状態で前後してたらもっと変形してると筈なので。





酷い事に





とりあえずガイドから外れないように






瞬着盛ってみた






正直こんなんで改善されるとは思ってないですが、

もしかしたら?なんて淡い期待を抱いて組みなおしてみたところ












余計戻らなくなった/(^o^)\



しかも瞬着盛りすぎてスプリングがとれぬwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



ファーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww








orz






まあ普通に撃てました(何なの)







何にしてもここのスプリングはもうちょい強いものに換えた方がよさそうです
  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 09:10Comments(3)MP7

2014年02月08日

VFCのMP7?



HK416のアレさ加減に比べて、MP7の快調さが恐ろしい(`ェ´)



数えてないですが、もう3~4千発分は作動させてますが、未だにパーツの破損等無し。

M4もHK416も買ってすぐハンマー折れたのに!!!()








ボルトキャリアーのストップ部分の削れ方を見るために、空マガジンいれてコッキング→ストップ→リリース を100回くらい繰り返してみましたが、
削れて変形したりなんて事もありませんでした。


うーーん









君は本当にVFCの子ですか(失礼)





予備マガジンもそろそろ来るそうですし、
暖かくなる頃が楽しみです∠(゚Д゚)/

http://pravda.militaryblog.jp/



夏にゲーム行けることがあればコイツで。
  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 00:38Comments(4)MP7

2014年02月02日

MP7A1のフルオートとリコイルスプリングの件






メーカー純正スプリングとM93Rのスプリング組み込んだ物で比較してみました。

あ、慣らしが済んだのか、純正でも結構動くようになってましたよ(ぇ






なるほどわかりにくい()


4倍スローで再生してみたところ、純正は40発頃からサイクルがガクッと落ちてきてますが、
93Rスプリング仕様だと、60発ぐらいまで安定したサイクルで動いてます。

良い状態を保って撃つ分なら純正でも問題無さそうです。
ちょっと気温やガスの状態変化には弱い気もしますが。

リコイルは落ちたというか、落ちたかな?程度なのであんま気にならないかも。(気分で言ってる事が変ってる気がする)

あと慣らしが済んだせいかガスの状態なのかわかりませんが、初速が前より高めになってる事。





まあ問題はないですが、特に温度が高いわけでもないのに93mps近くまで出てる時があったので、
夏場のゲームに使用するなら一応気にしといたほうがいいかもです。
負圧バルブを日本仕様に換えておけばまあ大丈夫でしょう多分。




連射速度








はやいもうきたこれで勝つる!

初速がアレなのは銃口ブレブレでおかしなことになってたからです(´・ω・`)
連射速度ももしかしたらおかしな数値が出てるだけかも知れません

ただリアルな連射速度という感じではないので、その辺気になる人もいるかもです。
マルイがリアルな連射速度らしいですが。

純正状態の連射速度は計るの忘れました()





んー、いいカメラと編集技術が欲しい。

ハイパー道楽さんみたいの撮りたいですね。

\でーんでーんでーんでーん でででで/  みたいな。 (は?


  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 01:21Comments(0)MP7

2014年01月30日

ネイビーシールズ チーム6




今日は休みだったので自宅で映画みてました映画





「ネイビーシールズ チーム6」


もう説明は不要ですねヽ(´ω` )


なんかitunesの評価が軒並み(3件ですが)悪かったので、
大丈夫かいなと思いながら見てみました。


ゼロ・ダーク・サーティも以前に見ましたが、
あっちはCIAの諜報活動とそれにまつわる苦悩みたいな話がメインだったのに対して、
チーム6は戦闘描写も結構多かったです。

好みの違いかもしれませんが、個人的にはチーム6の方が見やすくてよかった感じです(小並)







期待のMP7は結局また出てこなかった・・・・・・・・HK416の独壇場(´・ω・`)








ベネリM4が出てたのがちょっと印象的でした(発砲シーン未確認)






Itunesでレンタルもできますのでよかったらどうぞ

https://itunes.apple.com/jp/movie/neibishiruzu-chimu6-zi-mu-ban/id785976885




しかしビンラディンの居場所を確定する手がかりが、あの銃だったってのは本当なんですかね・・・・(´・ω・`)
  

Posted by あんこ入り  at 23:06Comments(0)MP7

2014年01月29日

マルイ・KSCのMP7はリアルか否か 2







http://ankoiri.militaryblog.jp/e412858.html

以前↑の記事でマルイ・KSC(KWA)のMP7がリアルサイズか否かについて書きましたが

未だにこの記事の反響が一番多いです(´・ω・` )





