スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年07月31日

KJ CZ P-09 マガジン問題 まとめ

おはようございます






なんだか思ったよりKJのP-09が人気なようで。

正直マルイのM&Pも控えてる時期だし、多分あんまり売れ無さそうで記事も大した需要ないかもとか思ってたので、
反響の多さに少し戸惑っております(・∀・; )


マガジンに関してはガス容量を増やすために頂いた情報やら自分で(適当に)考えて色々やってみましたが、
オラガバニストのあじゃさんが行われたバルブ稼動量の調整方法が、手軽でやり易いと思います。


http://aja.militaryblog.jp/e571294.html

少し注入に時間はかかるようですが、これならピン入れるのに色々苦労したりマガジンボロボロにならないですね・・・・(遠い目)

個人的にはこういう症状で悩んだ時に「ああこれはこうすればいいのか」「こうしたらこうなるのか!?」と試行錯誤しながらあーだこーだやって、
快調に作動したり上手く出来上がったときがとても楽しいので、今回のこれもまた一つの良い経験になりました。
色々とアドバイスや情報を頂いた皆様に感謝です<(_ _)>  


Posted by あんこ入り  at 09:30Comments(8)KJ WORKSCZ P09

2014年07月30日

KJ CZ P-09のマガジン問題 3

haiどうも


8月からちょっと私事で忙しくなるのでブログは一時放置します。





それはどうでもいいとして、KJ CZ P-09のマガジンについてもう少し。


前回の記事のコメント欄で、ガスタンク内に問題があってガスがあまり入らなくなってるとの指摘を頂いたので、改修作業をしてみました。







まあ分解に関しては特に何と言うことは無く、国産マガジンと同じようなもので。
マガジン底部の2本のピンを抜くと、注入バルブとその周りのパーツが外れます。






こんなんが出てきます。
この突起が無駄に長く、また注入バルブ周りの空間が狭い為にガスの容量を減らし、注入を阻害しているということだったので・・・





突起を切断する事に。
どれくらいカットすればいいのかわからなかったので、とりあえず半分くらい。超適当(やりすぎると注入バルブに干渉しそうです)





手動でも5分ぐらいで切れました


で、あとはこれを組み立てて














組み立てようとしたらピンが嵌らない・・・・・・・・・・


このバルブ周りのパーツが、かなりの力で押し込んであったようで、
手で押し込んでもピンの位置に穴が合わない(つд`)






なんとかできないかと悪戦苦闘したものの、人力では無理っぽかったので
万力で挟み込んでみたんですが、マガジンが斜め向いてる関係で上手く挟めない(´・ω・`)


で、あーだこーだうがあああああああああああとかやってるうちになんとか入れることに成功したんですが










外装ボロボロになった((((((゚Д゚;)))))))))))



マガジンは犠牲になったのだ・・・・・・・・・・・・・・・・





まあ仕方ない・・・・・・・・・・肝心なのは中身だ・・・!


ということでガスを入れてみた結果






空マガジンから~~~








19g入った!

改修前は12gが限界だったので、結構入りました!やったねたえちゃん!






でも正直もうあのピン嵌めやりたくないし予備マグとかどうしようとか・・・・・・・誰か上手いやり方教えてくださいまし(´・ω・`)



  


Posted by あんこ入り  at 17:31Comments(10)KJ WORKSCZ P09

2014年07月29日

KJ CZ P-09のマガジン問題 2

はいdoumo

前回のマガジンの話ですが、少し補足というか。









他のバルブとかも色々試してみました。








まずこれ。
空の重量です。バンパー外してるので、つけたらもうちょっと増えると思いますが。





で、デフォルトのバルブに戻してガスを入れて、吹き返してきたとこらへんでガスを入れるのをやめると






4gしか入ってない・・・・・・・・・( ´д`)
1発の消費量が0.1g程なので、一応1マグは撃てますが・・・・。




続いて前回のパッキンを交換した仕様に換装してみると










12g

・・・・・・思ったより入ってない(´・ω・`)
まあ一応これで4マグ分くらい撃てる事は撃てますが。






続いてコメント欄で頂いた、VFC MP7のマガジンバルブに換装してみました






海外仕様なので吹き戻しが無いため、とりあえず10秒くらいガス缶を突っ込んでみたところ











あれ?(´・ω・`)
8gしか入ってない・・・・・・・・・・


テストに使ったのはほぼ新品のガス缶なので、注入圧が低い事もないと思うんですが・・・・・・

とりあえずそのまま20秒くらいさらにチャージ









あら・・・・?これ以上入らない?????






