スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年03月23日

マルシン CO2 FN Five-seveN リミッテッドエディション


こんばんは



昨日は仕事疲れのテンションだったのでよくわからない事になってたので真面目に書こうと思います( ´Д`)y━・~~
マルシン CO2 FN Five-seveN リミッテッドエディション





いつも通りのマルシンファイブセブンですがリミテッドエディションと言う事で細かく違う点がいくつか。





外観でぱっと見異なるのは各種操作系が黒で統一されてるところ。材質の変更とかではないですがカラーが纏まって引き締まったイメージ



バレルは真鍮製になって重量アップが図られてます。表面はメッキ?が施されていて非常に綺麗な仕上がり。



通常モデルと比べると違いがよくわかります。




そして大胆に肉抜きされたマガジン。
こっちを軽くした分バレルを重くしてバランスが図られてます。

ただ正直な感想としてはマガジンもバレルも実際手に持ってみると重量は誤差程度な気がします...持ち比べて見て、うーんこっちが...いやしかし..というところ。
本体もマガジンも特に構造が違うとかいったことは無いようなので、実射感もあからさまに違うと言うような事はない気がします。

ただリミテッドのマガジンで撃つと、ブローバックと同時にわずかにキン!という金属音が鳴ってちょっと心地いい。
最初本体が違うのかと思いましたが、通常版のマガジンをリミテッドモデルに挿すと音が鳴らなかったのでマガジン固有の違いだと思いますが、見比べても何が違うのかわからなかったので、個体差なのか肉抜きの結果なのかはよくわかりません( ´_ゝ`)

オールブラックが好きなら良いですが、通常のBK持ってるならわざわざ増やすほどでも...というところ。ところでレイジングブルとかジャッジはどうなったんでしょう....


ゲームに持ち込んで使って見ましたが、性能面でもやはりこれといった変化はないような。





ゲーム前にホップ調整しようと思ってスライドを外したところ、バレルの根元のメッキが剥がれており..(-_-)
普通には見えない部分だし、リコイルスプリングが擦れる部分とはいえ、まだ片手で数える程のボンベしか使ってないのにこれはちょっとショック。。前面まで剥がれてきませんかね。。。_(:3 」∠)_
  

Posted by あんこ入り  at 23:21Comments(0)マルシン

2017年03月22日

マルシン CO2 FN Five-seveN リミッテッドエディション

こんばんは





お前また限定品とかいう触れ込みに



釣られましたʕ•ᴥ•ʔ
マルシン FNファイブセブンのリミテッドエディション。もうファイブセブンこれで3本目だよ。

といってもFDEカラーの方は壊れてマルシン送り予定(のまま放置してる)のと、最初に買ったBKは「諸事情」により再起不能になってるので丁度良かったです(良いのか

まあリミテッドというだけあって選ばれしマルシニストが使えるマルシンの中のマルシン的なマルシンパワーが


なんでもないです。


ところであの全然話脱線するんですけど、最近iPhoneから投稿してるんですよね。なんかお手軽なので。画像とかもイチイチパソコンに取り込まなくてもそのままフォルダからアップできて楽なんですが、ちょっと気になるのが





広告じゃまあああああ( ´Д`)
こんなん貼るならこっちにも投稿時に収入ください(本音

某電子トリガーの時も思ったけどミリブロの広告は見てる人にマイナス効果しか与えてないのでは..?
別にちっちゃくても興味あれば見ると思うんですけど(正論
大体アルバイト情報誌とかで求人に1ページ取ってるような企業で明るい職場に初任給50万とか書いてあるところのブラックさとかもそうですけどさー( ´Д`)y━・~~
来○亭滋賀県の店減りすぎでしょう??
  

Posted by あんこ入り  at 23:49Comments(2)マルシン

2016年03月25日

システマ ハイキャパマガジン



CO2推しとしては見ておこうと思って購入してみました、システマのハイキャパ用CO2マガジン



とりあえずもう何て言うか高い・・・・・WAのM4マガジンを遥かに凌駕するとは、ちょっと流石にという感じですがはてさて。
それだけの何かがあるといいのですが






中身

本体と説明書、それとバルブ取り外し用の六角レンチ。レンチは普通にその辺で手に入れられる物と同じです。
説明書の注意書きは読んでおいた方が良いです。







で、早速本体を取り出してみると・・・・・・

かっ・・・軽い・・・!
ガスブロハンドガンのマガジンとしてはフロン、CO2問わず抜群に軽いです。






27連マガジンのボンベ込みの重量で218g


マルイハイキャパの純正空マガジンが287g。ガス入れたら300ぐらいになると思います。
マルイマガジンが特段重いわけでは無いですが、実際80g程の差が数値以上に大きく感じられます。






