2017年06月01日

KJ ルガーMk1



奥様、、、こちら何と税込5500円でしたのわよ...

安さとガスの入りにくさに定評のあるKJワークス製です。おはこんばんちわ。

KJ WORKS ルガーMK1 22 ターゲット・ピストル



ドヤ顔で書いといてアレですが、ルガーについては名前ぐらいしか知らないので特に語る事はないです_(:3」z)_
ドイツのルガーとスタームルガーが関係ないのもこれ書いてる途中で調べて知った程度ですハイ



固定ガスガンといえば、最近僕のメインアームと成りつつあるマルゼン P99FSがあるので、性能差が気になるところ。

買う前にレビューをチラチラ見てると、「トリガーがかなり重い」という評価が散見されたのでちょっと不安もあったのですが



あれ?全然軽い。
P99FSと比べると引ききりの辺りでやや重く感じるものの、連続で撃っても気にならないです。

初速を落としてでも軽くするためにハンマースプリングを弱めに変えてあるのかと思いましたが、ガス入れ直後で75m/s位の初速がでてるので、内部の見直しがされたのかな?( ˘ω˘ )

固定ガスガンなのでギミックは大部分省略されてますし、チープさも各所目立つ部分はあるものの、同価格帯のエアガンの中ではピカイチの性能なのでは。いやこれはなかなかオススメですよ。。

ちょっと難があるとすると、相変わらずガスがすぐ吹き返す割りに高いマガジン( ;´Д`)そろそろ何とかしてください...まあ固定ガスなので少量でもバシバシ撃てますが


また、このルガーMK1のアップグレードモデルが近々登場するようです。

http://honeybee.militaryblog.jp/e853836.html

ええやんけ。。。

ちなみに僕が買ったのは日本仕様なので、海外仕様のものやロットによっては重トリガーかもしれない為、ショップで確認した方がいいかと思います( ˘ω˘ )でわまた  

Posted by あんこ入り  at 22:04Comments(3)KJ WORKS

2016年10月19日

G19にSAIトリガー



KJのG19、大分ほったらかしてたデカール貼ってみました。やってみると楽しいですね。オーストリア刻印台紙から外れなくて貼れなかったですが





チャンバー部分のH....の後の英数字も貼ってる途中で歪んでHだけが残りました。
気の迷いで右側にもグロック刻印貼りました。楽しい(白目







それはさておきGUNSMODIFYのSAIアジャスタブルトリガーを買ってみました。前から組んでみたかったんですよね。





・・・・





組み方わかんねえ・・・・何か謎のピンがいっぱいある・・・。


ネットで組み方を調べてみたんですが、検索にひっかかる記事と形状やパーツ構成が違う・・・説明書つけてくれよヽ(`Д´)ノウワァァン




これとか。ピンにバネがついてるし、これは果たして一体何をするものなのか・・・・??????




〜30分後〜








バネが変形しないための気遣いピンでしたね!ありがとヽ(`Д´)ノウワァァン






ここに嵌めてね。トリガーに組めばOKでした。

調べた感じ以前のモデルはここの部分のバネの嵌め方で悩む人が多かったらしく、気遣ってわかりやすい形状にしてくれたのかな・・・







色々四苦八苦して組み込み完了。
結局2本用途不明のピンが残りましたが・・・・まあいいか()

以前のモデルはトリガー前側に調整ネジがついてたみたいですが、現行モデルは後ろ側についてます(´ω`*)
最初アジャスターないやんとか思ったのは内緒




調整の際はスライド外してトリガー後ろ側に嵌めたネジに六角レンチを入れて回すだけ。
見た目だけで買ったアイテムだったんですが、簡単にトリガートラベルの調整できていいですね。タイトな設定にすると思った以上に楽しいです。
以前のモデルでは擦り合わせをしないとトリガーセーフティがかからない等の症状もあったみたいですが、特に擦り合わせの必要もなかったです(個体差もあると思います)
かっこ良くなる上に、値段の割に実用的で効果も実感しやすいのでなかなかオススメのアイテムだと思います



ところでKJさんと言えば最近モデルアップしたCZ 75 SP-01、日本仕様も出てくるみたいな噂があったので静かに楽しみにしてたんですが、一向に出てくる気配がないですね・・・・・・



P09も愛用してるので、こっちも是非御願いします・・・
  
タグ :KJG19


Posted by あんこ入り  at 17:50Comments(4)KJ WORKS

2016年10月12日

KJ G19用マガジン?

