スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年06月28日

CZ75に割れ対策してみた



ガス缶1本丸々使い切るほどは撃ち込みましたが今のクラックとかも無く元気です。KSC CZ75 1st HW。

割れるんだったらまたリアサイト付近からかなと思ってたんですが、スライド前方からクラックが出たという話があったので、一応予防策施してみました。





ここから割れるっぽ。
まあKSCに限らず他のメーカーの銃でもよく割れる箇所なので。。。
CZ75 1stは2ndより薄くなってるのでその影響もあるかもですね。

ということで予防策を幾つか。


1・シャーシにぶつかる時の衝撃を緩和する



シャーシとスライドの接触部分に、カットした衝撃吸収シートを瞬着でぺたり。安定の雑工作。
押し付ける側にしか力がかからないので、変なところに接触するような貼り方しなければ瞬着で十分保ちます。




マルシンのCO2 FN57なんかもリコイルガイドに分厚いゴム塊がついてて衝撃を緩和してます。それでもよく壊れますが
WAの最強リコイルを誇る、クーガーもバッファー入ってるので多分有効、有効だと思いたい。

ただシート貼った分のストロークは短くなってしまったり、スライド引いたときの音も「カキン!」じゃなくて「むにゅ(ノ)・ω・(ヾ)」ってなってしまいますが。


2・リコイルスプリングを強くする





スプリングのテンションが弱い方がなんとなく銃に優しい感じがしますが(僕も前はそう思ってました)

テンションが弱いと後退速度も速くなってしまうので、圧が高まる夏場なんかではシャーシとぶつかる時の負荷が大きいと思います。
かといってテンションを安易に強くしてしまうと、ブローバック時に後退しきれず、スライドストップがかからなくなったりの弊害も。

圧の変化が多いフロンガスのGBBは本来気温に応じてスプリングを変えた方がいいはずなんですが、なかなかそのライン引きが難しい事やコストの関係もあるのでメーカー側はある程度のバランスを保ったものにせざるを得ないのではと思います。

とりあえず最近KSCの製品全体的にスプリングが弱い傾向がある(スライドストップを気にしてる?)ので、少し強めの物を・・・・。




社外品があればよかったんですが、見つからなかったので家に転がってる外径が同じスプリングを幾つか見繕って適当なものをチョイスしました。
何用だったっけこれ・・・マルイの何か用のやつです(多分226用社外品)

ノーマルの板バネスプリングより少しテンションが強くなったので、引きがやや重くなりましたが、戻りのキレがよくなったので部屋でカシャカシャする分にはこっちのが楽しい(ノ)・ω・(ヾ)

ブローバックは少し速くなったかな?
冷えてくるとスライドストップがかかりにくくなりますが、夏場はこれでいいかなと。



3・温めすぎない



何を今更()という感じですがコレ意識してから殆ど破損しなくなりました。
人肌より温めないでね、とは説明書にもありますが。
特にKSCの製品に限った話ですが、炎天下でパワーがあがってハンマーがバルブが叩かない!なんてことはなく、結構容赦なく叩いてしまってべらぼうなパワーになったりするので、意識して温めすぎないようにしてます・・・よりパワフルなブローバックを求めたくなる気持ちはありますけどね〜(ノ)・ω・(ヾ)
今の季節、日向に放置したりすると結構ヤバい温度になってる事があるのでご注意くださいまし。



まあ対策したらしたで違うところに負荷がかかって違うところが逝った、なんてのもよくある事なので、くれぐれも自己責任でお願いします(;∵)  
タグ :KSCCZ75


Posted by あんこ入り  at 23:42Comments(4)CZ75

2017年06月24日

KSC CZ75 1st HW





昨日届いて早速ブログ書くぜーとか意気込んでたんですが気付いたら朝でした( ⊂ ´ω`)
おはようございます。

ということでついに来ましたKSC CZ75 1st HWモデル。






やはりこのスタイリッシュですよ!(日本語

2ndの肉厚マキシマムな感じも好きですが、1stのこの余分な物を削ぎ落としたデザインが素敵( ‘ω’)

HW化された事でスタイリッシュながら手に持った時のズッッッシリ感も加味。
それにしてもKSCのHWはいつもながら独特の匂いがしますね。匂いだけでどこのメーカーか区別がつくようになりました(?)