同じくCO2のバトンBSPマガジンで343g
こっちはさすがに結構ずっしり。





更にマルシンの57CO2マガジンが461g
マルイのM4MWSマガジン並の重さですね・・・

勿論シングルスタックのマガジンならコレより実重量が軽いのもあるでしょうが、比重が軽い為実際手に持つと、とても軽く感じます。

ガスマガジンは多数携行するとどうしても重量過多になりがちですし、フィールドまでの行き来も車なら兎も角、電車等を使うと重量が結構気になるところなのでこの軽さは嬉しいです。ただ多数携行するために結構な金額が必要になりますが()






バンパーはゴムのような材質。強度も柔軟性もあるので地面に落下させても壊れにくいと思います(16Kのマガジンをあまりポイポイ落とす気にはなれませんが・・・)




底部のボンベのキャップ。何故かスタンダードサイズとロングサイズで閉めるためのネジ径が違う・・・






マガジンのスリット部。
スリットはマルイのように下部が広がってるわけでもなく、フォロワーがKSCのように固定できるわけでもないので、弾入れは少しやりにくいかも。
慣れたら問題ありません。



全体的にはとにかく重量感が印象的なマガジンです。
またマガジンボトムが柔らかめのおかげでリロードの際に落としても壊れにくい、はず(
なんというか実戦的なマガジンですね。この辺はトレポンを作ってるシステマらしさのようなものを感じました




ところでマガジンに使用するボンベですが、気になるマルシンから販売されてるタイプのものとの互換性。
見た目サイズは似通ってますが、放出口付近の山なり加減?がちょっと違います。
結論から言ってしまうと、使用可能です。逆にシステマのものをマルシンやバトンBSPにもそのまま使えます。

ただ、ボンベの形状の違いからか、マルシンボンベをシステママガジンに挿す場合、ちょっと強めに締め込まないとガスが噴き出したり、ブローバックが数発で弱くなったりしてしまいます。(最初この症状が頻発したため互換性が無いのかと思いました)
とくにどちらかを使う事で性能が変わるという事も無かったです。






5.1はちょっといじくり中なので今回は4.3で実射してみました。
撃ってみた印象としてはバトンのBSPに近い鋭いブローバック。BSPよりはちょっと遅めですがその分重みのある感じ。BSPと57の中間位かなと。
最初の内は少し作動が不安定で、フルオートになったりもしたのですが、マガジン側の放出パッキン辺りに注油すると安定して動くようにりました。




ただちょっと気になったこの放出側のパッキン。位置がしっかり固定されておらず上がったり下がったり前後に動いたり。
この為かわかりませんが、時折ブローバックが強くなったり初速が一気に上がる事がありました。
なんで固定してないのだろう・・・。


また、連射してボンベを使い切った直後に新しいボンベを挿すと、ボンベが一気に吹き出して大変な事になります(・8・)
説明書にも記載してあるのですが、連射した後はバルブが凍結状態になって開放されたままになってしまうので、温めてから再度使用してくださいとの事。
そういえばBSPマガジンでも同じ事を一度やった事があるのですが、なるほど・・・・。

マルシンのマガジンは圧倒的に使用歴も多い上に割とラフに扱ってたのですが、そういった症状を起こした事は今まで一度もなかったので流石だなと・・・。








3者揃えて撃てる弾数と、新品のボンベを挿してから10発を1秒撃って初速を見てみました(室温22度・弾はマルイバイオベアリング0.2g)




まずシステママガジン。
1ボンベで撃てる数は大体70発位。
ロングマガジンだと連射具合では2マガジン撃ちきれない事がありました。
ブローバックは撃ちきり付近までしっかり力強いままです。反面唐突に終わってしまうので、ゲームで使用するとマガジンの運用にちょっと癖があるかもしれません。
また先にも書きましたが、連射するとブローバックの勢いが突然極端に変動したりすることもあり、ちょっと不安定さが拭えませんでした。


初速はハイキャパ4.3で最初は73m/s程度。割と控えめな数値です。
また撃っていると一発ずつしっかりと初速が下がって行きます()
10撃っただけでも64位まで落ち込んでおり、フルロードして撃つと最終弾付近では55程度まで落ち込んでました。
スタンダードサイズ、ロングサイズどちらも同じような初速変化を見せたので仕様だと思います。うーん・・・。






続いてマルシンの57。

1ボンベで撃てるのが大体100発と少々というところ。試射した中では最も良い燃費。
ただガス残量が少なくなってくると目に見えてブローバックが弱くなり、気温や連射状況次第では閉鎖不良を起こしたりする事があります。
よく言えば切り替えのタイミングが分かりやすいとも取れますが。

初速は大体79〜83位。ちょっと初速が上下に乱れはしますが、大体安定してるので問題ないと思います。






更にバトンのBSP(ちなみに前回書いてたブローバックの衰退化は大分改善しました・・・)

1ボンベで撃てる数が大体約70発程。
こちらは最終弾付近までブローバックが強く、ギリギリまでしっかり撃てる印象。
撃ち味、燃費ともにシステママガジンと似たような印象。
ただシステママガジンのように作動が激変するような事はありません。