カテゴリぐちゃぐちゃやんやんこんばんは
遡って整理しようかと思いましたが果てしなく面倒だったので諦めました(屑





今日はG19の話。
グロックシリーズ一番人気と言われるだけあって、絶妙なサイズ感が僕もお気に入りです。
MARSOCもサイドアームをG19に一本化したという事だそうで、マルイさんもそろそろ出してくれるんじゃないかと信じておりますが。
写真はKJのG19HWモデル。

安定して使えるマルイマガジンを挿して使ってたりするんですが、飛び出たマガジンを見る度に「じゃあ17とか22でええやん・・・(・8・)」となってしまうので、やはり19マガジンを運用したいわけですが、純正は相変わらずガス注入時の吹き出しが激しい・・・(´・ω・`)






で、今回試してみたのが右側のマガジン。
別に塗装の剝げ具合を競ってるわけではないです。

スタークなんとかとか、ホグワーなんとかとか、ストームアーなんとかとかコロコロ名前変えてるとこです。Vなんとかの19マガジンです。
こっちも使い込んだら同じように剥げてくると思います()





何かあしらえたかのようにスカーンと嵌るんですよねこれ。純正より気持ちいい。






左がKJ。
ガスルートパッキン形状が違いますが、KJ本体にVマガジンを挿して使う分には、ブローバック・初速・燃費等、特に性能差は無し。逆パターンは全然ダメでしたが。





ホールドオープンもしっかりかかるヾ(*・∀・)/





刻印。
左からV・KJ・マルイ(22用)。Vとマルイは似た感じ。Vの方が穴の彫りが深めですが本来貫通してる部分なので、まあ。
KJは穴ちっちゃい。







Vのマガジン。バルブで削れてますが9mm刻印もしてあるよ!って頑張った感ありますね






バンパー。Vはリアル刻印入り◎
注入の度にボトムプレート毎回ずらさないとなのはちょっと手間ですが。
純正バルブだと注入音も聞こえないというデメリットがありますが、しっかり入れれば割とちゃんと入るので、吹きこぼれまくってガス無駄にするわ、凍傷おこすわより大分マシです(`;ω;´)



あと決定的なのが値段差ですかね・・・・Vのマガジンは2000円台半ばで出回ってますが、KJのマガジンは大体何処見ても3000円台半ばと、このサイズのハンドガンマガジンとしては質の割に妙にお高めな値段・・・同社のCZ P09なんかは現状専用品なので多少高価なのも仕方ない気がしますがこれは。。。。。。。僕はVマガジンで揃えようと思います。



※別メーカーの組み合わせなので、今後使えなくなったorロットによっては使えない可能性もあります。完全な動作を保証する記事ではありません。そこのところはご了承願います(・ω・)

  
タグ :KJG19


Posted by あんこ入り  at 02:10Comments(4)KJ WORKS

2015年10月06日

KJ WORKS G19 HW レビュー





マルイさんから新しいグロックとしてG34が発表されましたが、
こちらを望んでる人も多いんじゃないでしょうか。G19。
長過ぎず短すぎず、大きすぎず小さすぎずで一番いいサイズで、実銃も人気のあるモデル。

今回はKJ WORKSのG19をレビュー。

日本向けに以前からG19のABSスライドモデルがリリースされていましたが、最近ヘヴィウェイトモデルも発売されました。結構人気あるみたいですね(・8・)




従来モデルからスライドがヘヴィウェイト(HW)樹脂になったことで重量感、質感共にアップしてます。
無刻印モデルですが、日本向けにステッカーが付属します。
めんどくさくてはってません()


僕がやると絶対ガタガタになって、やっぱりやめーで剥がしたりして余計傷ついたりする未来しか見えないのじゃ・・・(´ω`)




HW樹脂の質自体はWAやKSCの物と比較すると、ちょっと金属感が薄い気がしますが、ABSモデルよりは大分良いかと。




HWモデルになってフレームの素材も一新されたようです
ABSモデルはテッカテカのフレームでかなり安っぽく感じて、ガーダーのフレームに変えましたが、HWモデルのほうは標準でもガーダーのものに近い質感で安っぽさは感じません。刻印は(ry



トリガーのコッキングインジケーターが再現されてないのは相変わらず(==。)




サイトは前後共にホワイトドットが入ったタイプですが、ドットも綺麗で大きく、見やすくていいと思います。





あとマガジンも少し変更があった模様。
従来モデルはぴかっとした塗装のマガジンでしたが、サラっとした艶消しの塗装になってて良い感じ。
ただ抜き差しするとすぐ剥げてきましたが_(┐「ε:)_





ちょっと気になったのがコレ。わかるでしょうか?

