2014年02月27日

KWA版のHK45改良点




シュアファイアX300(のレプリカ)ゲットしました( ^ω^)
いつまでもCQフラッシュじゃあれだし・・・・・
耐久性とかはわかりませんが、外観はお値段以上にいい感じです。

個人的にウェポンライトつけたハンドガンが大好きです・・・・!



マルイのHK45の発売も秒読みですが、(半年位前から秒読んでる気もしますが)KWAのHK45がすこぶる快調なので、どうしようかなとww



色々問題点も多かったHK45ですが、KWA版でも同じ問題点を引きずっていた為かKSC版にそのまま使えそうな改良点が幾つか見られました。








まずこれ。




以前にも挙げましたが、スライドストップの切り欠き位置がKWA版では若干後退しています。


何故後退させたのかというと





リコイルスプリングについている、黒いリコイルブッシュ。

KSC版が手元にないので比較できないですが、少し長くなってるような。








これはリコイルスプリングを外した状態(左)と、組んだ状態(右)で一番後ろまで引っ張ったものです。

外した状態だとインナーフレームの引っかかりがある位置まで後退します。
恐らくKSC版はここまで後退するんじゃないでしょうか。

KWA版はリコイルブッシュのおかげでインナーフレームの突起に当たる前に止まります。
その分スライドストローク量も少し短くなっており、従来の切り欠き位置ではストップがかからなくなるため、切り欠き位置も後退させてあります。




KSC版の問題点の一つがこのスライドストロークの長さと、切り欠き位置のバランスの悪さです。


ストロークが長く、インナーフレームの突起部分まで後退する為、
スライドにかかる衝撃が強く、割れやすい可能性があります。

更にインナーフレームの突起部分まで後退しないと、スライドストップの切り欠き位置にストップパーツが届かない為、
スライドストップがかかりにくいという現象が起きていました。

従ってKSC版でスライドストップをしっかりかけるには、見た目を犠牲にしてスライドの切り欠きを削るか、
インナーフレームの突起とリコイルブッシュを削って更にストローク量を延ばすかというところです。

しかし後者のやり方ではスライドへの負担も増大するので、更に割れやすくなると思います(´・ω・`)


リアルな切り欠き位置を再現したが故の弊害というやつではないかと。




更にこれ




これも以前に対策は施しましたが。

持病を通り越して仕様レベルだった切り欠きの削れに関しては、
スライドストップパーツの先端を少し丸く削って、やや前に傾斜させるだけで全く削れなくなりました。







改良してから数百回以上ストップを下ろして解除してますが、削れは全くといっていいほど見られません。
リアルな見た目は失ってしまいますが(;^ω^;)





ちなみに切り欠きの削れはKSCの他製品でもユーザーからよく言われてますが・・・・・





これCZ75のストップパーツなんですが、矢印先の切り欠きに当たる部分が、かなり丸く滑らかに加工されております。
このおかげで、何度もスライドを引かずにストップを下ろして解除してみたんですが、殆ど削れておりませんでした。

HK45はこの接触部分がかなり鋭利かつ鋭角的に当たってるので、露骨にガリガリ削れてしまう印象です。

単純にストップパーツとスライドとの強度差だけでなく、接触する角度や面をうまくバランス取ればある程度解消できるのかもしれません。




ちなみにここはKWA版HK45でも対策がされておらず、対策をしないとアルミスライドでもお構い無しに削れてしまいます(;^ω^)






もひとつこれ







アウターバレルの割れ問題。

ブローバックして戻ってきたシリンダーユニットが、☆印の辺りにぶち当たって、
すぐ割れてしまうというケースがあったようです。






これはCZ75のシリンダーですが、HK45は白丸の部分がチャンバーカバーにガンガン当たってたようです。

HK45の場合、チャンバーカバーがかなり薄くなってるのも割れやすい要因でした(CZはかなり分厚いので多分大丈夫です)