初速は3者中最も高く、大体83〜85程。初速の乱れが一番少なかったのはBSPでした。
ちなみにこの個体、販売元のHPに記載されていたホップ調整してないので10mぐらいで弾が天に舞い上がって行きます()
ホップ調整したらまた変わるかもしれません・・・





うーん・・・・・辛口になりますが、割と扱いがデリケートで不安定な上に重量面以外での性能では他社に比べて見劣りする点も多く、正直価格ほどの価値があるかと言われるとちょっと微妙です・・・・・個体差かも、とも言われましたが、価格が価格なので・・・。

個人的にはやっぱりマルシンが一番完成度高いかなぁと、マガジンの領収書を見ながら何ともな気分になっております(白目  


Posted by あんこ入り  at 23:39Comments(7)マルシンAPS CO2 ハイキャパCO2マガジン

2015年11月11日

マルシン CO2 FN57 FDE



ちょっと遅れながらやってきました、マルシンFN Five-seveN CO2のFDEカラー(∩´∀`)
個人的には黒単色の方が好みなんですが、現物見てみたら思ってたよりも落ち着いた感じでよかったです。









カラーリング変更はフレームと各部操作パーツ類が全部黒に。











ボンベ取り付けるところの蓋も黒になってました。
これは目立たなくなるので好印象◎





GUNSLINGER GIRLのトリノ原発でクローチェ兄弟が装備してたのもこのカラーですかね
ジャコモにはあまり効かなかったですが(´ω`)ふぇぇ・・





内部パーツの変更は特に無いと思います。
相変わらず他を寄せ付けない迫力のブローバック、発射音、耐寒性、そして優れた命中精度と飛距離で全く文句無しです。



前にも書いたと思いますが、マガジン(ボンベ)は冷凍庫にしばらく入れておいても撃てる程冷えに強いですが、本体のほうは極端に冷えてしまうと作動不良を起こしやすくなります



↑の動画のように、雪の中にしばらく放置して本体を冷やしてから撃つと、途中で閉鎖不良を起こすようになりました。

また、この製品に限った話ではないですが、極端に冷えてくるとスライドや内部パーツが破損しやすい傾向にあるので、本体はホルスターに挿しっぱなしにするよりも、パンツのポケットやポーチに入れて無駄に外気温に晒されるのを避けたり、セーフティでも冷えない工夫をする等で、快適な使用ができるかと思います(ただし過度な暖めも逆効果です)



ちなみにローカルネタですが、奈良のC.Q.B HORNET様でもマルシンのCO2ガスガンが使用可能になりました☆(・ω・ノノ゙☆パチパチ
これは嬉しいですね。

C.Q.B HORNET様のHP
http://cqb-hornet.com
レギュレーション一部改定のお知らせ
http://cqb-hornet.com/2015/11/597/


少しずつ使えるフィールドが増えてゆくと良いなと思います・・・!  


Posted by あんこ入り  at 23:49Comments(4)マルシン

2015年04月23日

マルシンCO2をBUDDYさんにて






少し前に岸和田CQB FIELD BUDDYさんにお邪魔した時の話ですが、
ゲーム数日前に、マルシンのCO2ファイブセブンの使用してもいいよーという話が出ていたので、早速持って行って遊ばせてもらいました( ´∀`)
もうガスブロを使っても十分に楽しめる季節になってきてたので他のハンドガンも色々持って行ってましたが、やはり頭一つ抜けて強烈なブローバック。

丁度他にも持って来てる方が複数名居てはりました(が、写真撮るの忘れてた・・・・orz)


個人的にBUDDYさんが一番好きなフィールドでよくお邪魔してるので、寒い季節でも心配なくガスブロを楽しめそうです・・・・・。



ただやはりこの間の話もありますが、CO2に関しては色々と複雑な背景を抱えてるのも確かなので、法律の遵守は当然ながら、フィールドに迷惑がかからないように守るべきルールはユーザー一人一人が認識すべき問題です。
使用を禁止しているフィールドも、ただ認識の問題で禁止してるわけではなく、取引上のしがらみ等であったりする場合もあるので、法的にいいからいいだろう!わけではないと思いますので・・・・・。





とりあえずBUDDYさんの話ですが、フィールドレギュレーションとしてCO2ガスガンを使用するにあたっては以下の事を必ず守ってください


・国内メーカーの製品(現状マルシン製品のみ)で初速制限をクリアーしているものに限ります。海外製の物は使えません。

・改造していない物であること(作動・性能に影響を及ぼさない外装パーツの交換や、塗装等は構わないと思います)





あと個人的に気になった事。




CO2ボンベの処理ですが、フィールドにポイポイほかしていかないようにお願いします(´⊿`)
もし普及して多くの人が使うようになったら、その辺にポイポイ捨てて行く人も出てきそうなので・・・・・なんかもうこれは人としてやめて欲しいです。


結局使う人次第で楽しい遊戯銃が、迷惑な物や凶器に変わってしまう事もあり、結果として多くの人が悲しい想いをする事になるので、そうならないように努めて行きたいと思います。。。。、  
タグ :マルシンCO2


Posted by あんこ入り  at 13:59Comments(5)マルシン

2015年04月02日

CO2ガス禁止?