あれから色々調べたり、指摘されたり、盗み見たり()して、分かった事と訂正すべきところが幾つかあるので改めて書きます。



まずのっけから自分で書いたことを否定しますが




要するにマルイから出ているMP7A1は、MP7A1のサイズじゃなくて、MP7のサイズなんじゃないかと。
マルイがMP7A1の電動ガンを発売したのが2006年初旬なので、実際開発は2004年くらいからやってるでしょう。
2004年からリリースされた実銃のMP7A1を採寸する機会がなくて、
MP7と全長が変わってたとは思わなかった・・・・とかそういうオチなんじゃないかと予想しますヽ(´ω`)
リアルサイズか否かと言えば、MP7A1とは違うけど、MP7であることには間違いない・・・・という結論になるんでしょうか




これはほぼ間違いでした()



まずここを見てもらいたいのですが




http://asnyaro.blog129.fc2.com/blog-entry-687.html


KWAとマルイのMP7を比較されてます。
なんかマルイに大分バイアスかかってる感じがしますが



いや見て欲しいのは動画ではなくて、コメント欄。








●ニュージーランド
2つとも本物よりも8%小さい事を言っていないな。








これを前回の記事を書いてしばらくした後に見つけて色々調べた結果、
まさしくその通りでした。



その証拠ですが








H&K MP7のカタログデータです。

A1になる前のMP7の全長が380mm・・・・・というのは前回の記事で書いた通りです。

他の画像も色々探して、H&K公式のMP7A1と比較してみたところ、
MP7A1はグリップ後端からレシーバー後端までの長さが少し延びています。

ボルトストローク延長のためか、ポジションが窮屈だから伸ばしたのか定かではないですが、
MP7A1になった時点でMP7からサイズが変わっているのは間違いないと思います。




↑のカタログで注目すべきは全高です。






ちょっと画像が小さくて見えにくいですが、 height  6.77inches/172mm と記載されているのがわかります。




マルイとVFCのMP7の全高を比較してみます。












えー、ちょっと図り方が雑いですが、
マルイが159mm、VFCは実銃と同寸の172mm。


VFCがいかに忠実に作ってるかというのがわかります。

マルイは確かに大体8%位縮んでますね・・・・・。



どうしてこうなったか





要約すると、

マルイはMP7の全長(380mm)というデータをMP7A1の図面に当て嵌めて、
全高のデータを考慮せずに設計してしまったのではないかと思います(´・ω・`)
結果として長くなったはずの全長分、全体的にサイズが縮んでしまった(けど全長サイズがあってるのでリアルサイズだと思ってた)

マルイサイズは実銃のMP7はおろか、実際全く存在しないサイズという・・・・・・・おろろん











マルイのダイカスト製リアルサイズマガジン(ガバガバ)

マルイのHPからリアルサイズの記述は消えてました(゚Д゚)







ちなみにKSC・KWAに関して言えば、

アメリカの規制に対応するため、という話を逸品屋さんが聞かれたそうですが、

実銃と異なるはずのマルイサイズと同じ寸法ってのはパクったと言われても仕方n・・・・・・・・・・









うーん。

そろそろマルイかKSCからミリブロにクレームついて消されそうな気がする()  


Posted by あんこ入り  at 16:45Comments(4)MP7KSC東京マルイ

2014年01月28日

VFC MP7A1 試射してみた





こんばんは\(^o^)/


VFC MP7A1、いい感じに仕上がったので簡単に試射動画撮ってみました。




その前に少し



チャージングハンドルの引っかかりが強すぎて、引っ張る時に負荷がかかりすぎてるように思えたので、
引っかかりの部分を少し丸く削りました。

引っかからないのもダメですが、軽く引っかかる程度でOKだと思います。



昨日、バルブスプリングを日本仕様に変えたら調子がいい!みたいな事を書きましたが、

7発程度でトーンダウンしてたのが15発ぐらいでトーンダウンするようになった位のものでした(;・∀・)


んで各部の注油やバリ取りを丁寧にやってみたものの、それほど大きな変化は見られず・・・・・







悩んでたところ、手元にKSC M93RⅡのスプリングが余ってるのを見つけまして。

スプリング長・径が殆ど一緒だったので換装してみました。




いやハンドガン用のスプリングってどうなのwwwwwwって自分でも思いながら組んでみたんですが







びっくりするぐらい作動がよくなった(゚Д゚;)




ということで試射動画

室温20度の部屋で、マガジンは人肌程度に温めてます。



iphoneで撮ったらなんか画面比おかしくなりました。
相変わらず雑動画ですいまえん










どうでしょうこれ・・・・・・。
止めるまで殆どサイクルは落ちてません。

というか途中で止めてるのは近隣への配慮です(・∀・;;;)
トリガー引いてれば、まだしばらく撃てそうな感じ。


初速も81~84とGBBとしては結構高い数値。
侮ってましたが、PPQ並みのポテンシャルを秘めてますねこれは・・・・・・







ちょっとスプリングが弱すぎるのか、ボルトリリースしたときに戻りきらず、トリガーを引いてもハンマーが落ちない事があったので、
もうちょっと強めのスプリングにしてもよさそうです。


