2017年03月21日

PC356 ②


前に書いたのいつだっけか....
ちょっと間が空きましたが
http://ankoiri.militaryblog.jp/e834127.html の続き。




ディテール比較役のエアコキcz75。こっちは第二世代と呼ばれる頃のモデルなので、第三世代とどれくらい違うのかと。。







エジェクションポート。PC356は塗装のプラパーツながら綺麗に仕上げられてますが、CZは成型色のままで造型もなんというか昔のプラモデルという感じが_(:3」z)_






ファイアリングピンもダミーながらPC356はしっかり再現。







個人的にCZの1番気になるマズルフェイス(´Д` )
なんかぶっといぞ...一応ライフリングは入ってるけども。
同じ第三世代のガバメントはPC356と同様のクオリティです。

話が脱線しますが、以前読んだ漫画で登場したCZ75が、チャンバーカバーは角ばってて口径も妙に小さくて、なんとなく気になったんですが、あれはコレを元にして描かれてたのかなぁと....




なんとコレ、ハンマーダウンした状態でトリガーを引くと、ハンマーがちゃんと動きます。
いや、エアコキの特性上ダブルアクションには全く意味はないんですが、こういうのは大好きです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶




サイトはボーマータイプ。綺麗に作られてますがダミーなので調整とかは出来ません。
ネジもダミーなので回すとこわれるょ






セーフティ...ですがダミーです。後述しますが唯一この銃でネガティヴなところ。





スライドストップレバーがセーフティ機能を果たしてます。コッキングの有無に関わらず、ハンマーダウンしている状態で押し上げるとセーフティがかかります。ハンマーダウンしてると上がりません。
また、スライドを引いて切り欠きに合わせた状態でピンを抜くことで、ガスブロのようにフィールドストリッピングも出来ます。
が、基本的にあまりする必要は無く、どちかというと故障の原因にもなりそうなので弾が詰まったとか以外の状況で不必要にしない方がいいかと٩(๑❛ᴗ❛๑)۶



マガジンは30発のハイキャパシティマガジン。ちょっと後半弾込めしづらい。
正直エアコキで30発撃つのは結構労がいるのでサバゲで使うにしても予備マガジン1本あれば十分じゃないですかね....



大型のマグウェル。グリップはそんなに太くないですが、マグウェルのおかげか、かなり挿入しやすいと思います。





先述した一点だけ気になる、このセーフティ(ダミー)

コッキングする時に、めっちゃ手に干渉して痛い...

ガスブロ程度のコッキングの重さなら然程気にもならないんでしょうが、結構ガッツリ引かないとダメなエアコキには本当に邪魔www
これのせいでガバメントと比べると妙にコッキングがやりにくいんだよもおおおお

グローブ着用推奨_(:3」z)_






セーフティだけがちょっとアレですが、質感や細かいギミック等、3千円程で買えるにしては十分過ぎるほどの仕上がりだと思います。
白黒ツートンの特徴的な配色も非常にカッコよく、個人的には是非ガスブロでラインナップして欲しいモデルです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶




  

Posted by あんこ入り  at 21:56Comments(0)エアコキ

2017年02月20日

東京マルイ PC356①

エアコキって楽しいんですよ


東京マルイ PC356 18禁モデル
Smith&Wessonのカスタム部門パフォーマンスセンターが、シューティングマッチにおいて高得点を出す為にレギュレーションギリギリをついた専用弾薬を製作、その弾を撃つ為に作られたメーカー純正のマッチガンがこのPC356。

あえなくレギュレーションの規定変更でお役御免になった悲劇の銃でもあります_(:3 」∠)_

詳しくはこちらに記載されてます
http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?SW%20PC356

そんなわけで実銃が殆ど出回ってない事もあって、動画を探してもエアガンしか出てこない...( ´_ゝ`)
マルイがわざわざこれをモデルアップした理由が気になるます...