高圧ガスを使って衝撃の強くなるKWA版では更に割れやすくなるのは確定的に明らか。







KWA版のHK45。

ぶち当たる部分がカットされており、シリンダーユニットはアウターバレルと接触しないようになっています。
KSC版のシリンダーの画像がネットで探しても見当たらなかったので、初期のものがどうなってたかはわかりませんが、
他のシステム7モデルの銃で手元にあるものはどれもカットされておらず、HK45には露骨に加工痕がついてたので、恐らく専用の対策が施されたのだと思われます。

構造の問題点はKSC・KWAで認識してるのでしょう(´・ω・`)




そこそこ温めたマガジンで1000発程撃ってますが、今のところスライドにもアウターにも特にクラック等は見当たりません。


キチンと対策すれば本当に良い出来だけに色々惜しい。

KWA版と同じ対策(+スライドストップパーツの加工)を施せば、KSCで再販しても以前ほど酷くはならないと思うんですが・・・・・

マルイに市場制圧される前に、コンパクトモデルやHW版なんかを期待してくれませんかねぇ







まあマルイが発売したらマルイHK45を持つ人をフィールドでよく見かけることになると思いますし、



KSCでマルイを狩るんじゃー(´・ω・`)



みたいな対抗意識を持ってモチべをあげるのもいいかもしれません
(対立煽りやめ  
タグ :HK45KSC


Posted by あんこ入り  at 00:49Comments(0)HK45KSC

2014年02月21日

特殊部隊本と93R用の・・・・・・・・




ミリブロでもニュースにでてました、

「イラストでまなぶ!世界の特殊部隊 アメリカ編
」きました◟(∗ ˊωˋ ∗)◞



http://www.yodobashi.com/ec/product/100000009002048787/index.html 



あまり説明見てなかったので大判のイラスト集に説明文ちょっと載ってる程度だと思ってたんですが








文字量やべーーー∠(゚Д゚;)



あ、普通に読めますかそうですか。





イラストは数ページの間に1枚あるという感じ。


かなり細かく書いてあるうえに、この調子で160Pぐらいあるので読み応えは十分です・・!





イラストみせろ?



そんなん買ってからのお楽しみに決まってんだろ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞














これも予約しなくちゃ・・・・・・・(使命感)











あと全然関係ないですが、93RHWの再生産きましたねー。

まあ自分は持ってるのでどうでもいいかーと思ったんですが














フォールディングストックも再生産されてるじゃないですかヤダー!( `д´)


これも注文しなきゃ・・・・・・・・(義務感
  

Posted by あんこ入り  at 22:39Comments(2)M93R

2014年02月20日

ワロTwo PPS








逸品屋さんで90twoのエアコキを販売されてたので飛びつきました(・∀・)!
ワルサーPPSも一緒に頂いてます。


エアコキにしては細部の作りこみが良い感じです




ワルサーPPSはなんとメタルスライド・・・・!
重量感もあるのでGBBと言われても納得してしまいそう







デコッキングインジケーターやら





ティルトバレルロッキングに





残弾0の状態で引くとホールドオープン!

90twoは手動でストップを引き上げないと止まりませんが。


重量感もあってかなり良い作りこみです。

スライドストップリリースしたときにジャキン(`ω´)って音を立てて戻るのはとてもいい感じ。








そして90two!