マガジン注入バルブなんですが、以前のモデルは海外の他のメーカーと同じ規格のものだったんですが、
何故か傘?の部分の小さい、マルイと同じ規格のものに変更されてます。



故に、WEとかタニコバとかの海外製規格のものが使えません(ヽ'ω`)
他社製品のものが使えないのはまだいいんですけど、自社のP09とかのものまで使えないという・・・・

うーん。
まあP09みたいに注入したらガスが漏れまくるなんて事は無く、
しっかり入るように











全然なってなかった\(^o^)/



相変わらず普通に注入したら、2マガジン分撃てるかどうかも怪しいぐらいしか入りません
マルイのHK45マガジンの注入バルブつけてみたら驚く程入りました(ヽ'ω`)ナニガシタカッタンヤKJェ・・・・

あと本体の話とちょっと逸れますが、予備マガジンを買うにあたって、ABSについてたツルペカ塗装なのか、HW版に付属してるタイプなのかが店頭で見てみないとわからないので、通販組にはちょっと辛いところ。
意外と値段も安くない上に割と品薄気味なので、ゲームで使うにはマルイのグロック用マガジンを使う方がいいかも・・・(ちょっと挿入しにくいですが)




実射してみた感じは割とバシバシと安定して動くブローバック。
ABSモデルがかなり派手に弾けるようなブローバックをしていたので、もうちょっと強烈なのを想像してたんですが、かなり控えめに落ち着いた印象。
といってもドシッ、ドシッとしっかりした重さもあるので、単純にしょぼいというわけでも無いですが。

比較するとABSモデルはガスの放出量も多く冷えも早かったのですが、それに比べるとHWモデルのほうが冷えには強く感じました。
極端に温めなくても、フルロード連射してホールドオープンもしてくれるので、作動性は悪くはないと思います。




初速は0.2g弾を使ってコレくらい。
あまり高くもないですが、コンシールドキャリーなので十分かなと。
弾道も割と素直で、20mぐらいで交戦する分にはしっかりサイト通りに中てられると思います(というかロングレンジ試してない)


気になる点もしばしばありますが、流通価格が大体8〜9Kとかなりお得設定なので、使い倒すのもアリ、カスタムベースにするのもアリで入手しやすく気兼ねなく使えるG19という点では結構貴重な存在だと思います。マルイが出してくれるのが一番いいのかもですけどね・・・・。



ちなみに冒頭でG34よりこっちのほうが〜と書きましたが、
個人的にはG34結構楽しみです・・・  


Posted by あんこ入り  at 00:12Comments(2)KJ WORKS

2015年04月06日

CZ P09 プチ改良




ハンドガンの中でもお気に入りのCZ P09、ちょっと改良してみました(・8・)

マガジンのガス量が少ないのは仕方ないとしても、
どうにも冷えが早くて燃費も悪く、2マガジンも撃ちきったら殆ど無くなってしまうのでなんとかならんものかと。

計ってみたら他のハンドガンより一発あたりのガス消費量が妙に多い。
ちょっと君出し過ぎじゃないの・・・・(意味深


とりあえず目を付けたのがハンマー。
ハンマースプリングは純正で組み込んであったものから、冬用の短い方に換えてあったんですが、それでもハンマーが妙に重い。
マルイ、KSCのハンドガンのハンマー全般と比較してみても重い。。。

という事でちょっと柔らかめのハンマースプリングを調達してきて組み込んでみる事に。





んで用意したのがマルイのガバメント用(左)。70%のやわらかスプリング。
右が純正の冬用スプリング。これでも夏用よりは短いんですが、KJのCZはハンマーとスプリングの間にパーツを挟むマルイのガバメントとは異なり、
ダイレクトに繋がってる為、スプリングが長めで、このままでは組み込んでもハンマーが落ちなかったので




