スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年06月28日

CZ75に割れ対策してみた



ガス缶1本丸々使い切るほどは撃ち込みましたが今のクラックとかも無く元気です。KSC CZ75 1st HW。

割れるんだったらまたリアサイト付近からかなと思ってたんですが、スライド前方からクラックが出たという話があったので、一応予防策施してみました。





ここから割れるっぽ。
まあKSCに限らず他のメーカーの銃でもよく割れる箇所なので。。。
CZ75 1stは2ndより薄くなってるのでその影響もあるかもですね。

ということで予防策を幾つか。


1・シャーシにぶつかる時の衝撃を緩和する



シャーシとスライドの接触部分に、カットした衝撃吸収シートを瞬着でぺたり。安定の雑工作。
押し付ける側にしか力がかからないので、変なところに接触するような貼り方しなければ瞬着で十分保ちます。




マルシンのCO2 FN57なんかもリコイルガイドに分厚いゴム塊がついてて衝撃を緩和してます。それでもよく壊れますが
WAの最強リコイルを誇る、クーガーもバッファー入ってるので多分有効、有効だと思いたい。

ただシート貼った分のストロークは短くなってしまったり、スライド引いたときの音も「カキン!」じゃなくて「むにゅ(ノ)・ω・(ヾ)」ってなってしまいますが。


2・リコイルスプリングを強くする





スプリングのテンションが弱い方がなんとなく銃に優しい感じがしますが(僕も前はそう思ってました)

テンションが弱いと後退速度も速くなってしまうので、圧が高まる夏場なんかではシャーシとぶつかる時の負荷が大きいと思います。
かといってテンションを安易に強くしてしまうと、ブローバック時に後退しきれず、スライドストップがかからなくなったりの弊害も。

圧の変化が多いフロンガスのGBBは本来気温に応じてスプリングを変えた方がいいはずなんですが、なかなかそのライン引きが難しい事やコストの関係もあるのでメーカー側はある程度のバランスを保ったものにせざるを得ないのではと思います。

とりあえず最近KSCの製品全体的にスプリングが弱い傾向がある(スライドストップを気にしてる?)ので、少し強めの物を・・・・。




社外品があればよかったんですが、見つからなかったので家に転がってる外径が同じスプリングを幾つか見繕って適当なものをチョイスしました。
何用だったっけこれ・・・マルイの何か用のやつです(多分226用社外品)

ノーマルの板バネスプリングより少しテンションが強くなったので、引きがやや重くなりましたが、戻りのキレがよくなったので部屋でカシャカシャする分にはこっちのが楽しい(ノ)・ω・(ヾ)

ブローバックは少し速くなったかな?
冷えてくるとスライドストップがかかりにくくなりますが、夏場はこれでいいかなと。



3・温めすぎない



何を今更()という感じですがコレ意識してから殆ど破損しなくなりました。
人肌より温めないでね、とは説明書にもありますが。
特にKSCの製品に限った話ですが、炎天下でパワーがあがってハンマーがバルブが叩かない!なんてことはなく、結構容赦なく叩いてしまってべらぼうなパワーになったりするので、意識して温めすぎないようにしてます・・・よりパワフルなブローバックを求めたくなる気持ちはありますけどね〜(ノ)・ω・(ヾ)
今の季節、日向に放置したりすると結構ヤバい温度になってる事があるのでご注意くださいまし。



まあ対策したらしたで違うところに負荷がかかって違うところが逝った、なんてのもよくある事なので、くれぐれも自己責任でお願いします(;∵)  
タグ :KSCCZ75


Posted by あんこ入り  at 23:42Comments(4)CZ75KSC

2017年06月24日

KSC CZ75 1st HW





昨日届いて早速ブログ書くぜーとか意気込んでたんですが気付いたら朝でした( ⊂ ´ω`)
おはようございます。

ということでついに来ましたKSC CZ75 1st HWモデル。






やはりこのスタイリッシュですよ!(日本語

2ndの肉厚マキシマムな感じも好きですが、1stのこの余分な物を削ぎ落としたデザインが素敵( ‘ω’)

HW化された事でスタイリッシュながら手に持った時のズッッッシリ感も加味。
それにしてもKSCのHWはいつもながら独特の匂いがしますね。匂いだけでどこのメーカーか区別がつくようになりました(?)






気になる湯ジワは、どうだろう(´・ω・`)?
写真はちょっとわかりにくいですがフレーム側面がちょっと気になるかなー程度。個人的には許容範囲。226よりは全然ましです
HW素材はABSみたいにツルツルしてないので、グリップした時の握り心地も良好。





相変わらず美しいシルバーメッキのバレル。
KSCのこのメッキ本当綺麗です。インナーも黒染めで目立たなくなってるので雰囲気は素晴らしい( ˘ω˘ )





スライド・フレームにも艶のあるABSモデルより、HWのほうがバレルが映える気がします。まとまりがあるのはABSのほうだと思いますが。






スライド引いてみる。
初弾装填時が結構重い( ゚д゚)
多分スライドの重量アップによるものかな?何かひっかかるような嫌な感じの重さではなく、良い感じの重さ(伝われ)。
ちょっとモデルガンっぽい。あんまり軽くカシャーンって引けてしまうよりはこっちのが好きです。