これは前回のガバメントと同様、第三世代と言われる最新のモデルにあたるので、外観はかなり整っています
http://ankoiri.militaryblog.jp/e830603.html




かっこよい!2トンカラーといっても、ただ上下で分けてるだけではなく、うまい具合にこう、、、、その、、、、あれだ、、、パターンというか、、、コントラストが、、、(

シルバーはメッキではなく塗装ですが、安っぽさも感じません。ガバメントに比べても重量感があり、サイズが大きいのも相まって、迫力◎

少なくとも3000円のハンドガンとしては十二分なクオリティです


我が家のPCカスタム勢
WAのショーティ40と並べても見劣りしない(*´◒`*)
いやそりゃ手に持って比べたら全然違いますが
マルイがモデルアップした理由、かっこ良かったから?とか思ってみたりします

操作とか実射も含めて詳しくはまた次回_(:3 」∠)_
  

Posted by あんこ入り  at 23:11Comments(0)エアコキ

2017年02月05日

東京マルイ M1911 エアーコッキングガン




エアコキの記事は新次元以来でしょうか。。。。ドゴーンとかやってましたね(黒歴史
今回はこれ、「東京マルイ M1911A1 エアーコッキング HG」
大分前にイラストの資料としてミリガバが欲しかったという理由だけで購入して、その後ず〜〜〜っと部屋で眠りっぱなしだったんですが。。。


ちょっと話がそれるんですが、前回サバゲー行った時にこういうのを持って行きまして








かの宝物庫より出でし、王にふさわしい輝きを持つゴールデンバビロニアンベレッタ・・・・(適当








や、ジョー○ンで投げ売りされた中華エアコキです。400円。
射精缶とか書いてありますね(違

でもこんなん持ってってもすぐ壊れそうだなーと思ったので、マルイのエアコキも予備で持って行ったわけです。








ところがこれがいざ使ってみると思いの外楽しい・・・!
実はこの日、前回レビューしたHK45Tをメインで使う予定だったんですが、こっちが楽しすぎてHK45Tがサブアームと化してました(ノ∀`)

正面からの撃ち合いでまともに勝つ事は困難で、また火力でゴリ押しされると非常に辛いので、いつも以上に素早い判断と素早いコッキングが要求されるわけです。
基本的に撃ち合いになったらすぐに引くというのが鉄則な気がしますが、ちょっと油断気味の相手にあえて正面から突撃したりする意表をついたプレイが功を奏したりするとたまらなく楽しい・・!裏取りに成功した時も、焦らず冷静に素早くコッキングして3人、4人と仕留められた時はしてやったりな気分になります。

倒された後に

「オイ・・・・あれエアコキかよ・・・・(絶望)」みたいな反応してる人が多かったのも面白かったです(ゲス顔

エアコキハンドガンというと初心者向けなイメージすらありますが、むしろサバゲー慣れしてる人にこそ使って楽しんで欲しい銃だと思います・・
流石に開けたフィールドで電動ガンとやり合うのは無謀極まりないですが、インドアやCQBフィールドなら立ち回り次第でその真価を発揮してくれるでしょう多分。







東京マルイ M1911A1 コルトガバメント エアーコッキング HG。
市場流通価格大体3000円程とガスブロの4分の1程の価格となかなかお手頃。

コッキングはガスブロと比べると、やはりかなり硬いですが、スライド自体が掴み易いので慣れれば然程苦にはなりません。
初速はマルイバイオ0.2g弾で67〜68m/s。飛距離もまあまあ。30mくらいなら当てられます。
フレームのパーティングラインこそ気になる物の、きちんと可動するハンマーやセーフティ、ファイアリングピンの再現等、価格以上の仕上がり。

ちなみにマルイのエアコキでも発売された時期によって内部や仕上がりが異なり、このミリガバは新しい世代のもののようです。
詳しくはこちらを参考にさせて頂きました。

東京マルイのエアコキで一番リアルなモデルとは?
http://toygun.webcrow.jp/airkoki_real.shtml







実グリも一応つけられました。写真では見えないようにしてますが1mm程グリップとフレームに隙間が空いてます。あんまりグリップにも銃にも加工したくなかったのでまあいいかなと()少し軽くなってしまいますが、流石にかっこいいですね実グリは・・・。







既に他のモデルまで購入しはじめるハマりっぷり。いや本当素晴らしいですエアコキは。
PC356についてはまた次回。








ちなみに上で書いた黄金銃ですが









1ゲーム目で崩壊しました。この雑種ゥ!!!!!!!!!(一応ヒットとれましたけどね・・)  


Posted by あんこ入り  at 10:11Comments(0)エアコキ