2015年11月22日

VFC M4 GBB MK18 Mod.1 2015ver 2



ダニエルディフェンスのハンドガードかっこいいな〜・・・・


ということでVFCのGBBR、MK18 Mod.1。
ざっと見てみましたけど、前回書いた通り中身の構成に関してはSABERと変わった部分は無いようです。



DX版はセレクターやマガジンキャッチ等にスチールパーツが奢られてますが、価格的にはあまり変わらないお得設定?






早速撃ってみようと思ってチャーハン引いて撃ってみたんですが



「カキン」




ハンマーが落ちるだけで動かない。あれ?(´ω`)


ガスもちゃんと入ってるしおかしいな・・・・・と思って一度マガジンを抜いて、ガチャガチャした後にもう一度やってみると撃てました。しかしハンマーが落ちた状態でマガジンを挿してから撃つとやはり撃てない。ブローバックもなんだか弱々しい。そういえばこれSABER買った時も同じ事があったような気が・・・・・・・嫌な予感。

テイクダウンして見てみる事に。





んでまずこれもSABERと同じく、テイクダウンピン抜いても開かない(´ω`)

トレポンのようにストック後端を強く叩くと開きましたが、フロントピンの回りが破損しそうな感じもするのでちょっと怖い。あんまりオススメしないです。





フロントピンも抜いておとなしくアッパー分割した方が安全です。
ちなみにリアのピンを先に抜いてしまうと、フロントピンに力がかかって抜きにくくなるので、先にフロント側から抜いた方が良さげです。

SABERの時は干渉する部分を削ってテイクダウンできるようにしましたが、その影響かわかりませんが極わずかにレシーバー上下でガタが出てるので、削って開けやすくするのも自己責任でおながいします。



そして肝心のファイアリングピンを見てみますと






なにしてんのコイツ・・・(´ω`)

正常な状態だとマガジンが刺さってない時は、バルブに当たるパーツが下に降りてるんですが・・・・しかも何か斜めってるし・・・・。
とりあえず分解してみます。

需要有るかわかりませんが、一応分解方法も後述しておきます
僕の場合初めてまともに分解したのがVFCのM4で、今思えばすぐ分かるような事でもすごく悩んでしまったので少しでも参考になれば幸いですが・・。
ちなみに当時の記事 ▶︎ http://ankoiri.militaryblog.jp/e407950.html 今より生き生きしてるけど草生やしすぎでウザいですね()



とりあえず分解してファイアリングピン取り出してみました。
予備パーツを常備してたので、それと比較してみます。



(左 予備パーツ 右 組まれてたもの)


組まれてた方、真ん中に入ってるピンがちゃんと左右にかかっておらず、グラグラしてます(´ω`)





根元がしっかり固定されてないので、一度あがって引っかかると降りてこない仕様・・・・
っていうかこれ、SABERの時もなってたけど、もしかしてこれ折れたんじゃなくて元々だったのか・・・・






明らかにピンが左右に届かない寸足らずなんですけど・・・・・VFCさん??
予備パーツの方はそんな事ないんですが何でだ・・・。

とりあえず交換したらマガジン挿した状態からハンマー起こしてもちゃんと撃てるようになりました(´ω`)個体差?にしても二連続ってのもアレなのでもしかしたら仕様なのかも・・・・一応販売店さんに問い合わせてみますかね・・・。




続きからファイアリングピン回りの分解
  » 続きを読む
タグ :VFCM4


Posted by あんこ入り  at 23:24Comments(15)VFCVFC M4

2015年11月20日

VFC M4 GBB MK18 Mod.1 2015ver 1





・・・・・・・(白目)


えー・・・VFCのMK18Mod.1、2015verです・・・・。

ちょっと時期被り過ぎでは・・・







米軍の特殊な方々が使ってる銃らしいですが、そっち方面の知識皆無なので・・・(宝の持ち腐れ)
ダニエル・ディフェンスのライセンスも受けたハンドガードは格好良いと思います。

外装以外SABERと一緒みたいですが、DX版で少しスチールパーツが奢られてたりしますが・・・・詳しくはまた後日レビューします( ´ω`)  
タグ :VFCGBB