なんかその辺にあった何かを組んで嵩まし(適当)
多分KSCの何かのファイアリングピンですかね・・・・・


これで組んでみてきちんとハンマーが落ちる事を確認。
かなりハンマーが軽くなりましたが・・・・。






結果的には問題なく作動し、初速の低下等も今の季節は特になし(暑くなってくると差がでるかもですが)
何度か計測してみましたが、燃費も2割程増しており、冷えにも少し強くなった感


また、シングルアクションでしか使ってなかったので気にしてなかったですが、重い上に変にバキッと壊れそうな落ち方をするダブルアクションもかなり軽快に。

(最初の2回は純正状態)

これは我ながらなかなかお手軽で良い改良な気がする・・・・・
  


Posted by あんこ入り  at 23:00Comments(4)KJ WORKSCZ P09

2014年09月25日

KJ WORKS M9 HWモデル

ご無沙汰してます。割りと普通に生きてます。





最近仕事も落ち着いてはきたんですが、ちょっとプライベートの方が忙しくてですね









                




忙しくて・・・・・







               



いそ・・・・





BDも買わなきゃ(使命感)









エアガンの事も色々書きたいことは溜まってるのでちょっとずつ消化していきます(海未イベおわったら・・)





とりあえず軽く最近手に入れたものレビュー。





KJ WORKSのM9 HWモデル(´・ω・`)

マルイ・KSC・WAのM92シリーズは色々持ってましたが、お手ごろ価格に惹かれて手を出してしまいました。








ヘビーウェイトということもあって手に取った感じはずっしり。

ずっしりとはしてますが、同じHWモデルをラインナップしているKSCやWAに比べると、金属っぽさというよりは塗装っぽさが際立つ感じもします(・_・ )









スライドの刻印。

正しいのかよくわからないです(適当)











グリップにはKJロゴ
KSCグリップよりましか・・







基本的に外装から中身まで、殆どがマルイのM92コピー(M9A1ではない)

初期の頃はローディングノズルが青色だったみたいですが、
最近流通したロットのものは黒くなってるみたいです。





当然デコッキング機能もオミットされています(´・ω・`)
買う前は別にいいやーと思ってたんですけど、実際できないとちょっと寂しいものがありますね・・・・・・。







パーティングラインはがっつり。価格なりなので仕方ないですが。。








マガジンはKJおなじみのツルペカマガジン(ナニソレ

これマルイのものと互換性がバッチリあるという人もいれば、上手く作動しないという人もいるので、
予備マグをマルイでそろえるともしかして後悔するかも?




スリット中央部分の丸くなってるところからBB弾が入れられます(ノ・ω・)ノ=○

ちなみに日本仕様の音がなるバルブになってますが、P-09の時のようなガス漏れまくり入らなさすぎといった症状は無く、しっかり入ります()





実射。
初速や精度は検証してないのでブローバックの感触だけ。

正直ちょっとモッサリしてるかなーというのが本音。ばこんばこん。
マルイのM9A1に比べるとキレが無いし、WAのようにドシンとくる感じでも無く。。。。
外観的にも一番近いKSCのM9(システム7)は鋭く重いブローバックをするので、見劣りするのは否めないところ(・_・;)

連射・冷えにも他メーカーのものに比べてあまり強くないので、これからの季節は一層厳しいかも知れません。




ちょっと辛口評価になってしまいましたが、
マルイの旧M92よりはヘビーウェイト故のリアル感がありますし、カスタムパーツもマルイのものが流用できるようなので
10kを切る市場価格を考えれば弄るベースとして全然アリだと思います。

あとは目新しさが欲しかったかな?  
タグ :KJ WORKSM9


Posted by あんこ入り  at 08:30Comments(0)KJ WORKS

2014年08月28日

CZ P-09 刻印版?




増えました(・ω・)

絶賛大好評(?)のKJワークスのP09を追加で買いました。






こちらは海外バージョン。


元々ゲーム使用を前提で購入したのですが、海外版だとフル刻印で流れてる事を知り、
フレームだけ換装しようと思い・・・・・



しかしこれ驚いたのが






スライドの質感が凄くいい。

と言っても、海外版のメタルスライドの話じゃなく、日本仕様の樹脂スライド版の話で、
手に持ってしっかり見ないと違いが分からないくらい良くできてます。




樹脂版で気になるのは、スライド上面に張り合わせたような謎のライン?が入ってる事くらい?
しかし樹脂版ではモールドながら再現されているエキストラクターピンが、メタルスライド版では何故か再現されてないので、
この点では樹脂版の方がいいですね・・。







内部パーツは特に違い無く・・・・・・・と思ったら、
海外版はリコイルスプリングガイドにバッファーが入ってました。
スライドかフレーム割れたりするのかな。・。。・・?