ガス缶を少し温めて更にチャージ





これ以上入らない。





・・・・・・・・・・・・・・・


なんだろうこのマガジンは・・・・・・もしかして相当容量が少ないんじゃ・・・・・・??( ´д`)
WAガバ並にしか入らない(あれはあれでガッツリ動くんですが)・・・・・うーん。

これでも割りとしっかり動くっちゃ動くんですが、連射したり寒くなってくるとちょっと厳しいので、
なんとかならないものか・・・・・・。  


Posted by あんこ入り  at 11:08Comments(2)CZ75KJ WORKS

2014年07月28日

KJ CZ P-09のマガジン問題

いらっしゃいませ٩( 'ω' )وようこそ



えー、先日べた褒めしたKJのCz P-09ですが、一つだけちょっと気になる点がありまして。



マガジンにガスを入れようとしても、空の状態から2秒くらい入れただけで吹き戻してきて全然入らない・・・・・。
1マグフルロード撃ち切るくらいは入りますが、ガス量自体が少ないせいでマガジンを温めても後半はち
ょっとダレ気味。せっかくポテンシャルの高い銃だけにこれはもったいない(´・ω・`)
なんとかならんもんかとチャレンジ。









原因が注入バルブなのは言うまでもなさそうだったのでとりあえず分解。


うーんわからん。








比較のためにあんまり使ってなかった古いKSCのM9のマガジンバルブも分解してみたり。





うーん・・・・・


注入口とか微妙に長さの違うスプリングとか交換して装着してみたものの、変化無し。







ダメもとで注入口の裏側についてるパッキンを交換してみました。
外径もさることながら、よく見ると線径が倍以上ある。








内径は同じみたいでしたが、外径が全然あってないけど大丈夫か・・・・(^ω^;;)





恐る恐る取り付けて少量ガスを注入してみるも、ガス漏れは無し。


で、そのまま入れていくと



問題なく入る入る━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


どうも悪さをしてたのは注入口裏側のパッキンみたいですね・・・・・・・



マルイのマガジンとも比較してみようと思いましたが、手元にあったのがデザートイーグルだけだったので、偏った比較になりますが






明らかにKJのパッキンが太ましい・・・・・・・・



とりあえず、「なんで変わったんだよ!」とか科学的な説明を求められても正直困りますが、
圧があんまりかからなくなったんじゃないですかね(適当)



丁度一回入れた後にガスが無くなってしまったので、どれくらいの差があるのかちゃんと計ってないですが、
パッキン交換前は1マグ撃ち切ったら弱々しく、2マグも撃ちきるのも難しいレベルだったのが、
交換後は4マガジンくらい撃てる量は入っており、初回フルロード時は全弾撃ちきっても、ブローバックが力強いままでした。

そういえば最近のKSCマガジンでも時々やたらガスが入らないマガジンが個体差レベルでありますが、
もしかしたらKWAとパーツ共有してる関係で、この辺が海外仕様なのかもですね。


多分ガス缶の状態の違いで入っただけだと思いますすいません()  
タグ :KJCZ P-09


Posted by あんこ入り  at 01:01Comments(6)KJ WORKSCZ P09

2014年07月25日

KJ CZ P-09 

はいどうも。

引き続きやってきました・・・KJ CZ P-09。




海外メーカーで唯一、純正樹脂スライドを載せて販売してくれるメーカーの新作ということで、
期待的な部分も含めて予約していたんですが、これにまだ来週M&Pまでくるのかー・・・・って事と、
マルシンの57が個人的にかなりインパクトが強かった為、



正直到着前から若干興味をなくしているという、ちょっと失礼な状態でのお迎えとなりました(_´д`)






が、先に申し上げておきますと、そんな気持ちを持ってしまったことをゴメンナサイしたくなるくらい良い銃ですよコレは・・・・!