マルシンから新製品でCO2のレイジングブルが出るようですね・・・・
正直CO2でリボルバーはちょっと予想してませんでしたが、CO2だと従来のグリップにボンベ内蔵タイプのリボルバーで不足気味だった初速が割と安定しそうで期待できますね・・・・。



今日はちょっとCO2について少し。



先日「CO2ガスの使用はダメと経産省から通達が来た」という発言がTwitter上で飛び出し実際に禁止にされたと思ってる人が散見されましたが、STGAの告知文でも再三出されている通り、低圧ガス用のマガジンにCO2をダイレクトチャージするのがダメと言ってるだけで、CO2自体をダメと言ってるわけではないので誤解ないようお願いしたいところです。
ヤ○ー知恵袋とか見てると未だにCO2=違法と思ってる人も少なくないですが、法律的に完全にアウトといえるものが、特許として認められるのでしょうか・・・?

仮に低圧ガスマガジンにCO2をダイレクトチャージしたとしても、ハンマーやバルブ周りに相応の改造を施さないとまともに撃発する事もできないでしょうし、根本的にはデ○コンのような悪質なパワーアップ改造する側を駆逐していくしかないはず。
炭酸ガスは過去の凶悪パワーのイメージが強くなんとなく信用できない・・・」という根強い意見も十分わかりますが、個人的には安易に内部の改造が施せなくなっているマルシンのCO2シリーズの方が、現状販売されているエアガンより寧ろ安全だと思うんですけどね・・・・。
技術革新で安全で楽しめる物を開発するところを全力で潰しにかかる姿勢はちょっと理解に苦しみます。

また単純に物理的な危険さえ回避できれば、環境の事等知った事では無いので、ぎりぎりまで使える物は使うという姿勢を続けて行く事が業界のイメージ向上につながるとも思えません。今一度熟考をお願いしたいところです。




批判ついでに話が逸れますが、先日のVショーでマルイのUSPコンパクトが発表されてましたが、いい加減ああいう他社煽りの宣伝文句載せるのやめてほしいです。HK45の時もやってましたけど。物は間違いなく良いのに、ああいうしょうもない皮肉載せて何が面白いんですかね・・・。
オンラインのFPSで煽り合いしてるクソガキを見てる気分で、かえって悪印象です。
純粋に物で勝負してくれればそれでいいと思うんですけど。














余談ですが、久々に撃とうと思ったらマガジン1本派手にガス漏れしてました・・・・・が、
シリコン吹いて放置してたら治りました・・・よかった。

前述したこととちょっと矛盾しますが、壊れるとメーカー送り確定になってしまうのはやや面倒でもありますね・・・・


参考文献

STGA広報
http://www.stga.ecnet.jp/stga_koho02.html
小林太三のコラム
http://www.taniokoba.co.jp/newpage1.html
asutamuse[マルシン工業株式会社 CO2ガスガンのボンベ支持構造]
http://astamuse.com/ja/granted/JP/No/5433727
おもちゃ狩り」訴訟第2審判決の研究
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004705960
警視庁HP モデルガン・エアーソフトガンについて
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/kenjyuha/modelgun.htm  
タグ :マルシンCO2


Posted by あんこ入り  at 16:49Comments(13)マルシン

2014年12月19日

マルシン CO2 FN57 耐寒性と注意点



たまには朝から更新ですおはようございます。


さむいですさむいです
例年より雪が激しく降ってるような?僕の住んでるところは毎年数えるほどしか雪降らないし、滅多に積もらなかったんですが、今年は初雪からいきなり結構積もってちょっとビックリしてます。事故等も増えてますので注意して行きましょう・・・・・

自宅庭にも積もるほど降ってたので、マルシンのFN57がこの環境下でどれくらい動くのか試してみました





気温1度の雪の中に10分程放置からの射撃( ’ω')
実銃なんかではこういうテストをよくやってますね・・・・・。

さすがに少し弱っており、初速も60mps台になってましたが、
他のエアガンで同じ事をするとハンマー落とした瞬間バレルから大量のガスを放出して死亡するのでさすがです。













ちょっと短かったかな?と思ったので、40分ほど雪の中に放置してみました(鬼畜)





あら?(´ω`;)

ブローバックは非常に弱々しくなり、数発撃っただけでスライドが後退しなくなりました。
またガスボンベは最初に10分放置した段階で大分少なかったので満タンのボンベと交換してから漬け込んだので(漬物みたいやの。。)
ガスが少なくて弱くなってるというわけではありません。

この後マガジンを常温の物と取り替えて射撃してみても数発で止まってガスを吹いてしまったりするので、どうも本体側が冷えすぎると厳しいようです。
ハンマーの動きが渋くなってちゃんと叩けてないのかな?