こいつは本当かっこいい・・・・・・・・








ファイアリングピンもきちんと作ってあります(別体部品ではないですが)


マルイのエアコキはCzしか持ってないので他のは知らないのですが、
Czに比べると全体的な仕上がりや細かい作りこみは格段に良いです。





輝くベレッタの正式刻印(その分余計なパテント刻印もありますが)




噂の「ワロtwo」wwwwwwwwwww


こっちはワルサーと違ってオールプラなので大分軽く感じます。
タナカのGBBハンドガンもこんな感じだった気がします()





実銃は海外ではポリマー勢に押されて不人気だったのか、既にラインナップからも消えつつあるようで惜しい限り(´・ω・`)

(実銃)


このM92を受け継ぎつつ近未来的に仕上がったデザインはすごく好きなんですが・・・・。

海外勢が作っちゃうとフルメタルになっちゃうので、マルイかKSC、もしくは最近あまりベレッタにやる気のないWA辺り作ってくれませんかね・・・・・
  

Posted by あんこ入り  at 12:26Comments(2)その他

2014年02月13日

FNX





ショットショーで出てたサイバーガンのFNXのリリースが近いようですが、

サイバーガン名義なのでM&P 9C同様普通に日本で入手するのは難しいのでしょう(´・ω・`;)

まあサイバーガン自体には色々思うところもありますが、ホント勢いがすごいですね。









個人的にはUSPよりも、こういうタイムリーなものをマルイにはどんどん出して欲しいと思ってるんですが・・・・。




今更振り返ってみたらマルイがM&Pのモックアップ出してたの、2009年のホビーショーなんですね・・・・・

マルイが遅くて悪いというわけではなく、他メーカーの競争力の無さや海外コピーの氾濫による損失、日本のトイガン業界を取り巻く厳しさを感じます。



とりあえずタクトレ勢は本当に待ってると思うので、M&P早く出してください(´・ω・`)
  

Posted by あんこ入り  at 20:58Comments(2)その他

2014年02月12日

マルイ・KSCのMP7はリアルか否か 3




重箱の隅をガツガツつついていくスタイルの僕ですこんばんわ





過去記事はこちら

http://ankoiri.militaryblog.jp/e412858.html(妄想・憶測編)
http://ankoiri.militaryblog.jp/e512369.html(確信編)












マルイのMP7A1の説明書見てたらこんな記述が。














実銃データェ・・・・・・



しかしこれ全長に関してはMP7のデータって事で納得できるんですが、

この重量「2100g」ってナンダ?(´・ω・`)?




http://www.heckler-koch.com/en/military/products/submachine-guns/mp7a1/mp7a1/overview.html


実銃のデータはH&Kにも記載されておりますが、1900g




ここに記載されてるのはマガジン込みの重量です(Weight→Weaponの横の「!」マークにカーソルを合わせると表記されてます)

他にもマガジン抜きで1800gという記述があったので間違いないでしょう。

20連マガジンの重量が100g。40連が200g

20連マガジンを挿した前提の本体重量のため、40連挿しでも2000gなのでマルイのデータは計算が合いませぬ。



実銃MP7・MP7A1のデータを色々集めてみましたが、合致するものはありませんでした。





今までの過程で思うところは、どうもWikiとか情報サイトを見てると、

MP7とMP7A1のデータが入り混じったりしてグダグダになってるものがすごく多い。









http://en.wikipedia.org/wiki/Heckler_%26_Koch_MP7

これなんかもそうですが、本家にリンクを貼っておきながらマガジン無し重量を1.9kgと記載していたり、



MP7からMP7A1になってレシーバー伸ばしたけどストック薄くなったから全長一緒だよHAHAHA」って書いてる割に、データはしっかりMP7A1のものですし・・・・・



http://ja.wikipedia.org/wiki/H%26K_MP7

日本のwikiに至っては、プロトタイプPDWの重量のまま。

ちなみに実銃MP7の重量は1.6kg







マルイは実銃のデータを持たぬまま、この辺の適当なデータを鵜呑みにしちゃった可能性があります。







まあwikiは絶対信頼できるというものでもないですし、
個人のサイトで誤植してたら「嘘乙wwwwwwww」程度で終る話ですが、メーカーが




「実銃データ(ドヤアァァ」





で、これはさすがにちょっとリサーチ不足では(´・ω・`lll)

