2016年03月25日

システマ ハイキャパマガジン



CO2推しとしては見ておこうと思って購入してみました、システマのハイキャパ用CO2マガジン



とりあえずもう何て言うか高い・・・・・WAのM4マガジンを遥かに凌駕するとは、ちょっと流石にという感じですがはてさて。
それだけの何かがあるといいのですが






中身

本体と説明書、それとバルブ取り外し用の六角レンチ。レンチは普通にその辺で手に入れられる物と同じです。
説明書の注意書きは読んでおいた方が良いです。







で、早速本体を取り出してみると・・・・・・

かっ・・・軽い・・・!
ガスブロハンドガンのマガジンとしてはフロン、CO2問わず抜群に軽いです。






27連マガジンのボンベ込みの重量で218g


マルイハイキャパの純正空マガジンが287g。ガス入れたら300ぐらいになると思います。
マルイマガジンが特段重いわけでは無いですが、実際80g程の差が数値以上に大きく感じられます。






同じくCO2のバトンBSPマガジンで343g
こっちはさすがに結構ずっしり。





更にマルシンの57CO2マガジンが461g
マルイのM4MWSマガジン並の重さですね・・・

勿論シングルスタックのマガジンならコレより実重量が軽いのもあるでしょうが、比重が軽い為実際手に持つと、とても軽く感じます。

ガスマガジンは多数携行するとどうしても重量過多になりがちですし、フィールドまでの行き来も車なら兎も角、電車等を使うと重量が結構気になるところなのでこの軽さは嬉しいです。ただ多数携行するために結構な金額が必要になりますが()






バンパーはゴムのような材質。強度も柔軟性もあるので地面に落下させても壊れにくいと思います(16Kのマガジンをあまりポイポイ落とす気にはなれませんが・・・)




底部のボンベのキャップ。何故かスタンダードサイズとロングサイズで閉めるためのネジ径が違う・・・






マガジンのスリット部。
スリットはマルイのように下部が広がってるわけでもなく、フォロワーがKSCのように固定できるわけでもないので、弾入れは少しやりにくいかも。
慣れたら問題ありません。



全体的にはとにかく重量感が印象的なマガジンです。
またマガジンボトムが柔らかめのおかげでリロードの際に落としても壊れにくい、はず(
なんというか実戦的なマガジンですね。この辺はトレポンを作ってるシステマらしさのようなものを感じました




ところでマガジンに使用するボンベですが、気になるマルシンから販売されてるタイプのものとの互換性。
見た目サイズは似通ってますが、放出口付近の山なり加減?がちょっと違います。
結論から言ってしまうと、使用可能です。逆にシステマのものをマルシンやバトンBSPにもそのまま使えます。

ただ、ボンベの形状の違いからか、マルシンボンベをシステママガジンに挿す場合、ちょっと強めに締め込まないとガスが噴き出したり、ブローバックが数発で弱くなったりしてしまいます。(最初この症状が頻発したため互換性が無いのかと思いました)
とくにどちらかを使う事で性能が変わるという事も無かったです。






5.1はちょっといじくり中なので今回は4.3で実射してみました。
撃ってみた印象としてはバトンのBSPに近い鋭いブローバック。BSPよりはちょっと遅めですがその分重みのある感じ。BSPと57の中間位かなと。
最初の内は少し作動が不安定で、フルオートになったりもしたのですが、マガジン側の放出パッキン辺りに注油すると安定して動くようにりました。




ただちょっと気になったこの放出側のパッキン。位置がしっかり固定されておらず上がったり下がったり前後に動いたり。
この為かわかりませんが、時折ブローバックが強くなったり初速が一気に上がる事がありました。
なんで固定してないのだろう・・・。


また、連射してボンベを使い切った直後に新しいボンベを挿すと、ボンベが一気に吹き出して大変な事になります(・8・)
説明書にも記載してあるのですが、連射した後はバルブが凍結状態になって開放されたままになってしまうので、温めてから再度使用してくださいとの事。
そういえばBSPマガジンでも同じ事を一度やった事があるのですが、なるほど・・・・。

マルシンのマガジンは圧倒的に使用歴も多い上に割とラフに扱ってたのですが、そういった症状を起こした事は今まで一度もなかったので流石だなと・・・。








3者揃えて撃てる弾数と、新品のボンベを挿してから10発を1秒撃って初速を見てみました(室温22度・弾はマルイバイオベアリング0.2g)