マガジンを冷凍してから射撃するという試みは既に色んなところで検証されており、僕自身氷点下でも難なく作動するかのようにちょっと誤解してましたが、冬場に運用する場合、本体側があまり冷えすぎないように注意した方がいいかもしれません。

それでも最初の動画のようにかなりの耐寒性能があるのも事実なので、既存のGBBほど神経質になる必要も無いと思いますが。。。
ゲーム等で使用する場合、セーフティに置いてる間は暖かいところに入れとくといいかもしれませぬ  


Posted by あんこ入り  at 08:12Comments(4)マルシン

2014年11月30日

マルシン57でゲームしてきました




先週の休みは大阪のカンパニーさんに行ってきました(n'¬')n
前回行った時に使おうと思っていたマルシンの57が壊れて使えなかったのでそのリベンジです・・・



この日はハンドガンのみで、一応予備にマルイM&Pも持参。案の定ぺこぺこブローバックになってたのであんまり使いませんでしたが・・・。




シューティングレンジでホップ調整もかねて命中精度を見てみました。
57はちょっとホップの加減に苦労する印象で、遠くまでまっすぐ飛ばすには結構入念な調整が必要。
ターゲットのサイズわかりませんが、20m程度ならほぼまっすぐ綺麗にサイト通り飛んで必中してくれますが、30m先のターゲットになると、ホップ調整がシビアになってきたり、横風にふられて逸れてしまう事も多く、やや不安定なグルーピング。

40mは・・・・届かないですね・・。

マルイのM&Pは30mでもほぼ必中、40mでも当てる事が可能で(そういえば箱出しからホップ調整もしてない・・)、マルシンの57より初速が20m/s位低いにもかかわらずこの飛距離と命中精度はさすがです。



しかしゲームになると寒さをものともしないCO2ガスの本領発揮。
他の参加者の方がガスブロ動かないと嘆きの中、一人でドカンドカン撃ってましたが・・・・た、たのしいっっ!
リコイルもさることながら、発射音もとにかく派手なので射撃感がたまりません(・8・)♪
一日ずーっと使ってても飽きる事がなかったです。

ちょっと気になった点といえば、ガスが切れかけの状態で次のゲームに持ち越してしまうと、途中で撃てなくなってしまったりするので、その辺の調整に慣れる必要があるくらいでしょうか・・・・あとは特に何も・・。

もっと使えるフィールド増えて欲しいですね(チラチラ




どうでもいいですが、歩いて行ったらバス停から結構な距離があってゲームより行軍で疲れ果てました・・・(  


Posted by あんこ入り  at 23:42Comments(2)マルシン

2014年10月30日

マルシンから57帰ってきました・・!




一週間ぶり、マルシンに修理に出してたFN57帰ってきました(・ω・)b
箱に修理内容とか請求書とか入ってなかったんですけど・・・無償修理なのか・・・?



あれ僕ボンベ入れて送ったっけ・・・・?もしかしてサービスで入れてくれたんでしょうか。




修理箇所は・・・・・これスライド一式新品になってますね・・・・・。
前回の記事にしたサバゲーにもっていったとき、M4のマガジンがポーチでぶつかって結構派手についてた傷がなくなっており・・・・・。これで発払い料金だけなのですか。うーん、、、マルシンのサポートはいいと言われるだけありますね・・。

個人的にはとても助かるというか嬉しいですが、そこそこ撃って壊れたわけですし、修理代とってもらっても全然構わないんですけど(;´v`)逆にその分社員さん達がくいっぱぐれてしまうんじゃないかとか思ってしまったり(余計なお世話ですな・・・  


Posted by あんこ入り  at 12:06Comments(1)マルシン

2014年09月08日

マルシンに問い合わせてみました



マルシンのFN5-7をゲームで使いたいと思ってる人は少なくもないようで、
既にこんな行動をされてるフィールドオーナー様も・・・・


SVGフィールドOasis様
「本日はマルシンに行ってきました!」
http://oasis.militaryblog.jp/e579000.html


自分でしっかり見極める為に行動してくれるフィールドオーナー様がいるのは、とても嬉しく思います。


安全か否かは勿論大事なことだと思いますが、
イメージや慣習で何でもかんでもNOを突きつける事は
極論を言えばエアガンという文化自体の否定にもなるような気がします。



まあこの辺の主張や議論は始めるとそれこそ記事100回ぐらい書かなくちゃいけなくなりそうですし、
この手の話に関しては割と前から常々思ってはいるものの、僕自身考えがあまり纏まってないのでしばらく様子を見ます。



とりあえずファイブセブンに話を戻しますが





個人的にも気になるマガジンの分解等に関して、マルシンに問い合わせてみました。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Q マガジンは分解できないのですか?


A 普通には分解できないようにしてある。壊して分解する事は可能だが再使用はできなくなる。


Q マガジンを落としたりぶつけたりしても危険は無いですか?