ただ戻る時は少しモサっとした戻り方。もうちょっとスプリング強くてもいいのでは。



早速何発か撃ってみました







うおおおおおおおおリコイル強ぅぅ。



ABSモデルの超がつくほど軽快で俊敏なブローバックに対して、明らかにズドン!という手応えの強さがあります。
しかし遅いなんていうことは決して無く、相変わらず抜群のキレを持つトリガーにも追従するスピーディなブローバックなので速射がすこぶる楽しい。
派手に連射しまくってもなかなかパワーが落ちない安定感も素晴らしい。

1マガジンだけ撃って箱にしまっておくつもりが気付いたら何回もマガジンガスチャージして遊んでました(´ー`)
いいんじゃないですかこれは。。。。これはオススメのモデルです







あとはまあ本体と関係ない話ですが大分品薄っぽい?
ショップさんから入荷連絡が来た直後売り切れと表示が出てたり、前回のABSモデルの時同様すぐ無くなってしまいそうなので、欲しい方はドウゾお早めに。。。  
タグ :KSCCZ75


Posted by あんこ入り  at 08:10Comments(7)CZ75KSC

2017年06月18日

CZ75




やっときた・・・・大分引っ張るからもう出ないのかとおもっt

もう覚えてる人も少ないかもしれませんが当ブログとは因縁浅からぬKSCのCZ75 1stバージョン
例の記事は色々考えて大分前に非公開にしましたが、たまーに読み返して我ながら「うわぁ・・・」とか思ったり。
僕もTwitterのアイコンみたいに大分角が取れてしまった気がする(´0`)まあ色々ありますわな

先行して発売されていた2ndのHWモデルは質感・性能共に非常に良い出来でコレと行ったトラブルも無かったので普通に楽しみです。
何もなければいいですが(フラグ



最近よく見てるヴィッカーズおじさん。
動画見てて思い出しましたけど、何年か前のショットショーでKWAがフルオートCZ75の展示してたのは結局ポシャっちゃったんですかね・・・・  
タグ :KSCCZ75


Posted by あんこ入り  at 15:42Comments(3)CZ75KSC

2017年04月30日

KSC P226 ②

GWってなんだよ( 'ω')こんばんは

再販かかってたので便乗してKSC P226 HWの小ネタとか。


流石に再販分まで買ったりはしてませんけど、ショップで見せてもらった個体のスライドは大分綺麗になっており。

初回買ったマンとしてはなかなか複雑な気持ちですけど、そのまんま再販されてるよりは良いかなとか...そもそもサバゲで結構使っちゃってるので傷だらけだし んん( ˘ω˘ )





はい。
カスタム言うほどの事もしてませんが、スライド引いて戻した時のモショッ、シュコッとした感じがあまり好きじゃないので、リコイルスプリングだけ交換。。シャキーンがいんですよ!


サドパ探すのも安くないので家に転がってたスプリングからいくつかチョイス。

径がぴったりなものがちょっと見当たらなかったですが、KSCのSTI用、それからマルイの226用が、どちらもわずかに径が小さいものの使えそうな感じ。

STI用はかなりシャキッとするようになったけど、ちょっとテンションが強すぎてしっかりあったまってないとスライドストップがかからず。スライドストップが中途半端にかかったりするのがノッチ削れの1番の要因なのでこれはちょっとスルー。真夏用かな?

マルイ226用社外スプリング(メーカーは失念)の純正より強めのやつ..確か120パーセントくらいのやつが強すぎず弱すぎず、ブローバックも俊敏になって丁度いい感じ。
KSCの純正スプリングは冬用というか、前述のスライドストップの半がかりによる削れを避けるために弱いのにしてるのかなーと( ˘ω˘ ))))




あとこれ!
例のちん○グリップから実グリップに換装しました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
ホーグのやつはすこぶる握りやすいんですが、ちょっと手の小さい僕にはレバー類の操作がきびしいんですよね...。
実グリップはグラスファイバー製でシボ加工もしっかりしてて手にピッタリフィット。
ただグリップした時の安心感はホーグの方が格段にいいですね。右手が覚えてる感じです(黙れ

実グリップとKSCフレームのグリップスクリューの位置が微妙にあっておらず、僅かに穴を広げる必要が。ホーググリップの方も何か削った跡がありましたし。

家撃ちやサバゲで結構バシバシ撃ち倒してますが、改良型エンジンと謳ってるだけあってブローバックの安定感や実射性能はすこぶるいいです。
重量感も抜群で所有欲は高いのでスライド綺麗になってるなら素直にオススメできそうです。

僕のも綺麗にしてくれ....( 'ω')  
タグ :KSC.P226


Posted by あんこ入り  at 21:50Comments(4)KSCP226

2017年03月28日

KSC G19 HW



もうちょっと早くというか17よりこっち先に出して欲しかったかな!