早速見ていきましょう





箱はこんな感じ。
チェスカーズブロヨフカの正式ライセンス品というのを強調されてます。

ライセンスの版権はASGが持ってるようですが、ASGのスコーピオンEVO3も既に海外では発売されてるようなので楽しみですね(・∀・






中身。本体とBB弾がジャラジャラ入った箱。すいませんBB箱いらないです(
バックストラップは交換可能のようですが、交換するストラップ自体が入ってません(´・ω・`)






説明書は親切な日本語仕様。
初期不良にも2週間以内なら対応してくれるそうです。







開けて触ってみた感じ、とても質感が高いです(小並)

ちょっとマルイのGBBと同価格帯としては良すぎるんじゃない??と思わせるほど。
フレーム・スライド共にサラッとしたブラスト仕上げのような質感で、安っぽさや玩具っぽさを感じさせません。

非常に剛性感もあり、強く握りこんでも一切軋んだりしません。






スライドにしっかり彫られたCZの刻印。





購入前に逸品屋さんから聞いてましたが、残念な事に反対側とチャンバーは無刻印(´・ω・`)

なにやら刻印入りのモデルもあるそうですが・・・・・







グリップには当然しっかりロゴマークがはいってます。
パターンはこれ実銃のハッキリ細かく映ってる画像が見当たらなかったんですが、どうなんでしょうかね(´・ω・`)?







アウターバレルはメタル。パッと見プラ製に見えるのですがwwww
ちゃんとティルトもしてます。



メタルアウターのおかげで、スライドを引いた時のジャキィ!って音がすこぶる気持ちよいです
最初この音と質感の高さのせいで、メタルスライドモデルと間違えたか???(;・д・)??って素で確認してしまいましたwww





メタルアウターとなるとスライドの耐久性も心配になってきますが、
KJのハンドガンはやたらとスライドが肉厚で、このCZも例に漏れずなかななか肉厚なので、そう簡単には割れなさそうな・・・・?










サイトはノバックタイプの3ポイントホワイトドット。前後共に樹脂製ですが、安っぽくはありません。
ドットも大きくて見易いです。海外製にありがちなドットの位置がズレてたりとか、片方が楕円とか変な事にもなってませんでした()
ファイアリングピンが6角ネジなのはちょっと・・・・まあ仕方ないか。







アンビタイプのサムセーフティ。
しっかりクリック感があって、勝手にセーフティがかかったり、うっかり解除されたりも無さそうです。




マガジンはグロックシリーズと同じような塗装の仕上げ。
マルイGBBと同じように、フォロアーを下げて、下からBB弾をジャラジャラ入れられるようになってます。
海外ではこのタイプが主流みたいですね・・・・。



バンパーにもしっかり刻印が。





この銃のとてもよかったのが、マガジンを差し込む時に、



「カキン!」


と、とても良い音を出してくれるところ。

細かいところですが、こういうのは個人的にものすごくポイント高いです。






命中精度やHOPは未検証ですが、作動性も良好。
俊敏なブローバックながらリコイルもなかなか強く、最新の国産GBBにも劣っていません。











初速も結構高め∠(゚Д゚)/
KJのマガジンはちょっと連射時の冷えに弱いので、そこだけが気がかりですが、
ハンドガンでフルロード連射することもあまり無いので、あとは命中精度が良ければゲームにも十分使えるんじゃないでしょうかとか。


マルシンの57でかなりハンドガンに対するハードルが上がってしまった自分ですが、
それでも「これはイイ!」と手放しで言えるほどの1丁です・・・!




