スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年03月28日

KSC G19 HW



もうちょっと早くというか17よりこっち先に出して欲しかったかな!

KSC G19 スライドHW
以前からラインナップされていたG19にもいくつか種類はありましたが(カタログ上には)、今回のは先に発売されていたG17に続くスライドがHWとなったモデル。フレームはABS樹脂。



今回のモデルはオーソドックスなGEN3

KSCのG19はフレームがHWとなっているモデルもありましたが、実銃が樹脂なのにHWなのかという声も少なくなかったのでは。

オールHWのタナカグロック(モデルガン)も持ってますが、あの質感好きなんですけどね_(:3 」∠)_
そのうち中古でフレームだけ手に入れてオールHWにしてみたいところ





無刻印なのはやっぱりちょっと寂しい
KSCでも17用はGuarderのがあるみたいですが19用は見当たらず





17もでしたが、プラスチックながらアウターバレルが特に綺麗で印象的。ライフリングも美しくインナーも黒染めで目立たず◎
スライドには17同様先端に金属の補強パーツがインサートされてます。



ブローバックエンジンは従来型同様の負圧式。システム7という表記は無いけど実質システム7?システム7の定義がよくわからない()

エキストラクターは一体型のモールドながら、装填された時のように少し飛び出した造形でリアル感が演出されてて良いですねʕ•ᴥ•ʔ



コッキングインジケーターもしっかり再現。
トリガーが角ばってるというか、指をかけた時にマルイのグロックだと平面的に指にタッチするところ、KSCのグロックは尖った感じで当たります。
トリガープルはハンマーが落ちる辺りでグッと重くなる実銃っぽさが演出されてるように思います。




内部パーツ、ブリーチがHW専用品になってるらしいですが元々がどんなのか知らないのでどう変わったか不明_(:3 」∠)_

そのうち従来モデル買ったら見てみます



お気に入りのKJ G19と並べてみましたり
純正部品がスライドとマガジン以外あまり残ってないのであんま参考にはならんのですが。
こちらもスライドHWなので重量感は似たり寄ったりというところ。



KSCは実寸らしいですが確かにKJの物と比べると所々細身になってるような。握った感触も少し細く、VFCの物と同じような握り心地。




擊ち比べ。
KSCの方が元気な感じ。マガジンあっためるとコンパクトながら結構重みのあるリコイルが楽しめます。17よりもコンパクトなおかげかキビキビしてる。

初速がこのサイズとしては結構高く、75m/s前後をマーク。35度くらいにすると80m/s程にまで上がった。最新のチャンバーで弾も綺麗によく飛ぶので、サバゲーでも十分使えそう。

ただ最新のGBBに比べると少しもっさりした印象は否めず、新鮮さは薄いかなと。STIシリーズ位のパワフルさがあれば満足できた気がする。



ガッツリ撃ち込んでみたけどトラブルらしいトラブルも無く、刻印類を除けば総じて完成度は高いと思います。

ただオーソドックスなモデルだけに、安定供給をしてほしい...というかもっと早くにしていて欲しかったですね_(:3 」∠)_

HWスライドという利点はあるものの、マルイからも発表されたG19はリアルサイズ化、中身もリニューアル(予想ですがシリンダー大口径化とか)の予定と結構気合が入っているので、ユーザーの多くはそっちに流れてしまうだろうなぁというのが正直なところです_(:3 」∠)_  

Posted by あんこ入り  at 15:01Comments(12)KSCGLOCK

2017年03月23日

マルシン CO2 FN Five-seveN リミッテッドエディション


こんばんは



昨日は仕事疲れのテンションだったのでよくわからない事になってたので真面目に書こうと思います( ´Д`)y━・~~
マルシン CO2 FN Five-seveN リミッテッドエディション





いつも通りのマルシンファイブセブンですがリミテッドエディションと言う事で細かく違う点がいくつか。





外観でぱっと見異なるのは各種操作系が黒で統一されてるところ。材質の変更とかではないですがカラーが纏まって引き締まったイメージ



バレルは真鍮製になって重量アップが図られてます。表面はメッキ?が施されていて非常に綺麗な仕上がり。



通常モデルと比べると違いがよくわかります。




そして大胆に肉抜きされたマガジン。
こっちを軽くした分バレルを重くしてバランスが図られてます。

ただ正直な感想としてはマガジンもバレルも実際手に持ってみると重量は誤差程度な気がします...持ち比べて見て、うーんこっちが...いやしかし..というところ。
本体もマガジンも特に構造が違うとかいったことは無いようなので、実射感もあからさまに違うと言うような事はない気がします。

ただリミテッドのマガジンで撃つと、ブローバックと同時にわずかにキン!という金属音が鳴ってちょっと心地いい。
最初本体が違うのかと思いましたが、通常版のマガジンをリミテッドモデルに挿すと音が鳴らなかったのでマガジン固有の違いだと思いますが、見比べても何が違うのかわからなかったので、個体差なのか肉抜きの結果なのかはよくわかりません( ´_ゝ`)

オールブラックが好きなら良いですが、通常のBK持ってるならわざわざ増やすほどでも...というところ。ところでレイジングブルとかジャッジはどうなったんでしょう....