KSC G19 スライドHW
以前からラインナップされていたG19にもいくつか種類はありましたが(カタログ上には)、今回のは先に発売されていたG17に続くスライドがHWとなったモデル。フレームはABS樹脂。



今回のモデルはオーソドックスなGEN3

KSCのG19はフレームがHWとなっているモデルもありましたが、実銃が樹脂なのにHWなのかという声も少なくなかったのでは。

オールHWのタナカグロック(モデルガン)も持ってますが、あの質感好きなんですけどね_(:3 」∠)_
そのうち中古でフレームだけ手に入れてオールHWにしてみたいところ





無刻印なのはやっぱりちょっと寂しい
KSCでも17用はGuarderのがあるみたいですが19用は見当たらず





17もでしたが、プラスチックながらアウターバレルが特に綺麗で印象的。ライフリングも美しくインナーも黒染めで目立たず◎
スライドには17同様先端に金属の補強パーツがインサートされてます。



ブローバックエンジンは従来型同様の負圧式。システム7という表記は無いけど実質システム7?システム7の定義がよくわからない()

エキストラクターは一体型のモールドながら、装填された時のように少し飛び出した造形でリアル感が演出されてて良いですねʕ•ᴥ•ʔ



コッキングインジケーターもしっかり再現。
トリガーが角ばってるというか、指をかけた時にマルイのグロックだと平面的に指にタッチするところ、KSCのグロックは尖った感じで当たります。
トリガープルはハンマーが落ちる辺りでグッと重くなる実銃っぽさが演出されてるように思います。




内部パーツ、ブリーチがHW専用品になってるらしいですが元々がどんなのか知らないのでどう変わったか不明_(:3 」∠)_

そのうち従来モデル買ったら見てみます



お気に入りのKJ G19と並べてみましたり
純正部品がスライドとマガジン以外あまり残ってないのであんま参考にはならんのですが。
こちらもスライドHWなので重量感は似たり寄ったりというところ。



KSCは実寸らしいですが確かにKJの物と比べると所々細身になってるような。握った感触も少し細く、VFCの物と同じような握り心地。




擊ち比べ。
KSCの方が元気な感じ。マガジンあっためるとコンパクトながら結構重みのあるリコイルが楽しめます。17よりもコンパクトなおかげかキビキビしてる。

初速がこのサイズとしては結構高く、75m/s前後をマーク。35度くらいにすると80m/s程にまで上がった。最新のチャンバーで弾も綺麗によく飛ぶので、サバゲーでも十分使えそう。

ただ最新のGBBに比べると少しもっさりした印象は否めず、新鮮さは薄いかなと。STIシリーズ位のパワフルさがあれば満足できた気がする。



ガッツリ撃ち込んでみたけどトラブルらしいトラブルも無く、刻印類を除けば総じて完成度は高いと思います。

ただオーソドックスなモデルだけに、安定供給をしてほしい...というかもっと早くにしていて欲しかったですね_(:3 」∠)_

HWスライドという利点はあるものの、マルイからも発表されたG19はリアルサイズ化、中身もリニューアル(予想ですがシリンダー大口径化とか)の予定と結構気合が入っているので、ユーザーの多くはそっちに流れてしまうだろうなぁというのが正直なところです_(:3 」∠)_  

Posted by あんこ入り  at 15:01Comments(12)KSCGLOCK

2017年02月28日

KSC G17 HW





正直もうKSCってグロックシリーズ出して来ないと思ってたんですよね。
一時期GEN4出すみたいな話もありましたが、結局音沙汰もないし国内のグロック市場はマルイが制圧しつつあるしーで、もうないだろと思ってたところに、またG17ですか?って感じもしたんですが、一回Kグロを触ってみたい気持ちもあったので買ってみました。HWってのもあるしね。



で、HWというと前回のちょっとコレ





226の仕上がりがちょっと引っかかってたので、その辺どうなってくるかな?という気持ちもありましたが





グロックは綺麗でした_(:3 」∠)_ヨカッタ




結構いいんじゃないですかね。




刻印がちょっと色々残念な感じですが。
そこまで刻印にこだわってるわけじゃないのでいいんですがグリップ部分何もナシっていうのはちょっと寂しいデス
KJみたいにデカールとかでもいいので何かして欲しかったかな。潔いとも言えるのか。うーん




説明書見て何か違うのかなーと思ったんですが、G17HWパーツの記述が無く、補足説明書もなかったのでG17HWのパーツナンバーわからんのですけどKSCさん_(:3 」∠)_




とりあえずリストになかったパーツが、スライド前方裏側の金属パーツ。これで耐久性を向上させてる(らしい)
これのせいだと思うんですが、スライド引いたりリリースしたりするときに少し「キン!」っていい音が鳴ります。
お座敷だとこういうのは嬉しいですね。








スライドの質感はタナカのグロック(モデルガン)とよく似てます。フレームはタナカはHWなのでちょっと違いますが。
両者ともスライドとフレームに少し隙間が空いており、実銃同様リコイルスプリングが少し見えます。
KJのG19も隙間が出来てたんですが、あれはフレームがちょっと歪んでて出来てる変な隙間で・・・KSCとタナカは真っすぐ綺麗な開き方。
KSCが一番前後差が無くて綺麗な感じです。



軽く撃ってみましたが、最初異常にペコペコしたブローバックで「壊れてるのか???」と思いましたが注油したら治りました(
マルイのグロック程のスピード感は無いですが、ドン!ドン!と結構重みのあるブローバックで、お座敷で撃つには中々楽しいタイプ。
ただ226もそうでしたが、ちょっとリコイルスプリングが弱いような。
最近のKSCの流行なのかな_(:3 」∠)_




っていうかグロックばっか増やしてどうするんだ・・・・・()  
タグ :KSCG17


Posted by あんこ入り  at 17:35Comments(2)KSCG17

2016年09月28日

握り心地がいいという表現なのはわかります

KSCのP226、早速サバゲーで投入してきました



僕はよくセーフティかけたまま撃とうとしてしまう万年NOOBなので、トリガー引けば撃てる安心感は良いですね(´∀`)
ホルスタードロウからダブルアクションで撃っても、とにかくスムーズなトリガーのおかげで全く苦になりません。

初速は75位でしたが、20発撃ってみても誤差1m/s内という優れた安定感。
そのため弾道のバラツキも少なく、30m程度の距離でもグルーピング良好に感じました。
終日撃ちっぱでしたが、動作不良や故障も無かったです。

あと、他の参加者の方がちょっと触ってみたいというので握ってもらったら





「自分のち◎このような握り心地だ」



という最高の賛辞を頂・・・・・賛辞・・?








