スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年02月23日

バトンのCO2ハンドガン( 'ω')



きました。バトンのCO2 ハンドガン DRAGONFLY BSP
これをグロックと呼ぶのはグロック好きの自分的には抵抗あるので呼びません_(:3 」∠ )_





この製品については年明けにちょろりと試射してきたわけですが、

http://ankoiri.militaryblog.jp/c46077.html

正直あんまりいい印象がなかったのでやや不安・・・。






各部操作系については正月のときとそんな印象変わらないですね・・・・
トリガーは最初のトラベルで一回変な引っかかりがあってもう一回止まってそこからハンマーが落ちるので、
一気に引くにもハンマーが落ちる寸前で止めるにもちょっと難。
セーフティも使い慣れたらさほど苦ではなくなりましたが、そもそもセーフティ解除にトリガー触るって言うのはどうなんだろうとか思ったり・・・。







とりあえず撃ってみた感想だけザックリ言ってしまうと、
ブローバックのスピードが兎に角速い。

マルイのXDMやマルシン57よりも速く、凄まじくキレのある撃ち味。
重みに欠ける分実際手に感じる衝撃としては57のほうが強いかもですが。

年始に秋葉で撃ったやつはやっぱりガス少なかったのかな?




スローで撮影してみましたがそれでも普通のガスブロ並の後退速度があると思います。

また発射時の音がものすごくて、結構耳にきます。
イヤマフつけたほうがいいかも(
一発にガス放出しまくってるのか、燃費は最悪です(∵ )

とはいえ撃ち味は非常に好印象なので、ネガティブ要素を考慮しても楽しい銃だと思います・・・・。





とても当たり障りのないレビューをしましたが、最後にこれだけ。

マルイや他社製品との互換性は無くすようにしてほしかったです・・・・・。

事前のレビューサイトでの広告で他社製のガスガンには使用できない(断言)という記載があったので、何らかの対策が講じられてるのかと期待していたのですが、実際は何の手も施さずそのまま使えてしまうらしいので、えー・・・うーん・・・・どうなんだろうなあ・・・・・・と、頭にクエスチョンマークを抱えながら眺めているところです・・・・・。  
タグ :バトンCO2


Posted by あんこ入り  at 23:29Comments(3)APS CO2

2016年02月15日

VALOR TARGET




ちょっとこういうのを買ってみました。VALOR TARGET ('ω')


多くのお座敷シューターが抱える「どこに弾を撃つか」という悩みに応えられるかと。

今までマルイのプロターゲットをずっと使ってましたが、あれすぐ壊れるし。。。(´ω`)せめて替えネット単品で販売してくれればいいんですが





アマゾンで頼んだらこの箱のまま来ました。
まあこれ以上梱包されても余計な包材増えるだけですしOK





箱から出したらダーツ用の的みたいなのが付いてるんですが、永久に使う事はないとおもうので取り外して箱に戻して倉庫行き ノ===□
あとターゲットペーパーが10枚とモップが二つ
ペーパーは結構結構張りのある厚紙。







どうみてもモップですありがとうございました( ’ω')






説明書は全部英語。
まあミリブロとか見てるミリタリーマニアの方々は英語の説明書くらい軽くクリアーですね。
全く読めませんでしたが


日本語説明書つけて、どうぞ



内側に取り外し式のバーがあるので、そこにモップをひっかけてペーパーをつけるだけですがが






ペーパーはここの部分が磁石のクリップになってるのでここで挟むだけ。
下部は一応嵌る部分がありますが、しっかり固定できるわけではないので思ってたよりちょっとふわふわしててちょっと不安でしたが、紙自体が厚いので特に問題はなかったです。



とりあえずどれくらいのものなのかとテスト。

トレポンで接射フルオート






眺弾無し。なかなかいいですね・・・

この後開いた部分に撃ち込んだら数十発に1発ぐらいポロッとでてきましたが、勢いは完全に殺されてるし、貫通するような構造でもないので怪我や周囲の破壊の心配は殆ど無いと思います(でもアイウェアはちゃんとつけてくださいね)





ストレス解消も兼ねてバンバン撃ちまくってみましたがでてくる弾は数える程でした。
ターゲット自体が大きいので、部屋で使う分にはよほど雑に構えたり意図的に外側ぎりぎりを狙ったりしない限り、枠に中てて眺弾したり外して壁に当たったりする事もそうそう無いと思うので安心して撃てました。

もう少し使い込んでみてモップの耐久性が気になるところですが、個人的にはもうちょっと早めに買っとけばボロボロの段ボールとか壊れたプロターゲット量産しなくてよかったかなと・・・( ∵ ∩ )  
タグ :お座敷


Posted by あんこ入り  at 00:47Comments(6)その他

2016年02月03日

タナカ コルトパイソン Rモデル 2


たまにサバゲーに電動ガン持って行ったら朝から全く動かないというトラブルに見舞われてしまい、
サブアームに頼らざるを得なくなったのですが(レンタルは高いので・・・)










リボルバーしかもってきてなかった('ω‘ )


開き直って遊んでみましたが割とヒットも取れたし面白かったです。







タナカパイソンの実射性能ですが、ホップはとても安定していて真っすぐ狙ったところに中る印象でした。
かなり寒くて、初速が50m/s程度まで落ちてたので30m位でドロップしてしまいましたが、温めれば78程は出る銃なので夏場はもっと飛ぶと思います。

またシリンダーとトリガーの連結が非の打ち所がない程シンクロしており、トリガーの引きも抜群にスムーズでハンマーの落ちどころも分かりやすく、とにかく遊んで楽しい銃でした。
シングルアクション、ダブルアクションと交えて300発程撃ちましたが、一度もシリンダーが回転不良を起こしたりすることも無く安心して撃てたのもよかったです。

○イのM19もバックアップで持ってたんですが、ハンマー押すとガスプシャーするのが何度かあってちょっと・・・(ーωー;)飛距離はすごく出るんですけどね・・・






○前回の記事でコメント頂いたukkarimangoさん、コメ欄でお返事できなかったのでこちらで返させて頂きます。
庭さんへのご迷惑を考慮して記事の方は取り下げましたが、コメントの方はしっかり拝見させて頂きました。ご丁寧なコメント誠にありがとうございました。
  
タグ :タナカ


Posted by あんこ入り  at 22:34Comments(5)タナカコルトパイソン