スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年10月04日

VFCのガスM4①

元々日記感覚で書いてたのでもうカテゴリー整理するの面倒くさくて、レビュー的な物を整理して別のところにまとめようか検討中(´ω`)今晩ワ


ちょろっと書いたっきりのVR16。

レビューの続きというか気になったところを。






テイクダウンする時何か妙に硬くてですね。
最初はちょっとストックの部分叩いて「ばーんっ」て外してたんですが、あんまり優しく無さそうなので、フロントのピンも一緒に抜いてアッパーごと分割してまして( ´ω’)



ボルト後端の上の部分と、ストックパイプの同じく上の部分らへんを少し削ったらスムーズに開くようになりました



ただこれ、開けようと思っても、ハンドガードが結構干渉してしまうので、あんまり開かないです。
いや多分開けようと思えばガバッと開くと思うんですけど、レシーバーかハンドガードが割れそうなのでボルトキャリアを抜く位の時以外で、中身を触る時は結局フロントのピン抜いてアッパーごと外してます。さほど手間でも無いですしいいですけど・・・・。




あと急に撃てなくなったと思ったらファイアリングピンパーツのピンが破損してました( ´ω`)M4ほど撃ってないんだけどなぁ。
VFCM4パーツは大量に持ってるのですぐに交換して事なきを得ましたが。。。





もう一個不具合とかじゃないんですけど気になったのが、NPAS入ってると思ったら入ってなかったΣ(・ω・ )
なんで入ってると勘違いしたかというと、VFC専用のNPAS(HK417の記事で書いてると思います)とそっくりなパーツが入ってるのですが、中身の調整ネジが取っ払われて固定されてるという・・・M4の方はちゃんとNPAS入ってたのに何でだろう・・・。





初速は0.2g弾で今の季節だと70前半くらい、しっかり温めて80程。ライフルとしてはちょっと低いかなーと思いますが、初速オーバーするよりはマシかなと。初速自体は安定してるし弾ポロも無かったので、個人的には全然OKです。
ホップはM4と変わらずちょっと強すぎるくらいで、最弱にしてやっと真っすぐ飛ぶという位(マルイの0.2gベアリングバイオ)

まだ20M以上の距離で撃ってないのでロングレンジだとまた変わるかもしれませんが、20m先の空き缶くらいは安定して中てられるので悪くもないかなと。0.25gだと良い感じでホップがかかるようになるので、重量弾推奨なのかも。






最近楽しくてトレポンばっかり使ってて、結局VR16を一度もゲームで使えてないので、次のゲームこそ持って行って試しますハイ・・・・
  


Posted by あんこ入り  at 22:02Comments(5)VFC M4VR16

2015年08月25日

VFCのNEW GBBR VR16 SABER


MASADA絡みで書きたい事もありますが今日はこちら







ででどん


台湾のショーでも出品されて先に電動ガンでもリリースされておりましたがガスでも来ました。
VFCの新ARシリーズ、VR16 SABER シリーズ。


VFC M4 GBBR V2 SYSTEM 2015!VR16. Saber SeriesCal. 5.95mm Gas Blow Back Rifle.Saber Carbine / Saber CQBComing Soon!

Posted by VegaForceCompany on 2015年6月17日


お姉さんかわいい・・・()

早速ざっくり見て行きます





先に出ていたVFC2015モデルのM4と。

まず手に取った瞬間違うのが圧倒的な軽さ。
元々VFCのガスM4は割と軽く感じるのですが、特にハンドガードの軽量化のおかげで構えた時がめちゃくちゃ軽く感じます。
これなら非力な人がサバゲーで一日振り回しても疲れる事は無いと思います。
メーカー純正のKEYMODハンドガードを装備したガスライフルというと、KSCのMEGA MKMが思い浮かびますが、あれに比べると格段に軽いです・・。



レシーバーは基本的にM4A1と同一。中身の違いもありませんでした(ちなみにDXバージョンではなくスタンダードな仕様なのでマグキャッチ・トリガー等はスチール化されてません)
刻印は見ての通りVFCのオリジナル刻印。ちょっとナイツっぽいですが。セレクター前部にはメイドイン台湾刻印。
この辺は気にする人は気にするでしょうね・・・・・。ちなみにレシーバー右側は無刻印です。

グリップ・セレクター・マガジンキャッチ・トリガー・トリガーガード等はM4と同一みたいです



ハンドガードはURX3とSMR MKⅤを足して割ったような?
僕もそこまで詳しくないのですがこういうのあるんですかね・・・・



レールのエッジは綺麗に立ってますし、質感は上々です







フラッシュハイダーとバレル
あれさっき5.95mmって・・・・・(

アウターバレルはアルミ製でさらっとした表面処理がしてあって、安っぽさは感じません。







バックアップサイト。
強化樹脂製でこれも軽量化に貢献してますね。
これも刻印等はなく、何をモデルにして作られてるのかよくわからない・・・・ですが、普通に見やすいと思います。




チャージングハンドルも通常のものよりレバーが大きくなってて操作しやすいです。
ちょっとカタカタ言いますけど。




あとストック。
これはもう完全にVFCのオリジナルですね。
ただこれ、以前クリス・コスタ氏が来日イベントの頃に発表されましたが、個人的にはめちゃくちゃカッコいいと思ってるので全然アリです。



ここ開きますがバッテリー入れかな?
細くなったコーラも入らないと思います。



マガジンはM4同様のHK刻印の入ったマガジンでした。




作動性に関してはM4同様快調そのもので、非常によく動きます。
軽いせいかブローバックしたときのショックがM4よりもかなりダイレクトに伝わってくるので、肩・頬付けしてフルオートすると結構な迫力。
撃っててかなり楽しいです。






こんなステッカー入ってました。

外装面ではちょっとネガティブな事をつらつらと書きましたが、VFCはこのセイバーシリーズをサバゲー用のウェポンとして割り切ってるようです。
無駄に重くなったり、ライセンスで価格をあげるよりは、より良いものをより安くという感じでしょうか。
抜群の作動性と強烈なリコイル、軽量で振り回しやすく、しかし剛性感も抜群。
今週のサバゲーで持って行く予定ですがかなり楽しみです。


実売価格4万円切りもあると思うので、刻印とか実物再現度よりも、とにかくガスライフルを楽しんでみたい!という人には結構オススメではないかと思います。  
タグ :VFCVR16


Posted by あんこ入り  at 00:57Comments(4)VR16