気になる湯ジワは、どうだろう(´・ω・`)?
写真はちょっとわかりにくいですがフレーム側面がちょっと気になるかなー程度。個人的には許容範囲。226よりは全然ましです
HW素材はABSみたいにツルツルしてないので、グリップした時の握り心地も良好。





相変わらず美しいシルバーメッキのバレル。
KSCのこのメッキ本当綺麗です。インナーも黒染めで目立たなくなってるので雰囲気は素晴らしい( ˘ω˘ )





スライド・フレームにも艶のあるABSモデルより、HWのほうがバレルが映える気がします。まとまりがあるのはABSのほうだと思いますが。






スライド引いてみる。
初弾装填時が結構重い( ゚д゚)
多分スライドの重量アップによるものかな?何かひっかかるような嫌な感じの重さではなく、良い感じの重さ(伝われ)。
ちょっとモデルガンっぽい。あんまり軽くカシャーンって引けてしまうよりはこっちのが好きです。

ただ戻る時は少しモサっとした戻り方。もうちょっとスプリング強くてもいいのでは。



早速何発か撃ってみました







うおおおおおおおおリコイル強ぅぅ。



ABSモデルの超がつくほど軽快で俊敏なブローバックに対して、明らかにズドン!という手応えの強さがあります。
しかし遅いなんていうことは決して無く、相変わらず抜群のキレを持つトリガーにも追従するスピーディなブローバックなので速射がすこぶる楽しい。
派手に連射しまくってもなかなかパワーが落ちない安定感も素晴らしい。

1マガジンだけ撃って箱にしまっておくつもりが気付いたら何回もマガジンガスチャージして遊んでました(´ー`)
いいんじゃないですかこれは。。。。これはオススメのモデルです







あとはまあ本体と関係ない話ですが大分品薄っぽい?
ショップさんから入荷連絡が来た直後売り切れと表示が出てたり、前回のABSモデルの時同様すぐ無くなってしまいそうなので、欲しい方はドウゾお早めに。。。  
タグ :KSCCZ75


Posted by あんこ入り  at 08:10Comments(7)CZ75

2017年06月18日

CZ75




やっときた・・・・大分引っ張るからもう出ないのかとおもっt

もう覚えてる人も少ないかもしれませんが当ブログとは因縁浅からぬKSCのCZ75 1stバージョン
例の記事は色々考えて大分前に非公開にしましたが、たまーに読み返して我ながら「うわぁ・・・」とか思ったり。
僕もTwitterのアイコンみたいに大分角が取れてしまった気がする(´0`)まあ色々ありますわな

先行して発売されていた2ndのHWモデルは質感・性能共に非常に良い出来でコレと行ったトラブルも無かったので普通に楽しみです。
何もなければいいですが(フラグ



最近よく見てるヴィッカーズおじさん。
動画見てて思い出しましたけど、何年か前のショットショーでKWAがフルオートCZ75の展示してたのは結局ポシャっちゃったんですかね・・・・  
タグ :KSCCZ75


Posted by あんこ入り  at 15:42Comments(3)CZ75

2015年03月31日

CZ P09のアウター


前に気分転換しようとテンプレ変えたんですが、過去記事くっそ見難くなってますね(´ω`)
PCをMacBook Airに変えたせいもあって自分でも見難いしカテゴリーもぐちゃぐちゃなのでもう一回消そうかなとか()