A 構造上フロンガスマガジンよりも衝突・落下などによる危険は少なく安全(だと思う)


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


他にも気になることはあったのですが、諸事情によりその辺は伏せておきます





実際そっちの方が聞きたかった内容なんですが、どうも契約絡みの話らしいので(おっと誰かきたようだ・・・・)



正直なところメーカー側がいくら気を配っても、
おかしなユーザーがいればそれだけで規制強化に繋がってしまうのはCO2に限った話ではありませんし、
ネガティブな側面ばかり見るよりも、色々考える機会にするのも良いんじゃないかと思います。



とりあえず僕の周辺のフィールドでも使用可能なところはチラホラあるみたいなので、
また使う機会があればレポートしますヽ(・∀・)
  


Posted by あんこ入り  at 01:20Comments(2)マルシン

2014年08月26日

CO2ガスガン普及のための問題点






CO2ガスガンをフィールドで使いたい!と思ったものの、そもそもサバゲーに行く暇がありません(;`д´)
来月くらいからちょっと落ち着くとは思うので関西で使えそうなところを探してみたいところです。


CO2の使用制限にあたって今のところ問題なのは、
やはり海外製のCO2ガスガンの流入についてだと思われます。

マルシンのファイブセブンが発売される少し前にも違法エアガンの所持で逮捕者が出て、
その中にCO2ガスガンがあったということを記事にしましたが、
実際ヤフオクなんかを見ても、海外製のCO2ガスガンが普通に売られてたりします(´・ω・`)

初速さえ抑えられてれば税関は通過してしまうのでしょうか・・・・?


マルシン(STGA)の物は重要なパーツは分解できないor分解すると壊れるようになってるということですが、
海外製のCO2ガスガンにはハンドガンでも2Jを超える初速が出たり、スチール弾を撃ちだしたりと、非常に危険なものもあります・・・。
いくらデチューンされていても、規制通過のためのデチューンなんて信用できたものじゃないので、
今のところ絶対に手を出すべきでは無いと思います。




ふとマルシンのCO2ファイブセブンのパーツリストを見てて気づいたのですが









放出バルブ周辺のパーツ記載がありません。
もうこの辺は絶対さわんなよ!って事なのでしょう・・・・・・・・
マガジンはCO2ボンベを直接収納する場所だけに、マルシンも相当配慮してるものと思われますし、壊れたら素直にマルシンに送った方がよいですね(´・ω・`)
  


Posted by あんこ入り  at 00:28Comments(5)マルシン

2014年08月23日

マルシンFNファイブセブンCO2をゲームで使いたい( `д´)




28本もあったボンベもとうとう底をついてしまいました・・・(;´д`)
また調達しなきゃ・・・・


正直こんな楽しいものが多くのフィールドで使えないというのはホント残念でなりません(´・ω・`)

僕はまだこの趣味に踏み込んで浅いので、CO2や規制の対象になったものを文面でしか知らないので、
このFNファイブセブンCO2をきっかけに、過去の事案も色々調べてみたりしましたが、
ユーザーの悪意ある改造やエアガン業界内の揉め事等々が絡み合って、一筋縄じゃいかないのかなと。。。。


色んな意見が聞きたいですね。
できればフィールドオーナーの方々にも働きかけていきたいなと思うのですが、業界にコネとか全く持ってないので()  


Posted by あんこ入り  at 00:27Comments(3)マルシン

2014年08月09日

マルシン57



色々新作ラッシュだったのでちょっと置き去りになりましたが、マルシンのFN57がホント楽しいです。
既にガスボンベ20本消費しましたが()今のところトラブルらしいトラブルも無く好調です。



調子にのってダミーカートまで買ってしまった(笑)

今年は良質なGBBハンドガンが豊作ですが、(個人的)エアガンオブザイヤーはコイツでほぼ確定なくらい気に入ってます(σ゚∀゚)σ


なんだかブログを見て買ったという方もチラホラいらっしゃって書いた甲斐がありますww

まあFN57自体があんまり好きじゃないとか言う辛辣な意見も聞かれましたがそれはどうしようもないですハイ・・・( ´д`)
FNP(FNX45)とかで出してくれたらもっと人気でそうなんですが。




あとこの銃特有の楽しい(?)ポイントがありまして。。







ちょっとわかりにくいかな?

ガスボンベを新品に換えた時に割りと盛大にエジェクションポートからガスを吹くんですが、
銃口からもガスがふわ~っと出てるのが光の加減で見えるときがあって、これが硝煙っぽくてかっこいいのです!www

あ、当たり前ですが、くれぐれも銃口覗かないようにしてくださいね(;・д・)  


Posted by あんこ入り  at 00:18Comments(4)マルシン

2014年07月22日

マルシン・FN57 CO2の実力





はいこんばんは。






マルシンのファイブセブンが本当にとても楽しくて、ガンガン撃ってたらいつの間にかガスボンベ6本も消費してました・・・・・・・




25本もあれば1年は行けるんじゃないとか思ってたんですが、この調子だと1ヶ月持たない・・・・・(^ v^;)
CO2ボンベは品切れさせないようにして欲しいですね。




あ、ネットを見てたらガスが残ってるのにマガジンからボンベを外そうとして驚いたとか言ってる方が居ましたが、
説明書にも記載してあるとおり非常に危険なので、必ず撃ちきってから外してくださいませ・・・・