Posted by あんこ入り  at 16:33Comments(9)VFCVFC M4

2015年11月19日

東京マルイ M4A1 MWS ガスブローバック 2





早速サバゲーで使ってきました、東京マルイM4A1 MWS٩( >ω< )و












早速ビチョビチョ()

気温も17度とやや冷えところで雨が降ったりやんだりするという、あまり宜しくないコンディションでしたが、作動を見るには逆にもってこいかなと。







マガジンはあえて温めずそのまま使ってました。






結構きつく降ってる中でもお構いなしに運用してましたが、動作不良は全くなく、普通に使って冷えてパワーダウンするという事も殆ど無かったです。
流石に連射しまくると失速気味だったのでフルオート戦はやはり厳しいと思いますが。セミで使ってる分にはビシッとキレのあるブローバックが楽しめました。コレくらいの気温だとガスブロは結構ヘロヘロするんですけどね・・・流石。








チームメンバーにも使ってもらいましたが絶賛しておりました٩( >ω< )و



初速は計測時で79m/s。
箱出しすぐの時は初速が30〜80m/sと大きくバラついてたんですが、撃ってるうちにある程度安定するようになりました。

ゲームから帰って20度の室内で30発撃って計測してみたところ、初速は大体72〜81m/sでした。緩やかに落ちて行くわけではなく、上がったり下がったりしてましたが、ガスブロライフルは20くらい上下に変動するモノも多いので、割と良い方でははないなと。

燃費はマルイの400gガス缶一本使って、約27マガジン分撃てました。35発装填できるのでおよそ950発位。さすがにハンドガンよりは消耗が激しいですが、長物としてはそこそこだと思います。








ちょっと気になったのが、他の方のレビュー見てると、テイクダウンピンは簡単に抜けるという話だったのですが、僕の個体は工具使わないと硬くて到底抜けず、ホップ調整が少しめんどくさかったです;ホップダイヤル自体も回しにくくてちょっとイマイチ。何回かやってたらスムーズになるんだろうか・・・・。









部屋撃ち含め5000発位撃ちましたが、今の所目立った摩耗はなし






ボルトキャリアのストップがかかる部分の削れ等も一切無し。もうしばらく撃ち込んでみたいところです。


これからの季節は益々厳しくなって行くと思いますが、お座敷なら必要十分、ゲームユースでも運用しやすいガスブロではないかと思います。
本当はVFCのM4も持って行って比較するつもりだったんですが、重かったのでやめました。スイマセン(軟弱並感
  


Posted by あんこ入り  at 12:03Comments(18)東京マルイM4 MWS

2015年11月18日

東京マルイ M4A1 MWS ガスブローバック 1





長かった・・・・やっと来ました 東京マルイM4A1 MWS ガスブローバック

M&Pとか程ではないにしても、完成品っぽいのが出来てるような状態から、ず〜〜〜〜〜っとおあずけを食らってたので本当長く感じました。
正直なところ、何度も取り上げたVFCの2015モデルが非常に良かったので、もう今更買う必要もないかなーと薄々思ってたんですが



「あ、これは良い。ヤバい」


とりあえず箱出しで1マガジン撃ってみてすぐそう思いました



ということで早速・・・・。







外装に関してはざっくり感想だけですが、すごく良いと思います(KONAMI)刻印とか細かい造詣で突っ込む所もありますが、セラコートの質感は玩具っぽさは感じさせませんし、レールハンドガードなんかもエッジもビシッと立っててすごく綺麗ですね。

ただ僕の持ってる他の銃のセラコートされたものに比べて若干ザラッとした感じが薄いような。キノセイ?