性格が出ますね(かなしみ






CZ P09のアウターをネジ切りバレルに変えました。
別にサイレンサーをつける予定はないですがたくてこーでカッコいいですね。
かよちんかわいい。

最近TANカラーも出てますけど、マガジンのガスが入れやすくなってるとか聞いたんですが本当だろうか・・・・・
  
タグ :CZ P09


Posted by あんこ入り  at 23:29Comments(3)CZ75

2014年11月22日

KSC CZ75 2nd HW

ちょっと頭痛が頭ですこんばんは・・・。



早速やってきましたCZ75セカンドバージョンのヘビーウェイトモデル!なんかKSCの新作買うのは久々な感じがします。
CZ75といえば1stバージョンが有名というかレアものなイメージですが、個人的にセカンドバージョンのチョット肉厚な感じも好きです。


まずパッと見た感じ〜









湯ジワが結構・・・・

見なかった事にしよう・・・()



握ってみるとやはり従来のモデルよりずっしりしてていい感じ。
あとABSモデルはちょっとツルツルしてて滑りやすかった印象がありますが、こっちは材質の差でしっかりフィットします。
そのせいか握り心地がABSモデルより良く感じました。相変わらず最新のポリマーオートにもヒケをとらない握りやすさは流石CZ75。
個人差もあるかもしれませんが、同じCZのP−09よりこっちのが握りやすいです。



(空砲です)

実射してみた感じ、ABSモデルがとにかく速いスライドスピードでパッ、パッ、パッと作動するのに対して、HWよろしく一発一発がガツッと来る感じになってて、思いの外リコイルは結構強いです。ただその分作動性が低下しやすくもあり、手で暖めてても、フルロード速射すると最後の方は弱って行く感じで、ABSモデルほど寒さや連射には強くないと思います・・。まあそれでも一般的なハンドガンと比較すればよく動く部類ですが。



それともう一つ・・・・従来のモデルではサイトの狙点と着弾点が合ってないという話がでていましたが。





このHWモデルからリアサイトが変更されて、ローリアサイトに変わってます。
従来の2ndバージョンの写真と見比べてみましたが、確かに1mmほどサイトが下がってるように見えますね・・・

まだちょっと5mくらいでの射撃しかしてないのですが、以前のモデルはかなり着弾点が狙点より上のほうにすっ飛んでいってましたが、
大分狙点に近いところにあたるようになってます。それでもちょっと上っぽい感じもしますが腕の問題もあるのでナントモカントモ・・(ゴニョゴニョ



あとは耐久性ですが、これは撃っていってナンボなのでまたの機会に。  
タグ :KSCCZ75


Posted by あんこ入り  at 23:42Comments(2)CZ75

2014年08月15日

CZ P-09のマガジンバルブ色々換えてみた




へいらっしゃい(σ゚∀゚)σ


8月になったら放置とか言ってたワリにはソコソコ更新してますね()
今日はまたCZ P-09のマガジンについて。








予備マガジンも買ったのですが、海外仕様のマガジンを選びました。




いわゆる注入時に音の出ないやつです。
最近海外銃を触ることのほうが多いので、むしろ注入音が鳴る方に違和感を感じつつあるのですがwww




とりあえずガス入れてみます
日本仕様の純正状態だと4g程で吹き戻しまくって使い物にならなかったわけですが果たして。



注入音聞こえないので適当ですが15秒ほどガスを突っ込んでみたところ










19g・・・・入った・・・・だと・・・・・?






・・・・・・・日本仕様とかあの必死の圧入は一体なんだったのかorz



正直これはちょっと入れすぎで、生ガス吹きまくってロスも半端ないので、
程ほどに止めとくべきですがちょっと加減が難しいですね。




せっかくなので色々試してみます。
VFCのバルブが装着できるかも試してみましたが






うーん・・・・・ちょっとサイズが。

一応この状態でもガスは入りますし、KJ海外仕様同様にかなり入るんですが、
バルブをしっかり閉めても僅かにガス漏れを起こしてます。

またマガジンバンパーを装着すると少し干渉するのでこれはちょっとナシかな・・・。








続いてタニコバの海外仕様を日本仕様に変換するバルブ。

若干パーツ毎の長さが違いますが・・。








最後の方やや吹き戻しはあったものの、12g入りました\(^o^)/

これ以上は入れると吹き戻しが激しくてなかなか入りませんが、これ以上入れても生ガス吹きまくるので、
正直ちょうど良いぐらいかな?