余談ですが、リコイルポンくん、早速リコイルユニットが壊れて動かなくなりました(ー人ー)チーン





まだ1000発も撃ってないと思うんですけど・・・耐久性すごいとか言ってませんでしたっけ・・・  

Posted by あんこ入り  at 16:21Comments(5)KSCP226

2016年09月20日

KSC P226R ②







KSCのP226Rちょっと使い込んできました。多分1000発ぐらいは撃ったかな・・・
言うてインドアと部屋撃ちでしか使ってないので、あんまり遠くの弾着とかはわからないですが、弾はかなり綺麗に飛びます。





改めてブローバックについては、特に「コレはすごい!」って感じではないんですよね。
同社のHK45HWと比べてみても、割と落ち着いてるというか。
ただ連射してスピードが落ちるという事が殆ど無いせいか、結構ずしっとくる感触のせいか何故か不思議と安心できるブローバック。よくわからないです()









今回は内部と気になった点を少し







まずスライドストップ。HWなのでABSモデル程削れないとは思うんですが、前回の記事で「ブリーチの前部がスライドストップの内側部分に当たって削れ防止になっている」という旨のコメントをいくつか頂いて見てみたんですが、確かに当たって







当たって・・・・・ないような・・・・。
確かに干渉する位置関係にはあるんですが、当たる寸前で止まってしまっていてコンマ数ミリ程隙間があるような・・・。
切りかきが少し削れたら当たるようになる仕様?(なんだその謎仕様)よくわかりません(´ω`)







ほっぷちゃんばー
パッキンのバリが酷い
まあ実際手前側のバリがそこまで弾道に影響するのかはちょっと疑問ですが一応除去

チャンバーは板バネでパッキンを押す最新のタイプになってます







ブリーチも分解してみました。

あれ?リターンスプリングどこいった???






KSCのシステム7エンジンてこういう風に外側にリターンスプリングがついてる筈なんですが
(撮影用の予備パーツなので1本しかついてないですが実際2本あります)






と思ったら中に入ってました。
他のKSCの銃でこのタイプは見た事無いんですが新設計なのかな?







実際僕も何度かやった事があるんですが、ブリーチを組み込む時にスプリングが外れてイライラしたり、スライドの中で変に噛んだりして変形させてしまったことがあるのですが、これならそういう心配が無さそうで◎











あともう一個、マグキャッチ。

これも前回コメントでフレーム部分が破損したというコメントを頂いたので、ちょっと耐久テストというか







がっちゃんがっちゃん

300回くらいはやったと思いますが、特に問題は無かったです・・・個体差?
ただゆっくり差し込むとかかりが悪く、いきなりすっぽ抜けたりするので、差し込むときはスコッと入れる方が良さげ。







どうしてもちょっと湯皺とか細かい再現度で疑問符もある銃なので賛否両論でるとは思うんですが、実際手に取って触って撃ってみるとすごくなんか好感度高いんですよね・・・・・謎い銃だ・・・・。


  
タグ :KSC


Posted by あんこ入り  at 01:05Comments(6)KSCP226

2016年06月23日

KSC MASADA しばらく使ってみて

なぁんでみじゅのにゃかでもぉいきができるのぉお


こんばんは( ’ω’)
暑くなってきてガスブロの季節ですね。

まあ暑いのはいいんですけど、マガジンをチュンチュンに熱くなるくらい温めてる人をちょいちょい見かけるんですが、金属を触って「あつっ」って感じる温度って実際50度とか60度くらいになってる事が多いんですよね。お風呂とかのイメージのせいか40度くらいと思われがちですが。
ガス缶の取り扱い説明文に書いてある上限40度って金属の表面温度にすると意外とぬるく感じられる温度なので、熱っ!って温度は、もうかなり危険水域です。
メーカーの想定を遥かに超える圧がかかるので製品によってはバルブが叩けなくなったりしますが、海外製のガスガンとかになるとえげつないパワーが出てしまったりする事もあるので。。。。

実際ガスがたっぷり入った缶を直射日光下に放置して爆発させたという事案を見た事があるんですが、ちょっとした爆弾?と思えるくらいの破壊力があって本当危ないので注意して欲しいなと・・・。
正直夏場に無理にあっためる必要は無いと思います。。。。



前置きが長くなりましたが本題のマサダさん





ちょっとマルイのMWSのおかげで影が薄まってしまったような感じはあるんですが、個人的にMWSに作動面で真っ向から対抗できる数少ない長物GBBかなと・・・・結構愛用してます。

ブローバックの強さとかサイクルの早さではMWSのほうが大分際立ってるんですが、射撃時の金属音、発射音はMASADAのほうがかなり派手で、こっちはこっちでまた撃っててすごい楽しいです。正直キャラクター性が違うだけでどっちが優れてるとは言い難い感じ。
冬場でもしっかりガツンと動いてくれてます。。





そんなMASADAですが、先日ゲームで使ってたところ










気がついたらチャージングハンドルがなくなっていた( 'ω')ファッ



これ前にチャーハンが飛んで行ったというコメントを頂いてて、ガチャガチャ前後に動かしまくったら抜けるというのは自分でも確認してたんですが、まさかゲーム中の操作程度で無くなるとは思ってなかったのでちょっと油断してました・・・・








その日たまったま他のプレイヤーさんが運良く見つけてくれてはったんですけどね・・・
こういう鍵のような形状なので普通にひっぱっても抜けないんですが、噛み合わせ次第ですっぽりぬけてしまうのかな・・・?