色々試してみます
  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 00:30Comments(0)MP7

2014年01月27日

VFC MP7A1の通常分解とバルブスプリング交換




MP7を始めてみたのはガンスリンガーガールでした。実戦における発砲シーンは一瞬でしたが。






このシーンはガンスリで一番印象に残りました。
トリエラ・ヒルシャーのコンビは最高です。

しかしこのMP7構えてるヒルシャーさんかっこよすぎじゃないですかね・・・・・・





ということでVFCのMP7のバルブスプリングを日本仕様に交換してみます。






まずは通常のテイクダウン。

この辺の分解方法はマルイのMP7と全く同じですね。後ろのピン2本抜いたらスルスルと抜けてきます。








ボルトキャリアー。

赤○の部分がボルトストップに当たる部分ですが、ちょっと削れてました。








分解します。
ここはマルイとちょっと違って、赤○のネジ2本を抜くだけです。

ネジを抜いたらシリンダーを引っ張れば、ネジで止まってたパーツごと抜けます。




抜く時にシリンダーに嵌ってるスプリングが飛んでいきやすいので注意です←飛ばした人
ネジで止まってたパーツを押さえながらシリンダーをゆっくり引き抜くといい感じです





真ん中の銀のピンをピンポンチで押し出します。







中からバルブスプリングが出てきます。下のスプリングが日本向け(らしい)

スプリングを交換して後は戻すだけです。








注意点。

バルブスプリングを入れ替えたあと、ピンを元に戻しますが、

スプリングとスプリングを押さえてるパーツ(名前ワカラヌ)を、細い棒かなにかで押し込みながらピンを挿して固定しないと作動しなくなります。







後ろから見た図。こうなってればOK


押し込みながら入れてないと、ピンが名前ワカラヌパーツの間に隙間に入って、
ピンを挿した後、後ろから見てもピンが見えなくなり、振るとカラカラ鳴ります



ああそうさ僕もやったんだよ(´゚◞౪◟゚`)
おかしな組み方して撃ったらプスープスー言うだけでブローバックもなにもしなかったですorz






で、スプリング交換してみた結果ですが、
ダダダダダッ!とかなり軽快に動くようになりました。

ガスを適量入れて、軽く温めておけばフルオートで全弾撃ち切れるんじゃないかと。

いやちょっと誇張かもしれません。あんま適当な事言うのは・・・・・まあいいか。




夜遅いので試してませんが、また後日動画にでも上げてみます。


それでは今日はこの辺で ノシ
  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 01:58Comments(4)MP7

2014年01月27日

VFC MP7A1 いろいろ




VFCのMP7でかなりテンションマックスです・・・・!!



とりあえず色々と。







セレクターレバーの左側の根元が金属パーツになってます(´・ω・` )
実銃のレバーは一体型のようですが。強度的な問題かな?









毎度おなじみUMAREX絡みのホワイトプリント。
個人的に嫌いじゃないのですが気になる人は気になる?

まあASGKとかMARUIとかでかでかと彫ってあるよりマシです。ハイ









輝くめいどいんじゃーまにー













いいですねぇ(´・ω・` )












ストック引っ張ったら出てきました。1234567890

マルイMP7には無い刻印です。







セレクターレバー右側は何か仕上げが雑な感じが・・・・・(´・ω・`;)
個体差だといいんですが。





リアビュー。
色々微妙に違います(適当)

サイトはマルイと違ってホワイトドット無し。個人的にはあるほうが好みです。





ストック。バットプレートはマルイMP7はラバーっぽい感じげですが、
VFCのはバットプレートはレシーバーと同じ仕上げです。











トップレール。
マルイ製は亜鉛ダイキャストですが、VFCはアルミかな?
マルイと比較すると綺麗にエッジの立ったレールです。かっこいい




リアルサイズになったことによる恩恵。







個人的にマルイMP7の泣き所の一つなんですが、

片手で持つとそのトップヘビーな重量バランスも相まってか、セレクターレバーが結構手に干渉するんですよね。
セレクター自体も割りと軽い力で動いてしまうので(それはそれで利点なんですが)、
射撃中にショットモードが切り替わってしまうというのが何度かありまして。

というか手に当たってるってのが正直イライラするというか(短気)








VFC版



いや別にこれ誇張して持ってるわけじゃないですよ(´◉◞౪◟◉)

VFCのMP7はグリップが大きくて握りやすいこともあって、殆ど手に干渉しません。

まあ干渉したところでクソ硬いので動きませんが()



ちょっと重くなりすぎるので記事分けます。
次は通常分解とバルブスプリングの変更とか。
  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 01:21Comments(2)MP7