ワンマガジンワンチャージという前提で使っていけば問題ないかと思います。






ガス量さえしっかり適度に入って、マガジンが冷えてなければ、フルロード連射してもしっかりホールドオープンしてくれます( `ω´)=3

個人的にはタニコババルブが使いやすく感じましたが、海外仕様でも日本仕様()みたいに入らないよりは全然良いので、
海外仕様のマガジンをオススメ・・・・と言いたいところなんですけど、樹脂スライド仕様買ったら絶対付いてくるんだよね・・・・入らない純正が・・・・
  


Posted by あんこ入り  at 01:14Comments(2)CZ75KJ WORKS

2014年07月29日

KJ CZ P-09のマガジン問題 2

はいdoumo

前回のマガジンの話ですが、少し補足というか。









他のバルブとかも色々試してみました。








まずこれ。
空の重量です。バンパー外してるので、つけたらもうちょっと増えると思いますが。





で、デフォルトのバルブに戻してガスを入れて、吹き返してきたとこらへんでガスを入れるのをやめると






4gしか入ってない・・・・・・・・・( ´д`)
1発の消費量が0.1g程なので、一応1マグは撃てますが・・・・。




続いて前回のパッキンを交換した仕様に換装してみると










12g

・・・・・・思ったより入ってない(´・ω・`)
まあ一応これで4マグ分くらい撃てる事は撃てますが。






続いてコメント欄で頂いた、VFC MP7のマガジンバルブに換装してみました






海外仕様なので吹き戻しが無いため、とりあえず10秒くらいガス缶を突っ込んでみたところ











あれ?(´・ω・`)
8gしか入ってない・・・・・・・・・・


テストに使ったのはほぼ新品のガス缶なので、注入圧が低い事もないと思うんですが・・・・・・

とりあえずそのまま20秒くらいさらにチャージ









あら・・・・?これ以上入らない?????






ガス缶を少し温めて更にチャージ





これ以上入らない。





・・・・・・・・・・・・・・・


なんだろうこのマガジンは・・・・・・もしかして相当容量が少ないんじゃ・・・・・・??( ´д`)
WAガバ並にしか入らない(あれはあれでガッツリ動くんですが)・・・・・うーん。

これでも割りとしっかり動くっちゃ動くんですが、連射したり寒くなってくるとちょっと厳しいので、
なんとかならないものか・・・・・・。  


Posted by あんこ入り  at 11:08Comments(2)CZ75KJ WORKS

2014年07月13日

CZ75のクラック云々



はいこんばんは


ちょっと今朝ミリブロでショップと揉めてる様な話を見て、


「ああ・・・・」と思いながらコイツを眺めてたんですが。





KSC CZ75 1st システム7


揉め事の顛末はカテゴリー欄に纏めときました。
今改めて読み返しても割とえげつない事してますね自分()



そんなCZ75ですが、少し前にクラックがまた入ったと記事にしましたが
↓↓↓

http://ankoiri.militaryblog.jp/e535246.html









反対側にもクラック入ってきた\(^o^)/

両側ともリアサイトの根元付近から入ってるので、これもう散々言われてることでしょうが、完全にリアサイトが悪戯してますね






薄いスライドに重量のある金属製のリアサイトが、前後するときにスライドの薄くなってる部分を捲りあげてるような感じのクラックの入り方。

リアリティも大事ですけど、リアサイトはABS樹脂とか軽量で弾性のある素材で作ったほうがいいんじゃないですかね・・・・・(´ω`)





そもそもKSCは分解して楽しむことも主眼に置いてるので、マルイ製品と比較すると分解が非常に容易です。
マルイグロックのブリーチ外そうと思ったときあまりの硬さに発狂しましたwww

その分、各部の剛性や耐久性を犠牲にしてる部分があり、こういう破損に繋がるんだと思うんですが、
素材の見直しや、ちょっとした工夫で予防できる部分もあるので、なんとかして欲しいものです。
まあHK45HWや、STI VIPを見る限りそういう工夫も成されて来てるようなので個人的には今後も期待してます。はい。