自身でもMASADAを所有されてる方だったので、見つけてすぐ気付いて頂けたようで・・・正直かなり運が良かったです。
本当ありがとうございましたm(_ _)m


もしフィールドでこんな鍵みたいなのが落ちてたら拾ってスタッフまで届けて頂けると誰かが救われるかも知れません・・・・()  
タグ :KSCMASADA


Posted by あんこ入り  at 00:24Comments(10)KSCPTS MASADA GBB

2016年03月07日

HK45CT・・・!

待ってましたというところですHK45C・・!




先日VP9がVFCからUMAREXブランドで出るという報があったばかりですが、引き続きHK好きには嬉しいニュース・・!

海外のサイトでVFC製造では?という話も出てましたが、





マガジンリップ周辺の構造が




KのHK45と酷似してるので多分KWA製造だと思います( ´ー`)HK45とかUSPCのパーツ流用もしやすいしね・・・
リアルなVFCもいいですが、個人的にはHK45やUSPシリーズとマガジン共有できそう&国内仕様も出ると思うのでKだと嬉しいところ。
VP9も早々に出てきそうなので楽しみです・・・!  
タグ :KSCHK45CTKWA


Posted by あんこ入り  at 16:47Comments(7)HK45KSC

2015年10月25日

KSC HK45 HW

前回の記事が妙に反響あって困惑しておりますあんこ入りですコンバンワ(’ω’)すいませんなんか適当な事書いてね。はい。







まあそんな事はさておき()
今日はかなり久しぶりですが、KSCのHK45HWモデル。

時々ゲームでも使ってるんですが、少しずつ寒くなってきましたけど、温め使えば全然まだ余裕ですね。。




使ってると「マルイと比べてどうですか?」という事も聞かれるんですけど、
少なくとも実射性能に関して言えば、命中精度、飛距離、作動の安定感では全くヒケを取らないと思います。
初速がちょっとKSCの方が高い分、距離が少し開いたときにやや有利かなと・・





ただやっぱりマルイと比べると細かい所でゲームで使うには気になる点というのも幾つかありまして・・・
特にちょっと気になるのがマガジンキャッチですねー・・・・前にも書いた気がするんですけど、ちょっと触れるだけですぐ落ちてしまうので、メインアームから持ち替えてホルスターから抜いたりした時にフッと触ってしまって落としてしまったりする事が何度かあり。。。。




その際にマガジンリップが変形して給弾不良を起こすようになったりしたので(無理矢理歪めて対処しましたが)、不具合という事もないんでしょうけど、改良して欲しいなーとは思いますね・・・・



あとスライドストップがちゃんとかからない個体があって、安くで買ったんですけども、スライドストップの上がりが何故か中途半端で



これぐらいまでしか上がらなくて、かかるにはかかるんだけど、角っこがガリガリ削れていくという・・・(・8・;)
僕が最初に買ったやつはそんな事なかったのですが、レビューサイトとか見てると、角が削れるという話が結構あったので、割とよくあるのかなと・・・




これ前にもやったんですけど、スライドストップのマガジンフォロアーが当たる部分に1mmのプラ板を貼付けて対処しました。
これだけでも割としっかりかかるようになるんですが、塗装面やすって接着しただけなので耐久性はちょっと微妙かと・・・。
3回ゲームで投入して部屋撃ちでも割とバンバン撃ってまだ大丈夫なので、そこそこ効いてると思います。
ただこれ、プラ板が厚すぎると、スライドストップを押し上げる力が強過ぎて捩じれて折れたりしそうなので、もし同じような加工をする際は注意してくださいませ・・。

こんなちっちゃい金属に穴開けたりしてしっかり加工したり成型できるような技術は持ってないんじゃよ(´ω`)
スライドストップはABSモデルからHWモデルになったときに小加工というか削って対処されてましたが、その分強度が心配な出来なので、できればマガジンキャッチのかかりの部分も含めて新規金型で新しく作ってくれないかなー

USPシリーズもHW化されるみたいなのでちょっと期待してますが、できればHK45Cを・・・・  
タグ :KSCHK45


Posted by あんこ入り  at 23:50Comments(8)HK45KSC

2015年09月29日

KSC STI EDGE







ちょっと衝動的にこんなものを買ってしまいました(’ω‘)KSC STI EDGE 07
最近自分の中でSTIブームなので、やはりSTI社の看板製品とも言えるこれは押さえておきたいなと・・・・。

まあネットでは色々言われてる一品ですが、いつの間にか改良が加えられてたり?ってのを期待して買ってみました。



しかしアンケートハガキの有効期限が平成24年()だったので、大分前に製造された流通在庫でしたね・・・期待しない方向で。。。









同社のSTI5.0 TACTICALと並べてみると、サイズはあまり変わらない筈なんですが、EDGEの方が骨太で重量感があり、一回り大きく見える。。

スライドの仕上げがTACTICALはやや光沢のある感じなのに対して、EDGEは艶消しされたような渋い印象。
好みにもよりけりですが、個人的にはEDGEの方が上質なイメージ。