外装は置いといて、気になる気になる作動性。

とりあえず暖めて撃ってみた所、マルイの方はかなり鋭くビシッとくるブローバック。とにかくブローバックがすごく速くて、他社のM4にはあまり無い、中で何かが弾けてるような感触です。フルオートもサイクルが非常に速くて、ズガガガガッと肩に衝撃が伝わってきて、いや、本当撃っててめっちゃ楽しいですよコレ。ヤバい。セミでの速射もキレがよくてかなり楽しいのですが、これは是非フルオートを味わって欲しい・・・中身がどうとか割とどうでもよくなる位に楽しいです。

絶対的なリコイルショックの強さではWA・VFCとあまり変わらないですが、サイクルの速さのおかげで、撃ってる時の迫力はマルイの方があると思います。







続いてマガジンを冷蔵庫に30分程ぶち込んで冷え耐性を見てみます(冷蔵庫の温度は9度)










かなり動きますね・・・・・・
ブローバックも暖めた時程ではないにしても割とガツガツきますしホールドオープンもばっちり。





比較用にVFCのVR16も同じ条件で撃ってみました





こっちもかなり動く()
サイクルがマルイに比べると結構遅いので弱ってるようにも見えますが、これは元々の味付けの違いであって、作動の安定感自体はVFCの方がある気がします。






更に温度の低い冷蔵庫(5度)に、今度は本体ごと入れて30分寝かせてみました。
マルシンの57の時もそうでしたが、本体の冷え加減というのも結構作動に影響してきますし、実際寒い日の野外で使うとなると本体もかなり冷えてしまうので、それを想定した感じです。



正直動くかどうかも怪しい状態ですが早速チャレンジ。







おお・・・・・・・
この条件下で動いてるだけでも凄いんですが、ホールドオープンこそしなかったものの全弾撃ちきれました。初速も65くらいは出ていたので、暖めながら上手く運用すれば冬でも行けそうですね・・・・・







同じ条件でVR16





ええ・・・・・(困惑)
大容量マガジンの恩恵もあるんでしょうが、安定感ではマルイよりも一歩上?これも改めて本当凄いですね・・・・・公式で自信満々に水ボチャ動画とか上げてくるだけの事はありますね・・・・。ちなみにこの状態での初速は60程でした。

このテストの間に両方とも2000発ずつ撃ちましたが、どちらも普通に撃って二重給弾や閉鎖不良といった不具合が一度も無かったのも特筆モノ。これはヤバいですね・・・・・

サバゲーでの使用感はまた後日(’ω’)ノ
  


Posted by あんこ入り  at 00:10Comments(24)東京マルイM4 MWS

2015年11月14日

東京マルイ M4A1 MWS ガスブローバックレビュー!




ようやっと僕の所にも到着しました!東京マルイ、M4A1 MWSガスブローバック!
早速レビューしていきます!














まずはこう・・・・外装の再現度はかなり高いですね・・・・流石です。
セラコー◎はちょっとわかりませんでしたがかなり上質感があります(あります










ガスブロの醍醐味テイクダウン!バカっと開きます








そして強烈なブローバックに実銃並の発砲音・・・・・!?流石ですね










いやその・・・・まだ届いてなくてっていうか入荷してるのかどうかもわからなくてちょっとヘイト上昇気味でしてですね・・・・( ∵ )大分前から予約してたんだけどなぁ・・・・  


Posted by あんこ入り  at 23:27Comments(5)東京マルイM4 MWS

2015年11月14日

タナカ コルトパイソン Rモデル


生まれて一番最初に覚えた銃の名前が、UZI。2番目がこれでした。






COLT PYTHON

言わずもがなシティーハンターの影響ですが(・w・)
未だにリボルバーといえばパイソンというイメージが僕の中では強いです。
シティーハンターも今年で30周年とかで色々やってますね。


という事で、今回はタナカから新発売されたコルトパイソンHW Rモデルをレビュー
旧モデル触った事無いのでちょっと比較はできませんが()









結構大きい化粧箱に入ってきました。木目調のプリントされたシンプルな箱でいいですね












いやもう本当このフォルムだけでご飯10杯は行けそうです
特徴的なベンチレーテッドリブの醸し出す迫力がたまらない・・・・。

重量も900gオーバーと、マルイのパイソンと比較すると1.5倍ほどあってかなりずっしりきます






Rモデルになって変更されたというサイドプレート。金属化されたということですが、フレームのHW素材と同じような質感なので、パッと見ではあまりわからないかも?逆にいうとフレームの質感が金属っぽいということでもありますが。