ゲームに持ち込んで使って見ましたが、性能面でもやはりこれといった変化はないような。





ゲーム前にホップ調整しようと思ってスライドを外したところ、バレルの根元のメッキが剥がれており..(-_-)
普通には見えない部分だし、リコイルスプリングが擦れる部分とはいえ、まだ片手で数える程のボンベしか使ってないのにこれはちょっとショック。。前面まで剥がれてきませんかね。。。_(:3 」∠)_
  

Posted by あんこ入り  at 23:21Comments(0)マルシン

2017年03月22日

マルシン CO2 FN Five-seveN リミッテッドエディション

こんばんは





お前また限定品とかいう触れ込みに



釣られましたʕ•ᴥ•ʔ
マルシン FNファイブセブンのリミテッドエディション。もうファイブセブンこれで3本目だよ。

といってもFDEカラーの方は壊れてマルシン送り予定(のまま放置してる)のと、最初に買ったBKは「諸事情」により再起不能になってるので丁度良かったです(良いのか

まあリミテッドというだけあって選ばれしマルシニストが使えるマルシンの中のマルシン的なマルシンパワーが


なんでもないです。


ところであの全然話脱線するんですけど、最近iPhoneから投稿してるんですよね。なんかお手軽なので。画像とかもイチイチパソコンに取り込まなくてもそのままフォルダからアップできて楽なんですが、ちょっと気になるのが





広告じゃまあああああ( ´Д`)
こんなん貼るならこっちにも投稿時に収入ください(本音

某電子トリガーの時も思ったけどミリブロの広告は見てる人にマイナス効果しか与えてないのでは..?
別にちっちゃくても興味あれば見ると思うんですけど(正論
大体アルバイト情報誌とかで求人に1ページ取ってるような企業で明るい職場に初任給50万とか書いてあるところのブラックさとかもそうですけどさー( ´Д`)y━・~~
来○亭滋賀県の店減りすぎでしょう??
  

Posted by あんこ入り  at 23:49Comments(2)マルシン

2017年03月21日

PC356 ②


前に書いたのいつだっけか....
ちょっと間が空きましたが
http://ankoiri.militaryblog.jp/e834127.html の続き。




ディテール比較役のエアコキcz75。こっちは第二世代と呼ばれる頃のモデルなので、第三世代とどれくらい違うのかと。。







エジェクションポート。PC356は塗装のプラパーツながら綺麗に仕上げられてますが、CZは成型色のままで造型もなんというか昔のプラモデルという感じが_(:3」z)_






ファイアリングピンもダミーながらPC356はしっかり再現。







個人的にCZの1番気になるマズルフェイス(´Д` )
なんかぶっといぞ...一応ライフリングは入ってるけども。
同じ第三世代のガバメントはPC356と同様のクオリティです。

話が脱線しますが、以前読んだ漫画で登場したCZ75が、チャンバーカバーは角ばってて口径も妙に小さくて、なんとなく気になったんですが、あれはコレを元にして描かれてたのかなぁと....




なんとコレ、ハンマーダウンした状態でトリガーを引くと、ハンマーがちゃんと動きます。
いや、エアコキの特性上ダブルアクションには全く意味はないんですが、こういうのは大好きです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶




サイトはボーマータイプ。綺麗に作られてますがダミーなので調整とかは出来ません。
ネジもダミーなので回すとこわれるょ






セーフティ...ですがダミーです。後述しますが唯一この銃でネガティヴなところ。





スライドストップレバーがセーフティ機能を果たしてます。コッキングの有無に関わらず、ハンマーダウンしている状態で押し上げるとセーフティがかかります。ハンマーダウンしてると上がりません。
また、スライドを引いて切り欠きに合わせた状態でピンを抜くことで、ガスブロのようにフィールドストリッピングも出来ます。
が、基本的にあまりする必要は無く、どちかというと故障の原因にもなりそうなので弾が詰まったとか以外の状況で不必要にしない方がいいかと٩(๑❛ᴗ❛๑)۶



マガジンは30発のハイキャパシティマガジン。ちょっと後半弾込めしづらい。
正直エアコキで30発撃つのは結構労がいるのでサバゲで使うにしても予備マガジン1本あれば十分じゃないですかね....



大型のマグウェル。グリップはそんなに太くないですが、マグウェルのおかげか、かなり挿入しやすいと思います。





先述した一点だけ気になる、このセーフティ(ダミー)

コッキングする時に、めっちゃ手に干渉して痛い...

ガスブロ程度のコッキングの重さなら然程気にもならないんでしょうが、結構ガッツリ引かないとダメなエアコキには本当に邪魔www
これのせいでガバメントと比べると妙にコッキングがやりにくいんだよもおおおお

グローブ着用推奨_(:3」z)_






セーフティだけがちょっとアレですが、質感や細かいギミック等、3千円程で買えるにしては十分過ぎるほどの仕上がりだと思います。
白黒ツートンの特徴的な配色も非常にカッコよく、個人的には是非ガスブロでラインナップして欲しいモデルです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶




  

Posted by あんこ入り  at 21:56Comments(0)エアコキ