スライド先端まで伸びたダストカバーの醸し出すマズルフェイスは流石迫力が違います(∩´∀`)
ウェポンライトはそのままじゃつけられませんが、この硬派な感じは素晴らしい





TACTICALシリーズだとちょっと薄いセレーションがでしたが、EDGEのほうは一目でわかるほどくっきりしっかりと刻まれてます。





左側。
噂のスライドストップ部分はプラリペアで一応補強しときました・・・・今のところ問題ない感じですがやっぱりちょっと怖いですね・・・w
あとリコイルスプリングにバッファを追加して、確実にスライドストップがかかるようにしときました(スライド引いて解除はできなくなりましたが)




個人的にエッジで気に入ってるのがこのシルバーのサムセーフティとグリップセーフティ





サムセフティも他のSTIシリーズより大型で扱いやすいです




リアサイトはSTIシステム7シリーズ唯一のボーマーサイト。ドットマウントは載せられませんが(´ω´)
STIの刻印が刻まれててカッコいいですね





あとこちらもシリーズ中唯一の大型のマグウェル。
個人的にはTACTICALシリーズにもつけて欲しいです。




ここでも主張するSTI刻印。尊い。
元々マガジンの抜き差しはしやすい部類の銃ですが、更にやりやすくていい感じです。







と、まあ割と好印象だったエッジ君ですが、いざ撃ってみるとなんだか明らかに作動がしょぼい・・・・・・
旧モデルのエンジンよりしょぼいんじゃないかと思わせる程にブローバックがしょぼい・・・・・・


5.0と同じマガジンを使ってスロー撮影してみました
後半がEDGEです






がしゃこん・・・がしゃこん・・・・・・・ばしゅうううう・・・がしょん・・・(かなしみのおと)








初速も何だコレ(´ω`)

発射時に派手にガスが横から漏れてるので、ガスルートがうまく噛み合ってないようですが、変に手くわえたらぼろぼろになりそうなので()即入院コースという悲しい事案・・・・・おろろん






  
タグ :KSCSTIEDGE


Posted by あんこ入り  at 16:12Comments(5)KSC

2015年09月28日

ガスブロ M4





マルイのガスブローバック M4A1 MWSの表紙がかっこよかったのでコンマガ買ってきました(アヘ
他誌に比べてマルイのガスM4については濃い内容で読み応えもナカナカでした。ガンプロはMASADAの特集があってあちらも面白そうでしたが・・・。

ゲームウェポンとして安心して使えるガスブロM4が欲しいというのは前々からの切実な願い・・・・╰( ´◔ ω ◔ `)╯











・・・・╰( ´◔ ω ◔ `)╯

こういうのやっぱり悲しいですしね・・・・。

個人的にはMASADAも初期調整さえ超えてしまえばかなり安定して高性能さを誇ってるので、ちょっと物は違いますが比較してみたいところです  


Posted by あんこ入り  at 21:45Comments(3)KSC東京マルイ

2015年09月22日

KSC MP7A1-Ⅱ




前々から気になってたKSCのMP7入荷してみました∩
リアルサイズだ何だで色々書きましたけど、KのMP7も割と興味はあったので・・・・。




マガジン2本付きのⅡですね。
Ⅱってもしかしてマガジン2本入りって意味ですか(・ω・)






パッと見た感じ、外装のポリマー樹脂の質がマルイ・VFCとは明らかに異なる感じ。
クリスベクターと同じような艶がありつつもツルツルというわけではないなんかこう・・・(語彙不足

どっちがいいのかと聞かれたらよくわからんというのが正直なところです(´ω`)




やはり並べてみたくなるコレ。





うーん・・・しっかり並べるとわかりますが、適当に置いてたらあんまりわからんような。






ただ手に持つとやっぱり違いが歴然というか。

よくマルイ・KSCサイズの方が小さくて扱いやすいといわれますが、個人的にはマKのMP7はかなりトップヘビーなのと、ポジション的にどちらかというとコンパクトさよりも窮屈さの方が際立つので、VFCの方が扱いやすいのでは・・・・と常日頃思ってます(´ω`)マガジン重めだからいっぱい携行するとツカレルケドネ



あと撃ってみた感想。






なんとサイクル・リコイル共にトレポン並です!( °∀°)





( °∀°)?



軽いとは聞いてましたけどここまでとは・・・・w
ブローバックの衝撃度で言えば


VFC>>マルイ>>>>>>>>>>>>>>>>>KSC

くらいじゃないですかね・・・・次世代にも劣る気がする・・・・()


うーん・・・・・リコイルアップキットとかあれば欲しいかなぁ・・・・・  
タグ :KSCMP7


Posted by あんこ入り  at 23:31Comments(3)KSCMP7

2015年09月08日

MASADAのホップ調整




マルイのM4も中身公開されて盛り上がってますね。
知り合いが撃ってる動画を見せてくれましたが、見るからにリコイル凄そうですね・・・これは期待

中身も写真だけで見た感じですが、かなりぎっしり詰まってて各パーツも肉厚に作ってあるようなので耐久性も良さそうです。
Zシステムとか色々構造面も見てみたいですが、個人的にはバレルがセンターを保持するシステム?が気になりますね・・・。
電動ガンと長距離でもまともに張り合える程の性能を期待してま(’ω’)