とりあえず予備スライドもあるので、割れたらKSCに送ってみようと思って、割とガンガン撃ってるんだけどなかなか割れないんだよね・・・(・ω・)  


Posted by あんこ入り  at 00:01Comments(12)CZ75

2014年04月29日

Cz75のリコイルバッファー(水道用)

はいどうも٩( 'ω' )و



これはもういいね



連休前にKSCに頼んでたCZ75のスライド、注文した翌日に連絡が来て、その日に入金したら翌日に届きました。
国内メーカーの中でネットで補修パーツ頼めるのが現状KSCだけなのでこういうのは便利だなぁと思います。在庫の有無は置いといて
書留とかメンドクサイですホント・・・・


綺麗な方のスライドはひとまず置いといて、クラックが入った方のスライドがおしゃかるまで撃ってみようと思います(へ ∵ )へ







とりあえず補修用パーツをホムセンで購入・・・・・・・(水道管?)

丁度お手ごろなサイズのものがあったので





バッファー代わりに着けてみた┐( ∵ )┌


マルイのHK45をガチャガチャしてて思ったんですが、KSCのハンドガンってスライドが後退した時に、
イマイチ頼りないプラスチックのスライドが、そのままインナーシャーシにカツーンって強く当たってるように感じまして。
マルイはインサートされた金属パーツとかリコイルバッファーのおかげで、どれもワンクッション置いてる感じというか。
この辺が総じてKSCのABSスライドが破損しやすい要因なのかな?と思ってリコイルダメージ(?)低減対策。


見ての通りゴムパッキンをリコイルスプリングが通る部分とリコイルガイドに合計1cm分程の厚さで装着





スライドストップは本来この位置でかかるんですが




指で押し込んでも殆どストップ位置から2mmぐらいしか後退しません。

スライド引いた時の感触はカツーン!からポフッ!って感じでマイルド感が大分でましたが、
スライドストップかかるのかコレ。




と思ったけど、マガジン温めずにフルロードをガツガツ連射してもキッチリかかりました

多分ですが、ゴムパッキンの弾力のおかげで最大後退位置で止まってる時間が長くなってるのかなぁと。
すんごいカメラとかあったらわかるんでしょうが無いので分かりませんけどね(゚Д゚)



とりあえずクラック部分は補強せずに、この状態でクラック進行するのかしばらく試してみるとします。
上手くいったらHK45とかソードカトラスにも流用できるかなぁこれ。
  
タグ :KSCCZ75


Posted by あんこ入り  at 23:23Comments(2)CZ75

2014年04月14日

CZ75のあれから




今日はKSCの新作CZ75マシンピストルモデルをレビューします٩( 'ω' )و(大嘘)


KWAの新作として登場予定ですけど、これKSCのCZ75じゃ無理だよね。
補強のシャーシを通さないとフレームがマガジンの重量と振動でバッキバキに割れそうだけど、
そんなもの入れるスペースも無さそうだし。

なによりスライドが瞬時に割れそう(哀)
オールHWならなんとかなるかもですが。


そういえば一時期お騒がせしたKSCのCZ75。

毎日100発撃つ~とかなんとか言ってたものの、当然そんな環境もガスも無いので、
たまーに動かしてガチャガチャしてる程度で、1万発はおろか200発ぐらいしか撃っておりません。

しかも寒い時期でしか作動させてないので、




スライドは未だに綺麗なままです!