ちなみにガスボンベも満タンの頃はこれくらいの初速ですが







ボンベ残量が無くなりかけになってくるとこれくらいまで下がってきます。
と言っても、無くなる直前までは極端に初速低下したりしないのでご安心を。











命中精度に関しては僕の腕前的な問題で、あまり触れるつもりはなかったんですが、少しだけ。
プロキャッチターゲットしか手元になかったので、記録に残せてないんですが、
5mの距離からなら中心の赤丸(1.5cm)にしっかり纏まる程の命中精度です(;`д´;)


なんかマルシンの銃はまっすぐ飛ぶ方がおかしいとか聞いてたのに何ですかねコレ・・・。

シューティングとかにも良いんじゃないですかこれは。多分。わかんないです。(適当


今のところトラブルとかはありませんヽ(・∀・)ノ
これはマルシンの皮を被った何かかもしれませんね

















余談








マルシンの57の新次元感覚により、
数日前に届いた元祖新次元君は既に部屋の置物と化してしまいました・・・・・・・・・・(^v^)  


Posted by あんこ入り  at 16:26Comments(7)マルシン

2014年07月21日

マルシン 】 FN Five-seveN CO2 4







はいこんばんは。

マルシン渾身のファイブセブンですが、どうにも記事ではブローバックの強さがいまいち伝わりにくいので、
どうやったら上手く伝わるのかと色々考えてみたところ









缶を弾き飛ばしてみる実験をしてみました(小並発想)

比較対象は、KSCのHK45HWとマルイ最強のリコイルを誇るデザートイーグル。
順番はHK45→DE→FN57。

FN57だけ外側のハンマーが無いので、ハンマー分を缶から離して当ててます



HK45よりは明らかに強烈なのはわかりますが、DEととの差がいまいちわかりにくいので、
メジャーを置いて計測。





缶なので飛び方にちょっとムラがありますが、誤差など気にならないくらいFN57は良く飛ばせますwwwwww


実際の飛距離は
HK45が約20cm~40cm
DEで約90cm~130cm
FN57は2m以上  というトコロでした。


てかコレで顔面近づけてクリーンヒットとかしたらガチで大怪我しそうですね・・・(滝汗
くれぐれも安全にはお気をつけて、どうぞ。  


Posted by あんこ入り  at 00:24Comments(8)マルシン

2014年07月20日

マルシン 】 FN Five-seveN CO2 3






調子に乗って3回目の以下略


いやこれは久々にブログにUPしたくなる楽しい代物です。





昨日書いた弾道に関してですが、HOPを強めにかけたら遠くまで伸びるようになりました。
細かい命中精度でマルイと比べてどうとかは僕では判別しきれないので、マック堺さんの動画を待つとします()




通常分解して、スライドを見てみましたが、正直あのリコイルでこれ大丈夫なんかいなと思わせる内部構成(・∀・;)
マルイのファイブセブンは金属のインサートがガッチリ詰まってましたが、こっちはかなりプラプラしてる印象。

バレルを外そうとした時にギシギシ鳴ってたのでちょっと怖いです()




ホップ調整ダイヤルはチャンバー下のダイヤルを回します。
ちょっと硬いので、スライドからバレルを外さないとちょっと操作しにくいかも。




さて。


CO2ガスの特徴として、温度変化に左右されにくいという利点がありますが、
連射に弱いという欠点もあると聞いていたので、実際連射してみてどれくらいブローバックが弱まるのか試してみました。




マガジンにマルイ用のフォロアーストッパーをつけて、ボンベ新品の状態で撃ってみます






三十数発撃ってますが、ブローバックは強いまま。
後半遅くなってるように見えるのは指が疲れてるだけです()






さらに三十数発。(1回めの動画から10秒後位に撮影)
こっちは後半割りとヘロヘロになってきてます







その後(2回目の動画からこちらも10秒後)
このままボンベは空になりました(´・ω・`)

80発くらいしか撃ててないので、大分無駄にしましたな・・・・・・










このときマガジンを見たらボンベが凍結して霜張ってました(・∀・;;)
凍傷を起こす場合もあるので(説明書にもかかれてます)、過度の連射はやらないほうが良いですね







あともう一つ気になったのが、WAのマグナみたいに逆さま向けて撃てるのかというところ。






早速やってみましたが





ガス吹きまくり・・・・・・撃てるには撃てますが、
30発そこらで新品のボンベが空になりました(つд`)

これは本当にやらない方がいいです・・・・・・・・・・・・  


Posted by あんこ入り  at 16:20Comments(0)マルシン

2014年07月19日

マルシン 】 FN Five-seveN CO2 2




調子に乗って本日2回目の更新です



とりあえず前記事で質問頂いた件から少し。



>マガジン重量について








マガジン一本ボンベ込みで約460gです・・・・・!?