それはさておきKSCのMASADAくん

フィールドでしっかりホップ調整してみましたが、やはりホップがあまりかかってる感じがしません・・・・
弾ポロも起こすし初速も不安定でイマイチ信用できないのでバラして調整

(ちなみに写真に写ってるイングラム?は他の参加者の方が持って来ていたんですが、台湾版イングラムらしいです。中身はKSCの旧型モデルの構造でしたが、軽快なブローバックとマサダより綺麗な弾道()でした)

この記事需要あるのかなと思いましたが一応書いときます(



まずバレル取り外し。説明書どおりでワンタッチ。便利ですねこれ・・。




ここのチャンバーのカバーを止めてるピンですが、特にネジとかでとまってるわけでなく刺さってるだけなので、
バレル取り外すとポロッと落ちてきます。





ガスチューブの基部を外します。根元のCリングを外すだけです。





細いドライバーか何かを引っ掛けて前に押し出せば・・・これが外れるとボロボロ外れます




あとはここのイモネジ上下2つ取り外せばインナーバレルが出てきます





インナーが出て来たらここのEリング外します
いつもマイナスドライバー2本使ったりして外してるんですが、割と遭遇する事が多いのでEリングプライヤー買おうかな・・・( ’ω’)苦手なんですよね




あとはこのプラのカバーを外せばホップパッキンにアクセスできます。


慣れたら2分ぐらいでできるんじゃないですか・・・・この分解しやすさはいいですね。





お庭さんのところでも書かれてましてが、僕のホップダイヤルも成型不良が・・・・手で触ってみると変なところが凸凹してます(´ω`)




ホップ調整はここの板バネを押してかかってるのですが、これが殆どパッキンを押せてなかったようなので




これをパッキンをしっかり押せるように曲げます。
やりすぎると鬼ホップになるので、軽く曲げて組んで撃って様子見て・・・を繰り返しました。


結果、最初ホップダイヤルを標準にした状態で、初速50〜80という酷いばらつきに弾ポロがあったものから、
初速90位で安定するようになって弾ポロもなくなりました(人'ω’)

ただちょっと、ガスブロの特性上ホップを強めると初速があがる傾向にあり、ホップ最大にした時、かなり高い初速が出てたのでちょっと怖いですね・・・・・もしかして初速対策に意図的にホップ弱めてたのではと思ったり

何はともあれやっとゲームでもしっかり使えるようになった感じです  
タグ :KSCPTSMASADA


Posted by あんこ入り  at 20:42Comments(10)KSCPTS MASADA GBB

2015年07月29日

KSC MASADA GBB

かしこくもかわいくもないあんこ入りですコンニチワ




大分長い事待ちましたがやっと来ましたKSC、MASADA GBB〜





2年越しでしたっけ・・・ウィンウィン

電動もいいけどやっぱりガスが好き!な自分に取っては待ち望んだ一品であります。









あ〜〜〜いいっすね〜〜〜(´〜´)

銃と言えば木と鉄だ!とはよく言われますが、僕はポリマーポリマーな方が好きなんで「玩具みたいwww」とか言われるたびにいつもエビフライぶつけてやりたくなります








ハイパー鈍器マガジンも再来。
やっぱり重たいね・・・・・。弾無くなったらこれで近接戦闘挑むしか無いね・・・(※ダメです)





ガス満タンでこんなところ。40gちょい入ります。






かよちんねんどろいど載せるとこんな感じです。圧倒的。



どうでもいいですね

もう細かい外観とかは散々雑誌とかレビューサイトに出てるんで省略して()、





操作で気になったのはセレクター。

硬い。

とにかく硬い。くっそ硬い

指1本でさっと切り替えるのが困難です。無理矢理やったら折れそうなくらい硬い・。。。
慣らしてったらマシになるのだろうか・・・・

あとトリガーの引き味がちょっとゴリっとしてて気持ち悪いです(





で、早速意気込んで試射してみたんですが、空撃ちは快調そのものでした(過去形)
ブローバックはキレがいいし作動は安定してるし生ガスも吹かないし・・・・。

この辺はさすがに長物ガスライフルを精力的にリリースしてきたKSCというところでしょうか・・・・・









ところが弾入れて撃ってみると、1発ごとにホールドオープンする症状が(・ω・)

あれー?って思って何度か繰り返してみるも、撃つ度にホールドオープン。






テイクダウンして中身をざざーっと見ても特におかしな事も無い感じで・・・・・。








マガジンを別の物に変えてみたところ、3本中1本は正常に撃てました()
マガジンが悪さしてるみたいですね





軽く見た感じですが、マガジンフォロワーの動きがおかしい。
不調マガジンは弾をある程度以上入れると、弾が入っててもフォロアーが押し上がってくるような状態。
何か変な引っかかりがあるのでバラしてみないと何ともというところですが・・・・


この辺んはさすがの以下略


とりあえず分解してみるかKSCに送るか悩み中(´ω`)




分解・調整しました。追記からドウゾ

  » 続きを読む
タグ :KSCPTSMASADA


Posted by あんこ入り  at 16:20Comments(16)KSCPTS MASADA GBB

2015年05月31日

PTS MASADA GBBの軽量なマガジン!└(^ω^)」


マルイのM4撃ちたいよぉ・・・・・・・・土日休めないあんこ入りです




個人的に気になってるのはマガジンの軽さと強度ですね・・・・ショットショー行った人はWEM4くらいの軽さだったと言ってましたが・・・。

先日のVFC M4もマガジンが軽量化されており、ガスブロマガジン=クソ重いという認識を大分和らげてくれましたが。


ということはPTSのMASADA用マガジンも軽量化の方向に向かっている可能性があるわけで、こちらも結構期待してたのですよー







と思ってたらスペックも公開されたようですね。。。。。。
個人的には400gくらいで抑えててくれると嬉しいなぁと。

KSCのM4マガジン550gぐらいでしたっけ確か・・・・・


はてさて。。。。。。








Weight 700g   ( 'д')






これ前のPMAGのガワ変えただけじゃないですかやだーーーー!!!