しかしやはり刻印がしっかり入ってると引き締まった印象になりますね( `ω´)

海外版なので作動性は落ちるかと思いましたが、
なんだかむしろ海外版のほうがしっかり動く印象・・・・・・?個体差かな?




マガジンも当然海外仕様なので少し入りにくくはありますが、漏れません(苦笑)
増えたなぁ。




あとスライド前部の刻印がシールで添付されてました。

後付ならそれこそ日本版にも入れといてほしかったですが・・・・・







ということで早速載せ換え。
スライドの刻印が無いのは寂しいですが、あまり目立たない刻印なのでまあいいか。
チャンバーやフレーム刻印があるだけでも大分印象が変わって満足です( ´∀`)

ライセンス的な問題なのでしょうが、できればチャンバーとフレーム刻印有りの樹脂スライド版を販売してほしいところですね




  


Posted by あんこ入り  at 12:10Comments(2)KJ WORKSCZ P09

2014年08月15日

CZ P-09のマガジンバルブ色々換えてみた




へいらっしゃい(σ゚∀゚)σ


8月になったら放置とか言ってたワリにはソコソコ更新してますね()
今日はまたCZ P-09のマガジンについて。








予備マガジンも買ったのですが、海外仕様のマガジンを選びました。




いわゆる注入時に音の出ないやつです。
最近海外銃を触ることのほうが多いので、むしろ注入音が鳴る方に違和感を感じつつあるのですがwww




とりあえずガス入れてみます
日本仕様の純正状態だと4g程で吹き戻しまくって使い物にならなかったわけですが果たして。



注入音聞こえないので適当ですが15秒ほどガスを突っ込んでみたところ










19g・・・・入った・・・・だと・・・・・?






・・・・・・・日本仕様とかあの必死の圧入は一体なんだったのかorz



正直これはちょっと入れすぎで、生ガス吹きまくってロスも半端ないので、
程ほどに止めとくべきですがちょっと加減が難しいですね。




せっかくなので色々試してみます。
VFCのバルブが装着できるかも試してみましたが






うーん・・・・・ちょっとサイズが。

一応この状態でもガスは入りますし、KJ海外仕様同様にかなり入るんですが、
バルブをしっかり閉めても僅かにガス漏れを起こしてます。

またマガジンバンパーを装着すると少し干渉するのでこれはちょっとナシかな・・・。








続いてタニコバの海外仕様を日本仕様に変換するバルブ。

若干パーツ毎の長さが違いますが・・。








最後の方やや吹き戻しはあったものの、12g入りました\(^o^)/

これ以上は入れると吹き戻しが激しくてなかなか入りませんが、これ以上入れても生ガス吹きまくるので、
正直ちょうど良いぐらいかな?

ワンマガジンワンチャージという前提で使っていけば問題ないかと思います。






ガス量さえしっかり適度に入って、マガジンが冷えてなければ、フルロード連射してもしっかりホールドオープンしてくれます( `ω´)=3

個人的にはタニコババルブが使いやすく感じましたが、海外仕様でも日本仕様()みたいに入らないよりは全然良いので、
海外仕様のマガジンをオススメ・・・・と言いたいところなんですけど、樹脂スライド仕様買ったら絶対付いてくるんだよね・・・・入らない純正が・・・・
  


Posted by あんこ入り  at 01:14Comments(2)CZ75KJ WORKS

2014年08月12日

CZ P-09が欲しくなる・・・



巷でも結構話題になってるCZ P-09ですが、
久々に痺れるPVを見たので紹介とかね(n'∀')n












何回も繰り返し見てしまった・・・・・・

主人公が過去を思い出してCZ75が登場するシーンは鳥肌モノです
一緒に突入してる仲間の持ってるSCORPION EVO3もカッコよくてガン見してしまいますwwwww

国内版はスライドだけじゃなく、バレル・フレームにも刻印が入ってないので、
メタルスライドモデル買ってフレームとバレルだけ取り替えようかなぁとか画策中。。。。。。  


Posted by あんこ入り  at 22:57Comments(4)KJ WORKSCZ P09

2014年07月31日

KJ CZ P-09 マガジン問題 まとめ

おはようございます






なんだか思ったよりKJのP-09が人気なようで。

正直マルイのM&Pも控えてる時期だし、多分あんまり売れ無さそうで記事も大した需要ないかもとか思ってたので、
反響の多さに少し戸惑っております(・∀・; )