グリップ。
艶があってめっちゃ綺麗でいいですねー・・・これプラだよね・・・?
勿論ペガサスリボルバーなので注入口なんかも無いです






シリンダー。
ちょっと出すのが硬かったけれど、何回か出し入れしてたらスムーズになってきました。
シリンダー自体は滑らかに回転しますねb






刻印。左側の刻印がちょっと薄い・・・?
YとNが今にも消えそうな感じ・・・。






マルイのパイソン、マルシンのアナコンダと比較してましたが、やっぱりちょっと薄い。
マルシンの刻印が一番くっきりキレイかなと。





右側は割としっかり入ってるんですけどね・・・こういうものなのかな?






タナカのリボルバーで個人的に一番いいなと思うのが、ハンマーを起こしたり、トリガーを引いたりする時の感触ですね。
すっごく滑らかにスーッとハンマーを引けて、シリンダーも同じように滑らかに回転する感触、更にトリガーを引いた時の硬くも柔らかくもなく、カチン!と意のままに落とせる感じは本当に良いです・・・
ダブルアクションの感触も割と良いですが、やはりシングルアクションで撃つ方がいいですね・・・。



初速は人肌で暖めて70m/s程でした
ハンドガンとしては平均よりちょっと低いくらいですが、リボルバーとしては高い方だと思います。

15mの距離で実射もしてみました。
同社のM19がお世辞にもよく飛ぶとは言い難く、初速こそ同じ位の数値だったにも関わらず10m程の距離でも「はらしょお⤵︎」な感じのドロップ弾だったり右に左に飛んでいったりしてたので、ホップアップの変更されたRモデルには結構期待していたのですが、実際撃ってみるとかなりキレイに伸びて行く弾道にちょっと驚きました。
15m先の30cm四方のペーパーにもしっかり当たる程だったので、インドアやCQBフィールドなら結構使えるのではないかと思います。


あと実銃同様のトリガー結合方式に変わったらしいですが、実銃の構造も旧型の構造もあまりわかってないので気になる方はご購入下さい・・・( ∵ )  


Posted by あんこ入り  at 15:42Comments(24)タナカコルトパイソン

2015年11月11日

マルシン CO2 FN57 FDE



ちょっと遅れながらやってきました、マルシンFN Five-seveN CO2のFDEカラー(∩´∀`)
個人的には黒単色の方が好みなんですが、現物見てみたら思ってたよりも落ち着いた感じでよかったです。









カラーリング変更はフレームと各部操作パーツ類が全部黒に。











ボンベ取り付けるところの蓋も黒になってました。
これは目立たなくなるので好印象◎





GUNSLINGER GIRLのトリノ原発でクローチェ兄弟が装備してたのもこのカラーですかね
ジャコモにはあまり効かなかったですが(´ω`)ふぇぇ・・





内部パーツの変更は特に無いと思います。
相変わらず他を寄せ付けない迫力のブローバック、発射音、耐寒性、そして優れた命中精度と飛距離で全く文句無しです。



前にも書いたと思いますが、マガジン(ボンベ)は冷凍庫にしばらく入れておいても撃てる程冷えに強いですが、本体のほうは極端に冷えてしまうと作動不良を起こしやすくなります



↑の動画のように、雪の中にしばらく放置して本体を冷やしてから撃つと、途中で閉鎖不良を起こすようになりました。

また、この製品に限った話ではないですが、極端に冷えてくるとスライドや内部パーツが破損しやすい傾向にあるので、本体はホルスターに挿しっぱなしにするよりも、パンツのポケットやポーチに入れて無駄に外気温に晒されるのを避けたり、セーフティでも冷えない工夫をする等で、快適な使用ができるかと思います(ただし過度な暖めも逆効果です)



ちなみにローカルネタですが、奈良のC.Q.B HORNET様でもマルシンのCO2ガスガンが使用可能になりました☆(・ω・ノノ゙☆パチパチ
これは嬉しいですね。

C.Q.B HORNET様のHP
http://cqb-hornet.com
レギュレーション一部改定のお知らせ
http://cqb-hornet.com/2015/11/597/


少しずつ使えるフィールドが増えてゆくと良いなと思います・・・!  