またKSC信者は鈍器マガジンを運用することになるのか・・・・(震え  
タグ :KSCPTSMASADA


Posted by あんこ入り  at 23:20Comments(6)KSCPTS MASADA GBB

2015年05月28日

PTS MASADA GBBのお値段は、、

たまにはスマホから投稿(・∪・)




MasadaのGBB、海外だとプレオーダー始まってますね。
http://www.landwarriorairsoft.com/airsoft-weapons-c38/gas-rifles-c48/pts-pts-magpul-masada-gbb-rifle-black-pre-order-p4514

日本円にして5万円位なので、多分それぐらいの価格で落ち着くんじゃないでしょうか。
今までの傾向だとKWA名義のものよりKSC名義のものは比較的安価でしたし、、、。

動画も出回ってますが、リコイルより作動重視な感じなので、寒い時期でもそこそこ動くかな?
何にしても楽しみですね、、
  

Posted by あんこ入り  at 12:35Comments(2)KSC

2015年05月17日

KSC STIマウントベース 2




前回に続いてKSC STI 4.15のマウントベース云々。

搭載した光学機器は前回も軽く紹介しましたが、ノーベルアームズのタイニードット。こっちも軽くレビュー。

ミニドットサイトと言えばトリジコンのRMRあたりが欲しいところですがさすがにお値段ちょっとね・・・(ヽ'ω`)
今回は知人に安くで譲ってもらいました。

ハンドガン用のマウントベースといえば、アンダーレールを利用したマウントベースなんかもありますが、STIのマウントベースはスライド直載せタイプなので、ブローバックで割れたり点かなくなっても困り者。また安物ドットにありがちな、明るいところで乱反射したりドットが見えなくなったりするのもダメー・・・と、色々要求するポイントは多め。






結論からいうと、その辺は余裕でクリアーでした。
レンズはクリアーで、明るくてもちゃんと見えて、アイアンサイトよりも狙点がハッキリするので、グルーピングも確実に向上した感じ。

難点といえば、自動調光式で明るいところではしっかり光る反面、暗いところでは全く点かなくて使いものになりません('ω`)
曇り空の天気でもちょっと見難かったかな・・・・・・
インドアでも暗いところでは全く使えないので状況を選ぶ割に、サイトの着脱も瞬時にはできないので、
サバゲーユースなら手動調節式をオススメします(あくまでハンドガンの話ですが)






ただまあ、この日は一日メインウェポンとして使い込みましたが、ブローバックの衝撃で消えたりするような事も無かったので、一安心というところです


















スライドは割れて来たけど(ひとあんしん)

サイト付け根部分にも割と派手にクラック入ってたので時間の問題ですかねこれは・・・・スライド注文しとかないと・・・・


  
タグ :KSCSTI


Posted by あんこ入り  at 23:59Comments(0)KSCSTI

2015年05月15日

KSC STIマウントベース 1

ローソンの限定海未ちゃんラバーストラップが当たってテンション上がり気味のあんこ入りですこんばんは。


マルイのホビーショーで盛り上がってますが、ガスM4まだかかりそうですね( ・ω・)
この辺でKSCもMASADAを投入して市場を盛り上げてほしいところです。


という事でホビーショーとは関係ないネタを。KSCのSTI






http://ankoiri.militaryblog.jp/e596458.html

以前買ったって書いてから何も書いてませんでしたが、ゲームでは割と頻繁に使ってました。
初速・精度は優秀で作動性も抜群、飛距離も結構出るので電動ガン相手でもなかなかいい感じで戦えます。

最初はノッチの盛り上がった部分平らにして綺麗にしよう〜とか思ってたんですが、使ってるうちに傷だらけになってきたのでもういいや(;^ω^)






何度か落としたりもしたせいか、気付いたらプランジャーが消滅してたので、パーツをKSCに発注すると同時に、前から気になっていたマイクロドットサイト用のマウントベースも購入。
プランジャースプリングは同じ物を注文したのですが、固めの物に変わってて、クリック感はかなり良くなりました(・8・)









そして本命のマウントベース。
正直こんな金属の重量物の上にサイトまで載せたらスライドが耐えられず割れるのでは・・・・・等と脳裏をよぎりましたが、とりあえず着けて撃ってみないとわかりませんね。














着ける前から割れてた( ゚д゚)













根元からもげとる・・・・おぉん

まあ前述の通り、結構撃ってましたし派手に落としたりもしてたので仕方ないかな・・・・・・瞬着盛り盛りでやり過ごす事に(´`)







大丈夫かな?










とりあえず装着ー!






そこに知人から購入したノーベルアームズのタイニードット(・8・)イイネ!




ホルスターに納めても干渉しないのが良いところ。
早速実戦投入してきましたので使用感とかは次回  
タグ :KSC


Posted by あんこ入り  at 23:19Comments(7)KSCSTI