マルイM&Pのハードルは更に上がっちゃったなぁ(遠い目  
タグ :KJCZ P-09


Posted by あんこ入り  at 17:13Comments(0)KJ WORKSCZ P09

2014年07月24日

KSC MegaArms MKM AR15  3




今月はもう来ないだろうし、ブリーチャー先に来るって言ってたから、もう9月ぐらいになるんじゃねー( ´∀`)ゲラゲラヤルキアンノカ

とか思ってたらマルイのM&P来週発売だと・・・・・・・・ ((((;゚Д゚))))
ブリーチャーもその翌週発売ってことですが、そんなに被せて大丈夫なんですか


ちなみに明日はKJのP-09もやってきます・・・・・
来月は色々自粛しなきゃ・・・・





それはひとまず置いといてKSCのMEGA行きましょうMEGA。



ちなみに前回動画と初速だけだったので、サイクルも計ってみましたが





28度の室内で秒間14発ってところでしょうか・・・・
普通の電動ガンにも負けてませんね。






ついでに燃費も計ってみたんですけど、マガジン重たいですねーこれ・。。。





予備で買ったP-MAGとかもうなんじゃこりゃ(;´д`)
鈍器と謳われたベクターのマガジンより重いじゃないか・・・・・・・・


なんかKSCの長物って全体的にマガジン重いですね。
ここまで重いとマグポーチとかに入れて走り回るのは結構負担です。

そういえばマルイのM4GBBはマガジンが他社より軽いということをアピールしていたので、
その辺はちょっと期待ですね・・・・。


ちなみに燃費の方ですが、ちょっとバラつきがありますが、セミオートで撃っても一発辺り0.25g~0.35g位は消費します。
個人的にはもうちょっと良いのかな?と思いましたが、VFCのHK416と似たり寄ったりな数値でした。






あと昨日も少し触れたボルトの削れですが、
ボルトオープン→ボルトキャッチを叩いてリリース、を100回続けてやってみました。
少し削れが進行したような感じもしますが、VFCの補強無しボルトみたいにガリガリ削れる・・・という事もなかったので、
そこまで神経質にならなくても大丈夫かな・・・・・??うーん微妙。




(真似しないでください)


余裕があるならチャーハン引いて解除した方が長持ちすると思いますが、ボルトキャッチ叩いて解除するのもカッコいいですしね・・・・
ちなみにハンドガンでスライドリリースする時もそうですが、リリースするときはなるべくすばやく解除パーツをすばやく下ろして、
極力干渉させないようにした方が削れにくい(気がする)と思います。


今日はホントはこれ持ってゲーム行く予定だったんですが、事情によりしばらくサバゲーできなくなってしまったのがちょっと辛いところ・・・・せっかく楽しい季節なのになぁ(´・ω・`)  


Posted by あんこ入り  at 20:29Comments(4)KSCMegaArms MKM

2014年07月24日

KSC MEGA ARMS MKM AR15




こんばんは。
7月は色々と豊作ですね・・・・・・明後日まだもう一つニューカマーが来るのをさっき思い出したんですが・・・(ちょっと買いすぎた・・・・・・)












ということでMEGA ARMS MKMです。


















なんとなく新しい銃は撃つ前に意味も無く分解したくなるんですが、
KSCのM4のテイクダウンピンの抜きやすさはいいですね・・・・!

指で押すだけで抜くことができるんですが、
だからといってちょっと触ったり、撃ってるだけで勝手に抜けたりはしない、とても良い加減。

VFCのM4のテイクダウンピンは、抜こうとするたびに工具使ってガツガツ叩いてましたし・・・・・(^v^;;)










内部パーツはまあ・・・・・・・・M4ですね(適当)










専用のボルトキャリアヽ(・∀・)ノ
しっかりスチールパーツでした!イイね!これで耐久性もばつ牛ン













と思ったら、ボルトストップ数回かけただけなのに微妙にストップがかかる部分が削れておる・・・・・これ以上進行しなければいいんですが((・ω・)))
まあスチールと言っても鋳物でしょうし・・・・・・焼き入れとか僕みたいなのが下手にやると余計壊しそうだしなぁ()

ミニ四駆のシャーシ焼いたらシャーシがぐにゃぐにゃに歪んで全く走らなくなって泣き喚いた小学生時代ェ・・・・





まあこの辺はしばらく様子見。





早速フルオート動画なんかも撮ってみました。


KSC M4は動きがモッサリという印象が少しでも払拭できれば。








(^ω^≡^ω^)いいぞおおおっおっおっおっ
(やたら揺れてるのは片手保持してるからです)


季節的に良いのもありますが、ガス入れ直後のフルオートも余裕で撃ち切れます。
セミオートの連射なら少しマガジンが冷え気味でも快調作動です。

リコイルはVFCのM4と同じ位かちょっと強い位かな?
WAのM4程のリコイルでは無いですが、作動の安定性はピカイチでは、と思います。



銃的にはセミオートでタクトレ的に使うのが似合ってるんでしょうが、
とにかくフルオートが楽しいのでバリバリ撃ちまくってしまいました









(撃ちすぎた結果)