Posted by あんこ入り  at 23:49Comments(4)マルシン

2015年11月06日

VFC HK416C GBB 2

マルイのM4 MWSで盛り上がってる所にVFCの2015モデルも本格的に近日入荷の報が・・ぶつけてきたのかな・・・(・ω・)

まだ触ってないので何とも言えませんが、マルイのM4は実射性能・耐久性能・作動性能を極力高めて来たのに対して、VFCのM4はリアルな構造はキープしつつ、作動性能を高めて来ており、正直どっちも素晴らしいのではないかと(思ってます。予想ですが)


さてそれはとりあえず置いといて、先日なげっぱなし記事を書いたHK416C(旧モデル)ですが、ガスもしっかり補充しました






改めて見てみるとやっぱりかっこいい・・・・・ほんとかっこいい何だコレ・・・・
前回も言った気がしますがものすごい塊感があってめっちゃかっこいいんですよ!(語彙不足)











(っ´ω`c)








旧型と新型との差異はやはりなんと言ってもマガジンです




並べてみましたが2015マガジンだけ明らかに大きいですね。

真ん中のはHKライセンス入りで、下がコルトマガジン。HKマガジン2本あるのですが、泣きたくなるくらい調子悪いです(´ω;`)
旧型もロットによってバルブ等が微妙に違いがあるようです・・・。















あとこれは旧型・新型共通ですが、ボルトキャリア




M4ボルトに比べて、416ボルトの方がガスカットタイミングが遅くなるように取ってあり、より強烈なブローバックを味わえます。その分M4の方がキレがよくなるようにセッティングしてあり、冷えに強く安定した印象。

M4の方はズダダダダダン!という感じで、HK416の方はガキンキンキンキンキン!!!と、かなり派手に金属音を響かせながら、肩にくるブローバックが印象的。。


ということで実際撃ってみます












まず旧型(コルトマガジン)
ガスは多分7割程入った状態で人肌に温めました。ちなみにガスタンクの容量は新型の半分もありません・・・。


z(フルロードしたつもりが20発ぐらいしか入ってませんでした)


ちょっとガス吹いてますが旧型の割には良く動いてる方だと思います。
寒くなっては来てますが、温めながらセミで使えばなんとか運用できるかなというところ









続いて新型マガジン
こっちはガス入れた後、特に温めずに使ってみました(室温20度)






わかりにくいかもしれませんが、ガスも吹かなくなり、作動の安定感も桁違いです。本当に同じ銃なのかどうか疑ってしまうくらいに激変しました。
またマガジンを温めるとさらに顕著で、ブローバックがめっちゃ強烈になって、ちょっと変な笑いがでましたww

ストックが短いのでより激しく感じるというのもありますが、他社も含めてM4/HK416シリーズの中では体感できるブローバックの衝撃は最大クラスではないかと・・・本当このマガジンにはちょっと驚かされっぱなしです・・・・。



皮肉や嫌味ではなく、マルイのM4 MWSがこれを超える驚きを見せてくれる事を期待してます・・・!






オマケの調子悪い旧型マガジン




。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

放出バルブを換えると良いかも知れません・・・・・・  


Posted by あんこ入り  at 00:38Comments(5)VFCVFC HK416

2015年11月04日

マルイ M4MWS ガスブローバック


長かった・・・やっと発売\( >ω< )/
と思ったらまたえらく急ですね・・・・来週とは。

丁度発売後にサバゲーの予定があるのでガッツリ撃ち込んでみたいと思います。
季節的にはちょっと厳しくなってきましたが、年中ガスブロ使ってサバゲーしてる自分的には問題ありません()


VFCのVR16と一緒にレビュー予定\( >ω< )/
そういえばVFC M4シリーズのDX版大分遅れてるみたいですね・・・・マルイM4が発売されるまでにアナウンスでもあると良いのですが。
ではでは  


Posted by あんこ入り  at 13:16Comments(8)東京マルイM4 MWS