マルイのMP7マガジンより重たいと言えばどれほどの物か実感していただけるでしょうか・・・・・・
本体の方が軽いですwww

また改造防止や事故防止のためか、他社メーカーのガスガン用マガジンと比べても、めちゃくちゃ頑丈な印象です。





ちなみにマガジンは23発ロードできます・・・・が、
マルイマガジンみたいに下からザーッと入れたり、KSCマガジンみたいにフォロワーを下でロックして手軽に入れたり、
そういった配慮は皆無なので、リップ部分も軽く入る感じではないのであまり入れやすくはないです・・・・






>初速はどれくらいか



僕も気になってたので早速計ってみました。






おおっ?!結構高い。
ハンドガンとしては最も高い部類かと思います。


CO2は連射に弱いということなので、1マガジンフルロードして1秒置きに撃ってみたところ








最終弾付近でこんなところ。
割りと下がってはいますが、それでも高いレベル。









どれくらい冷えに強いのかも実験してみました。
1時間、4度の冷蔵庫で寝かせてます






キンキンに冷えた状態。手に取ると水滴がついてました()

真冬ならこれくらいの冷たさになる時もありますが、
この冷たさだと普通のGBBハンドガンはろくに動きません。








実射してみたところ、やや低下はしたものの、ガスハンドガンとしては十分すぎるレベル。
ブローバックも少し弱くはなりましたが、それでも標準的なGBBハンドガンより強い位。

マガジンの外装が10度位になったら、また普通に強烈なブローバックをするようになりました。
うーん、これはスゴイぞ




ちなみに加熱は絶対するなということなのでやりません(・8・)




昼間に少しだけ庭で撃ってみましたが、15m程でわずかに弾がドロップしてました。
まあHOP弄ってなかったので、実射性能に関しては後日試してみるとします。  


Posted by あんこ入り  at 23:33Comments(6)マルシン

2014年07月19日

マルシン 】 FN Five-seveN CO2





改めてマルシンのFN Five-seveN CO2ガスブローバックです∠(゚Д゚)/
パッケージはこんな感じ。マルシンのHPのデザインと同じですね。








本体に加えて、マガジンとCO2ボンベが3本付いてきます・・・・




あと予約特典として







じゃらじゃら入ってた(・∀・;;)

しばらく安泰ですね・・・・・・・・



パッと見と手に持った感触はマルイ製と良く似た感じですが、

マガジンがやたら重い(;`д´)









外観賛否両論あるFN57だけど、ホールドオープンするとめっちゃかっこいい銃だと思う。。。
同社のフロンガスモデルと違って、バレルはマルイ同様メタルアウターになってよりかっこよくなってます(・∀・)b







まあ外観とか今更なので早速撃ってみます。
マガジン底部の蓋を専用のツール(なぜかFN刻印入り)で外して、CO2ボンベを挿し、蓋を閉めます。







早速実射してみた印象としては、前評判通りの強烈なブローバック・・・・!



その凄さを伝える為に動画も撮影してみたんですが・

















(何が凄いのか全く伝わらない)



もー・・・こればっかりは実際撃ってみて下さいとしか。

少なくともこれと同等以上のリコイルを持つブローバックハンドガンは現状無いってくらい強烈です。
撃ってると手が痛くなってくるというのもまんざらではなく、ホントに痛くて、しばらく撃ってると痺れてきます(((・ω・))))
発砲音も派手でかなりテンションあがります。


あと発射した後に、毎回何か焦げたような匂いがするんですが、これってCO2ガスガン特有の匂いなんでしょうか・・・・?




まさか実包・・・・?!()


何はともあれ是非一度撃ってみて欲しい銃ですコレは。  


Posted by あんこ入り  at 16:11Comments(5)マルシン

2014年07月19日

マルシン CO2 FN57



マルシンのFN57キタ──ヽ('∀')ノ──!!

久々にテンションの上がる代物です。
詳細はまた後程

  

Posted by あんこ入り  at 14:01Comments(0)マルシン

2014年06月24日

CO2ガスガンへの素直な不安







殺傷能力あるエアガン"所持" 男ら4人書類送検






うわー・・・・これ海外製のCO2ガスガンがありますね・・・・・・・・・・(;´д`)
戦争映画大好きにしても日本で合法的に手に入る精巧なエアガン・モデルガンがいくらでもあるのに、
なんでわざわざこういうものを買ってしまうのか・・・・




マルシンのCO2ガスガンが出る直前でこういうニュースは嫌な意味でタイムリーです。

また、こういうニュースの有無に関わらずちょっと個人的に心配してるのが、


CO2ガスガンの使用を許可してないフィールドが結構多い(;∀; )



自分が行くフィールドのレギュレーションの大半がガスガンのパワーソースは低圧フロンガスのみ、としてるところが多く、
せっかく冬場に使えるガスガンを手に入れてもこれじゃあ・・・・・・・・・・・(´・ω・`)

マルシンも法律に対して念入りに対処してるみたいですし、なんとか許可してくれないものかと思いますorz



んで、また発売日伸びてますけど結局いつ発売なんですか(迫真)  


Posted by あんこ入り  at 00:58Comments(5)マルシン