と思ってよく見たら、右のほうからシリコンオイルが粒状に染み出してて









▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああああ


クラックはいってるうううううううううう・・・・・・・・・・・・ぅぅぅぅぅ。。。。。。。。。。。。

前回の時は自分でも半信半疑でしたが、
今度はもうセレーションの辺りを押すとオイルがガンガン出てくるので疑いようが・・・・・

これ撃ってたらそのうちスライド飛んでくるのかな(白目)



もうほんとKSCはハンドガンはHW一本に絞ったほうがいいんじゃないかと思うん。
  


Posted by あんこ入り  at 23:58Comments(5)CZ75

2013年11月28日

CZ75帰って来ました~


お騒がせのCz75 1st帰って来ました。・゚・(ノ∀`)・゚・。






いやーやっぱりかっこいいなあああああああああああああああああああ








スライドもカスリ傷ひとつありません



(びふぉー)

とりあえず3マガジン程試射してみましたが、

今のところクラックはありません。



でも、撃った後にクラックが入ってないかと、やたら気にするようになってしまいましたwwwwwww




そんな心配を払拭すべく、ゆるほびっ!さんのところで、対策が講じられております∠(゚Д゚)/
あちらは2ndモデルですが、基本的には殆ど共通してるのでぜひ参考に。
自分みたいな工作NOOBでもわかりやすく解説されております・・・。





早速自分も参考にして加工を施し・・・・・・・・









って思ってたんですが、試射してる時にふと脳裏をよぎったのは









・社内耐久試験の結果、該当個体は2万~3万発でもクラック痕は無かったこと。




KSCからきたメールのこの部分が妙に気になりまして。





この言葉が本当なのかどうか。

試射をしている条件や環境が全くわからないので、全く同じ結果になることはあり得ないですが、

社長の言を裏付ける為にも試してみようと思います(・∀・)ニヤ








我ながら底意地悪いなぁ()

クレーマーと言われても仕方ないですね・・・(・∀・;)

まあそれで破損したら素直に代替パーツ買います。




てか3万発も撃ってたらガス弾代馬鹿にならん・・・・・・・・

しかも一日100発撃っても一年近くかかるテストっておま・・・・・・
  


Posted by あんこ入り  at 21:53Comments(12)CZ75

2013年11月14日

CZ75が・・・・



iphone5Sの品薄も解消されてきたみたいで



http://www.iphone13.com/



こちらのサイトによれば1~2週間もあれば届くということで。








かくゆう僕もiphone5S予約してるんですが

















40日経っても音沙汰ありません( ^ω^)





いったいどういうことなんだぜ・・・・・・・・・






ショップに行けばすぐなんでしょうが、むしろどこまで待たされるのか興味が沸いてきたので一人チキンレースをやってたります。














そんな中、昨日の夕方送ったCZ75が今日の昼に来ました。


はやいもうきたこれで勝つる!!!

1日経たずに帰って来るとか、ソフトバンクももうちょっと見習ったらどうか!!!!!!!!!!







ってちょっと早すぎない?












さて気になるクラックの方はというと・・・・・・・・・・・・・










なんとスライド全域に伸びてきました━━Σ(゚Д゚|||)━━!!






クラックを消すのではなく、逆に割れるところまで割ってしまえという大胆な発想には恐れいr













いやマルイのエアコキでしたすいません(´・ω・`)


何かCZが旅立ってしまった悲しみに耐えられずに・・・・・中古で1000円でした()




しかしこれは値段の割りにどうしてなかなか悪くない (゚∀゚)





トリガーとかバレルは玩具まっしぐらだけど、フレーム・スライドの素材と表面仕上げ自体はKSCとあんまり変わらないような。
エッジは効いてないし、パーティングラインも全く処理されてませんが。


仕上げは雑だけど新品でもお値段6分の1ですからね・・・・・





ハンマーはダミーですが、コック&ロックもできるのはなかなかすばらしいwwwww








はじめてエアコキハンドガンを買って見ましたが、想像以上のスライドの重さというか硬さにちょっと絶句・・・・・

CZ75はスライドの縦幅がすごく狭いので、セレーションを引いてコッキングするのがかなり厳しいww

1マガジン分撃ったら手が疲れて引けなくなってくる・・・・







この動画のスライド前方を引っ掛けて引くコッキング方法はかなり実戦的で、これなら秒間3発はいけます!


軽量で季節も選ばないので、冬場のサバゲーでポケットに一本入れとくのも良さそうです
  

Posted by あんこ入り  at 21:01Comments(3)CZ75