マガジンに関してはガス容量を増やすために頂いた情報やら自分で(適当に)考えて色々やってみましたが、
オラガバニストのあじゃさんが行われたバルブ稼動量の調整方法が、手軽でやり易いと思います。


http://aja.militaryblog.jp/e571294.html

少し注入に時間はかかるようですが、これならピン入れるのに色々苦労したりマガジンボロボロにならないですね・・・・(遠い目)

個人的にはこういう症状で悩んだ時に「ああこれはこうすればいいのか」「こうしたらこうなるのか!?」と試行錯誤しながらあーだこーだやって、
快調に作動したり上手く出来上がったときがとても楽しいので、今回のこれもまた一つの良い経験になりました。
色々とアドバイスや情報を頂いた皆様に感謝です<(_ _)>  


Posted by あんこ入り  at 09:30Comments(8)KJ WORKSCZ P09

2014年07月30日

KJ CZ P-09のマガジン問題 3

haiどうも


8月からちょっと私事で忙しくなるのでブログは一時放置します。





それはどうでもいいとして、KJ CZ P-09のマガジンについてもう少し。


前回の記事のコメント欄で、ガスタンク内に問題があってガスがあまり入らなくなってるとの指摘を頂いたので、改修作業をしてみました。







まあ分解に関しては特に何と言うことは無く、国産マガジンと同じようなもので。
マガジン底部の2本のピンを抜くと、注入バルブとその周りのパーツが外れます。






こんなんが出てきます。
この突起が無駄に長く、また注入バルブ周りの空間が狭い為にガスの容量を減らし、注入を阻害しているということだったので・・・





突起を切断する事に。
どれくらいカットすればいいのかわからなかったので、とりあえず半分くらい。超適当(やりすぎると注入バルブに干渉しそうです)





手動でも5分ぐらいで切れました


で、あとはこれを組み立てて














組み立てようとしたらピンが嵌らない・・・・・・・・・・


このバルブ周りのパーツが、かなりの力で押し込んであったようで、
手で押し込んでもピンの位置に穴が合わない(つд`)






なんとかできないかと悪戦苦闘したものの、人力では無理っぽかったので
万力で挟み込んでみたんですが、マガジンが斜め向いてる関係で上手く挟めない(´・ω・`)


で、あーだこーだうがあああああああああああとかやってるうちになんとか入れることに成功したんですが










外装ボロボロになった((((((゚Д゚;)))))))))))



マガジンは犠牲になったのだ・・・・・・・・・・・・・・・・





まあ仕方ない・・・・・・・・・・肝心なのは中身だ・・・!


ということでガスを入れてみた結果






空マガジンから~~~








19g入った!

改修前は12gが限界だったので、結構入りました!やったねたえちゃん!






でも正直もうあのピン嵌めやりたくないし予備マグとかどうしようとか・・・・・・・誰か上手いやり方教えてくださいまし(´・ω・`)



  


Posted by あんこ入り  at 17:31Comments(10)KJ WORKSCZ P09

2014年07月29日

KJ CZ P-09のマガジン問題 2

はいdoumo

前回のマガジンの話ですが、少し補足というか。









他のバルブとかも色々試してみました。








まずこれ。
空の重量です。バンパー外してるので、つけたらもうちょっと増えると思いますが。





で、デフォルトのバルブに戻してガスを入れて、吹き返してきたとこらへんでガスを入れるのをやめると






4gしか入ってない・・・・・・・・・( ´д`)
1発の消費量が0.1g程なので、一応1マグは撃てますが・・・・。




続いて前回のパッキンを交換した仕様に換装してみると










12g

・・・・・・思ったより入ってない(´・ω・`)
まあ一応これで4マグ分くらい撃てる事は撃てますが。






続いてコメント欄で頂いた、VFC MP7のマガジンバルブに換装してみました






海外仕様なので吹き戻しが無いため、とりあえず10秒くらいガス缶を突っ込んでみたところ











あれ?(´・ω・`)
8gしか入ってない・・・・・・・・・・


テストに使ったのはほぼ新品のガス缶なので、注入圧が低い事もないと思うんですが・・・・・・

とりあえずそのまま20秒くらいさらにチャージ









あら・・・・?これ以上入らない?????