無理して新型(当時)で出さなくても良かったんじゃないかと思います・・・・・。








また以前の記事で、wikiからの情報を元に、


連射速度を遅くする為にボルトストロークを伸ばしたのでサイズがデカくなった
と仮定しました



あれは多分日本の銃雑誌からの出典なんでしょうが、

本家の過去のデータを遡っても、MP7からMP7A1になってから発射レートが低下しているというものが見当たらなく、

ちょっと信憑性に欠ける情報です。



もしかしたら、ただ単に窮屈だからデカくしただけなんじゃないかと思えてきました・・・・・・・(´・ω・`;;;)


VFCサイズは本当構えるの楽なんですよおおおお



次回ロットの説明書から実銃データ消えてるかもですね(煽り)  


Posted by あんこ入り  at 00:56Comments(2)VFCMP7KSC東京マルイ

2014年02月10日

VFC MP7A1の問題点

すこぶる快調なMP7ですが、2重給弾が起こるというコメントをいただきまして(´・ω・`)


自分の個体では確認できなかったので、どの辺が不安要素なのかなぁと考えてみたところ。









ローディングノズルのリターンスプリングが弱いのか、イマイチ戻りが悪く、

引っ張っても途中で止まるんですよね。









ボルトキャリアが後退するときに、ローディングノズルはチャンバーに引っ張られて前に伸びるんですが、

普通はボルトキャリアが後退しきって、前進する時に元の位置に戻ってます。



これの戻りが悪いせいで、キャリアーが前進する時に中途半端にローディングノズルが次弾に当たってしまい、

2重給弾や弾づまりの要因になるのでは・・・・・・・と。

まあ仮定ですので、とりあえず戻りが悪いのをなんとかしてみます。






とりあえずシリンダーに嵌ってるスプリングを出してみる








なんか絡まっておる・・・・・・・(´・ω・`;;)

これは多分取り出す段階で絡まったんだと思いますが・・・・・。
この状態で前後してたらもっと変形してると筈なので。





酷い事に





とりあえずガイドから外れないように






瞬着盛ってみた






正直こんなんで改善されるとは思ってないですが、

もしかしたら?なんて淡い期待を抱いて組みなおしてみたところ












余計戻らなくなった/(^o^)\



しかも瞬着盛りすぎてスプリングがとれぬwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



ファーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww








orz






まあ普通に撃てました(何なの)







何にしてもここのスプリングはもうちょい強いものに換えた方がよさそうです
  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 09:10Comments(3)VFCMP7

2014年02月08日

VFCのMP7?



HK416のアレさ加減に比べて、MP7の快調さが恐ろしい(`ェ´)



数えてないですが、もう3~4千発分は作動させてますが、未だにパーツの破損等無し。

M4もHK416も買ってすぐハンマー折れたのに!!!()








ボルトキャリアーのストップ部分の削れ方を見るために、空マガジンいれてコッキング→ストップ→リリース を100回くらい繰り返してみましたが、
削れて変形したりなんて事もありませんでした。


うーーん









君は本当にVFCの子ですか(失礼)





予備マガジンもそろそろ来るそうですし、
暖かくなる頃が楽しみです∠(゚Д゚)/

http://pravda.militaryblog.jp/



夏にゲーム行けることがあればコイツで。
  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 00:38Comments(4)VFCMP7

2014年02月03日

VFC HK416のマガジンェ・・・・・・




MP7の快調さとは裏腹に、なかなか上手くいかないHK416。


色々弄っても不具合が続出するので、なんだかなーと思ってたら、どうもマガジンが悪さをしてました。






同じくVFCのM4マガジンとHK416のマガジン。

同じものですよねこれ?(´・ω・`)
左側がM4に付属してたマガジン、右がHK416についてたものです。


バージョンの違いなのかロットの違いなのか不良品なのかわかりませんが、
給弾口前の盛り上がりがHK416に付属してたものにはありませんでした。

これが無いせいか、やたらガタつくわ、脱落するわで・・・・・・・


また雑動画撮って見ました。








ガタつくせいで、バルブの叩き方がおかしくなるのか、テープでちょっと盛ってガタつきを取ったら大分改善されましたが・・・。
今売ってるマガジンはどうなってるんだろう・・・・・・。