まずシステママガジン。
1ボンベで撃てる数は大体70発位。
ロングマガジンだと連射具合では2マガジン撃ちきれない事がありました。
ブローバックは撃ちきり付近までしっかり力強いままです。反面唐突に終わってしまうので、ゲームで使用するとマガジンの運用にちょっと癖があるかもしれません。
また先にも書きましたが、連射するとブローバックの勢いが突然極端に変動したりすることもあり、ちょっと不安定さが拭えませんでした。


初速はハイキャパ4.3で最初は73m/s程度。割と控えめな数値です。
また撃っていると一発ずつしっかりと初速が下がって行きます()
10撃っただけでも64位まで落ち込んでおり、フルロードして撃つと最終弾付近では55程度まで落ち込んでました。
スタンダードサイズ、ロングサイズどちらも同じような初速変化を見せたので仕様だと思います。うーん・・・。






続いてマルシンの57。

1ボンベで撃てるのが大体100発と少々というところ。試射した中では最も良い燃費。
ただガス残量が少なくなってくると目に見えてブローバックが弱くなり、気温や連射状況次第では閉鎖不良を起こしたりする事があります。
よく言えば切り替えのタイミングが分かりやすいとも取れますが。

初速は大体79〜83位。ちょっと初速が上下に乱れはしますが、大体安定してるので問題ないと思います。






更にバトンのBSP(ちなみに前回書いてたブローバックの衰退化は大分改善しました・・・)

1ボンベで撃てる数が大体約70発程。
こちらは最終弾付近までブローバックが強く、ギリギリまでしっかり撃てる印象。
撃ち味、燃費ともにシステママガジンと似たような印象。
ただシステママガジンのように作動が激変するような事はありません。

初速は3者中最も高く、大体83〜85程。初速の乱れが一番少なかったのはBSPでした。
ちなみにこの個体、販売元のHPに記載されていたホップ調整してないので10mぐらいで弾が天に舞い上がって行きます()
ホップ調整したらまた変わるかもしれません・・・





うーん・・・・・辛口になりますが、割と扱いがデリケートで不安定な上に重量面以外での性能では他社に比べて見劣りする点も多く、正直価格ほどの価値があるかと言われるとちょっと微妙です・・・・・個体差かも、とも言われましたが、価格が価格なので・・・。

個人的にはやっぱりマルシンが一番完成度高いかなぁと、マガジンの領収書を見ながら何ともな気分になっております(白目  


2016年03月15日

バトンのBSP╰(‘ω’ )╯

はいこんばんは





良くも悪くも人気のバトンのBSPドラゴンフライですが、部屋でしばらく撃ってたところ何かブローバックがどんどんへちゃくなってきました・・╰(‘ω’ ;)╯
まだ10ボンベも撃ってないんですけどね・・・。

さすがに冬場のフロンガス程ではないですが、当初の高速ブローバックはどこいったんだという感じ・・。


とりあえず中身みてみる。





なんかトリガーバーの当たる部分すっごい削れた痕あるんですけど・・・・・金属粉いっぱいついてるしナンダコレハ。


とりあえず軽く清掃して注油して組み直してみましたがブローバックは相変わらず微妙なまま。
そういえば正月に撃った時に思ったよりしょぼかったみたいな事を書きましたが、あの時と同じような感じ・・・(・8・)

あんだけ派手にブローバックしてたら壊れるのも早いだろうとは思いましたが・・。  
タグ :バトンBSP


Posted by あんこ入り  at 22:19Comments(8)APS CO2

2016年03月07日

HK45CT・・・!

待ってましたというところですHK45C・・!




先日VP9がVFCからUMAREXブランドで出るという報があったばかりですが、引き続きHK好きには嬉しいニュース・・!

海外のサイトでVFC製造では?という話も出てましたが、





マガジンリップ周辺の構造が




KのHK45と酷似してるので多分KWA製造だと思います( ´ー`)HK45とかUSPCのパーツ流用もしやすいしね・・・
リアルなVFCもいいですが、個人的にはHK45やUSPシリーズとマガジン共有できそう&国内仕様も出ると思うのでKだと嬉しいところ。
VP9も早々に出てきそうなので楽しみです・・・!  
タグ :KSCHK45CTKWA


Posted by あんこ入り  at 16:47Comments(7)HK45KSC