ガス缶を少し温めて更にチャージ





これ以上入らない。





・・・・・・・・・・・・・・・


なんだろうこのマガジンは・・・・・・もしかして相当容量が少ないんじゃ・・・・・・??( ´д`)
WAガバ並にしか入らない(あれはあれでガッツリ動くんですが)・・・・・うーん。

これでも割りとしっかり動くっちゃ動くんですが、連射したり寒くなってくるとちょっと厳しいので、
なんとかならないものか・・・・・・。  


Posted by あんこ入り  at 11:08Comments(2)CZ75KJ WORKS

2014年07月28日

KJ CZ P-09のマガジン問題

いらっしゃいませ٩( 'ω' )وようこそ



えー、先日べた褒めしたKJのCz P-09ですが、一つだけちょっと気になる点がありまして。



マガジンにガスを入れようとしても、空の状態から2秒くらい入れただけで吹き戻してきて全然入らない・・・・・。
1マグフルロード撃ち切るくらいは入りますが、ガス量自体が少ないせいでマガジンを温めても後半はち
ょっとダレ気味。せっかくポテンシャルの高い銃だけにこれはもったいない(´・ω・`)
なんとかならんもんかとチャレンジ。









原因が注入バルブなのは言うまでもなさそうだったのでとりあえず分解。


うーんわからん。








比較のためにあんまり使ってなかった古いKSCのM9のマガジンバルブも分解してみたり。





うーん・・・・・


注入口とか微妙に長さの違うスプリングとか交換して装着してみたものの、変化無し。







ダメもとで注入口の裏側についてるパッキンを交換してみました。
外径もさることながら、よく見ると線径が倍以上ある。








内径は同じみたいでしたが、外径が全然あってないけど大丈夫か・・・・(^ω^;;)





恐る恐る取り付けて少量ガスを注入してみるも、ガス漏れは無し。


で、そのまま入れていくと



問題なく入る入る━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


どうも悪さをしてたのは注入口裏側のパッキンみたいですね・・・・・・・



マルイのマガジンとも比較してみようと思いましたが、手元にあったのがデザートイーグルだけだったので、偏った比較になりますが






明らかにKJのパッキンが太ましい・・・・・・・・



とりあえず、「なんで変わったんだよ!」とか科学的な説明を求められても正直困りますが、
圧があんまりかからなくなったんじゃないですかね(適当)



丁度一回入れた後にガスが無くなってしまったので、どれくらいの差があるのかちゃんと計ってないですが、
パッキン交換前は1マグ撃ち切ったら弱々しく、2マグも撃ちきるのも難しいレベルだったのが、
交換後は4マガジンくらい撃てる量は入っており、初回フルロード時は全弾撃ちきっても、ブローバックが力強いままでした。

そういえば最近のKSCマガジンでも時々やたらガスが入らないマガジンが個体差レベルでありますが、
もしかしたらKWAとパーツ共有してる関係で、この辺が海外仕様なのかもですね。


多分ガス缶の状態の違いで入っただけだと思いますすいません()  
タグ :KJCZ P-09


Posted by あんこ入り  at 01:01Comments(6)KJ WORKSCZ P09

2014年07月25日

KJ CZ P-09 

はいどうも。

引き続きやってきました・・・KJ CZ P-09。




海外メーカーで唯一、純正樹脂スライドを載せて販売してくれるメーカーの新作ということで、
期待的な部分も含めて予約していたんですが、これにまだ来週M&Pまでくるのかー・・・・って事と、
マルシンの57が個人的にかなりインパクトが強かった為、



正直到着前から若干興味をなくしているという、ちょっと失礼な状態でのお迎えとなりました(_´д`)






が、先に申し上げておきますと、そんな気持ちを持ってしまったことをゴメンナサイしたくなるくらい良い銃ですよコレは・・・・!