  
タグ :VFCHK416


Posted by あんこ入り  at 00:17Comments(5)VFCVFC HK416

2014年02月02日

MP7A1のフルオートとリコイルスプリングの件






メーカー純正スプリングとM93Rのスプリング組み込んだ物で比較してみました。

あ、慣らしが済んだのか、純正でも結構動くようになってましたよ(ぇ






なるほどわかりにくい()


4倍スローで再生してみたところ、純正は40発頃からサイクルがガクッと落ちてきてますが、
93Rスプリング仕様だと、60発ぐらいまで安定したサイクルで動いてます。

良い状態を保って撃つ分なら純正でも問題無さそうです。
ちょっと気温やガスの状態変化には弱い気もしますが。

リコイルは落ちたというか、落ちたかな?程度なのであんま気にならないかも。(気分で言ってる事が変ってる気がする)

あと慣らしが済んだせいかガスの状態なのかわかりませんが、初速が前より高めになってる事。





まあ問題はないですが、特に温度が高いわけでもないのに93mps近くまで出てる時があったので、
夏場のゲームに使用するなら一応気にしといたほうがいいかもです。
負圧バルブを日本仕様に換えておけばまあ大丈夫でしょう多分。




連射速度








はやいもうきたこれで勝つる!

初速がアレなのは銃口ブレブレでおかしなことになってたからです(´・ω・`)
連射速度ももしかしたらおかしな数値が出てるだけかも知れません

ただリアルな連射速度という感じではないので、その辺気になる人もいるかもです。
マルイがリアルな連射速度らしいですが。

純正状態の連射速度は計るの忘れました()





んー、いいカメラと編集技術が欲しい。

ハイパー道楽さんみたいの撮りたいですね。

\でーんでーんでーんでーん でででで/  みたいな。 (は?


  
タグ :VFCMP7


Posted by あんこ入り  at 01:21Comments(0)VFCMP7

2014年02月01日

WEのマガジンガス漏れ



今更感が半端ないですが、最近ツイッターよくやってます(=^ω^)

愛銃晒したらフォロワーが増えるというので、色々晒してみたんですが













SVDをUPった時だけ異常にフォロワーが増えたwwwww

かっこいいですしねー( ´ω`)
見た目だけじゃなくて名前もかっこいい。

ドラグノフですよドラグノフ。

ロシアではよくある苗字なんでしょうか・・・・。






久々に動かそうと引っ張り出してきたら盛大にガス漏れしてました。しかも2本とも(´・ω・`)


といっても、今までにも何回も盛れてるんですが、大体マルゼン式ガス漏れ修復方で直ります





マルゼン式とは?




LAホビーショップさんかどこかに書いてあったと思いますが、
やり方は以下の通り。




1・まずマガジンのガスを全て抜く


2・マガジンを温める。結構温める(必ずガス抜いてからやって下しあ)


3・マガジンを上、ガスボンベを下にして、気化ガスを入れる





4・数秒いれたらバルブを押してガスを抜く(気化ガスしか入れてないので白いガスは出ません)


5・3~4を何度か繰り返す


6・普通にガスを入れる


これで漏れなければOK☆ (ゝω・)



漏れるたびにやってますが、毎回これで直ってます。




マルゼンの他、WAやタナカのマガジンも、ガスを空にしてほったらかしておくと、
しばらくしてから入れたらガス漏れを起こしたりしますが(現行マガジンでもなります)
同じ方法で大体直ります。直らなくてもガス入れて何d回か撃って1日寝かせておいたら直ってたりします。経験上ですが。
  

Posted by あんこ入り  at 16:20Comments(2)Dragunova SVD