早速見ていきましょう





箱はこんな感じ。
チェスカーズブロヨフカの正式ライセンス品というのを強調されてます。

ライセンスの版権はASGが持ってるようですが、ASGのスコーピオンEVO3も既に海外では発売されてるようなので楽しみですね(・∀・






中身。本体とBB弾がジャラジャラ入った箱。すいませんBB箱いらないです(
バックストラップは交換可能のようですが、交換するストラップ自体が入ってません(´・ω・`)






説明書は親切な日本語仕様。
初期不良にも2週間以内なら対応してくれるそうです。







開けて触ってみた感じ、とても質感が高いです(小並)

ちょっとマルイのGBBと同価格帯としては良すぎるんじゃない??と思わせるほど。
フレーム・スライド共にサラッとしたブラスト仕上げのような質感で、安っぽさや玩具っぽさを感じさせません。

非常に剛性感もあり、強く握りこんでも一切軋んだりしません。






スライドにしっかり彫られたCZの刻印。





購入前に逸品屋さんから聞いてましたが、残念な事に反対側とチャンバーは無刻印(´・ω・`)

なにやら刻印入りのモデルもあるそうですが・・・・・







グリップには当然しっかりロゴマークがはいってます。
パターンはこれ実銃のハッキリ細かく映ってる画像が見当たらなかったんですが、どうなんでしょうかね(´・ω・`)?







アウターバレルはメタル。パッと見プラ製に見えるのですがwwww
ちゃんとティルトもしてます。



メタルアウターのおかげで、スライドを引いた時のジャキィ!って音がすこぶる気持ちよいです
最初この音と質感の高さのせいで、メタルスライドモデルと間違えたか???(;・д・)??って素で確認してしまいましたwww





メタルアウターとなるとスライドの耐久性も心配になってきますが、
KJのハンドガンはやたらとスライドが肉厚で、このCZも例に漏れずなかななか肉厚なので、そう簡単には割れなさそうな・・・・?










サイトはノバックタイプの3ポイントホワイトドット。前後共に樹脂製ですが、安っぽくはありません。
ドットも大きくて見易いです。海外製にありがちなドットの位置がズレてたりとか、片方が楕円とか変な事にもなってませんでした()
ファイアリングピンが6角ネジなのはちょっと・・・・まあ仕方ないか。







アンビタイプのサムセーフティ。
しっかりクリック感があって、勝手にセーフティがかかったり、うっかり解除されたりも無さそうです。




マガジンはグロックシリーズと同じような塗装の仕上げ。
マルイGBBと同じように、フォロアーを下げて、下からBB弾をジャラジャラ入れられるようになってます。
海外ではこのタイプが主流みたいですね・・・・。



バンパーにもしっかり刻印が。





この銃のとてもよかったのが、マガジンを差し込む時に、



「カキン!」


と、とても良い音を出してくれるところ。

細かいところですが、こういうのは個人的にものすごくポイント高いです。






命中精度やHOPは未検証ですが、作動性も良好。
俊敏なブローバックながらリコイルもなかなか強く、最新の国産GBBにも劣っていません。











初速も結構高め∠(゚Д゚)/
KJのマガジンはちょっと連射時の冷えに弱いので、そこだけが気がかりですが、
ハンドガンでフルロード連射することもあまり無いので、あとは命中精度が良ければゲームにも十分使えるんじゃないでしょうかとか。


マルシンの57でかなりハンドガンに対するハードルが上がってしまった自分ですが、
それでも「これはイイ!」と手放しで言えるほどの1丁です・・・!




マルイM&Pのハードルは更に上がっちゃったなぁ(遠い目  
タグ :KJCZ P-09


Posted by あんこ入り  at 17:13Comments(0)KJ WORKSCZ P09

< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ
VFC (58)
HK45CT (1)
VP9 (2)
MP7 (27)
HK417 (11)
VFC HK416 (10)
VFC M4 (9)
VR16 (2)
KSC (68)
STI (3)
P226 (4)
HK45 (20)
RM4 ERG (18)
CZ75 (11)
M93R (1)
M4 (10)
MP7 (1)
USP C (1)
HK45 (2)
M4 MWS (7)
S&W M66 (3)
M&P (5)
COLT PYTHON (4)
新次元 (2)
P226 (2)
M9 (1)
GLOCK (1)
WE (2)
WE M4 (0)
ARX160 (1)
APS CO2 (4)
WAM4 (1)
M19 (1)
BOLT (1)
MP5 (1)
G17 (1)
GLOCK (1)
WA (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 34人
プロフィール
あんこ入り
あんこ入り
ただのサバゲーマーです。
平日ゲーマーなので頻度は高くないですが、ぼちぼち関西のフィールドに出没してます
コメント等ありましたらTwitterの方にお願いします