初速も28度の室内で88/mps位出ているので箱出しでゲームにも十分使えると思います。


リアルサイズとか実M4により近いものにこだわり出すならWAや他の海外製GBBM4という選択肢はマルイM4が出ても変わらないと思いますが、
とにかく箱出しで質感も性能も良いタクティカルなM4が欲しい人にはオススメできる一本だと思います・・・!ヽ(・∀・)
  
タグ :KSCMEGA ARMSM4


Posted by あんこ入り  at 00:28Comments(4)KSCM4MegaArms MKM

2014年07月23日

KSC MEGA ARMS MKM AR15






マルシンのCO2ファイブセブンの興奮も冷め遣らぬ中、KSCのMGEA ARMS MKMも来てしまった・・・・・・( ・д・)
ちょっと今月集中しすぎておる。

マルイのM4が早々に来なくてちょっとほっとしたような。




しかし箱はKWA版の方がカッチョよかったのであのままにしてほしかったかな・・・・・・・






まあ肝心なのは中身だからね?
あんまり時間が無いのでさわりだけ。



説明書は使いまわしかと思ったら専用の物が奢られてました。









かっこえええええええ∠(゚Д゚)/

ロアレシーバーの質感はMAGPUL M4 ERGと同じ仕上げ。
アッパーはまた微妙に違った質感です(←何なのかはよくわかってない)





反対側にはPTSの刻印。
個人的には好きなので歓迎です。






そしてKeymodの7面レイルハンドガード。
以前持っていたIRON製のものと非常に良く似た質感です。
レシーバーともども剛性感は抜群で、キシミは皆無です。




ガスチューブもしっかり入ってます∠(゚Д゚)
GBB用のレプリカハンドガードだとガスチューブを取り外さなくちゃいけないものもあるので、この辺は嬉しいですね



ただ、Keymod用のスロットレイルは付いてないので、別途購入する必要があります・・・・・・
できたらオプションで販売してほしかったですねえ・・・・・





いいゾ^~



KSCのM4というと作動性が悪いというような事を一部で囁かれてますが、
初期の頃の話だけみたいなので、このMEGA MKMも例に漏れず作動性は抜群です。

その辺はまた後ほど。
  
タグ :KSCMEGA ARMSM4


Posted by あんこ入り  at 17:26Comments(8)KSCM4

2014年07月22日

マルシン・FN57 CO2の実力





はいこんばんは。






マルシンのファイブセブンが本当にとても楽しくて、ガンガン撃ってたらいつの間にかガスボンベ6本も消費してました・・・・・・・




25本もあれば1年は行けるんじゃないとか思ってたんですが、この調子だと1ヶ月持たない・・・・・(^ v^;)
CO2ボンベは品切れさせないようにして欲しいですね。




あ、ネットを見てたらガスが残ってるのにマガジンからボンベを外そうとして驚いたとか言ってる方が居ましたが、
説明書にも記載してあるとおり非常に危険なので、必ず撃ちきってから外してくださいませ・・・・






ちなみにガスボンベも満タンの頃はこれくらいの初速ですが







ボンベ残量が無くなりかけになってくるとこれくらいまで下がってきます。
と言っても、無くなる直前までは極端に初速低下したりしないのでご安心を。











命中精度に関しては僕の腕前的な問題で、あまり触れるつもりはなかったんですが、少しだけ。
プロキャッチターゲットしか手元になかったので、記録に残せてないんですが、
5mの距離からなら中心の赤丸(1.5cm)にしっかり纏まる程の命中精度です(;`д´;)


なんかマルシンの銃はまっすぐ飛ぶ方がおかしいとか聞いてたのに何ですかねコレ・・・。

シューティングとかにも良いんじゃないですかこれは。多分。わかんないです。(適当


今のところトラブルとかはありませんヽ(・∀・)ノ
これはマルシンの皮を被った何かかもしれませんね

















余談








マルシンの57の新次元感覚により、
数日前に届いた元祖新次元君は既に部屋の置物と化してしまいました・・・・・・・・・・(^v^)  


Posted by あんこ入り  at 16:26Comments(7)マルシン

2014年07月21日

マルシン 】 FN Five-seveN CO2 4







はいこんばんは。

マルシン渾身のファイブセブンですが、どうにも記事ではブローバックの強さがいまいち伝わりにくいので、
どうやったら上手く伝わるのかと色々考えてみたところ









缶を弾き飛ばしてみる実験をしてみました(小並発想)

比較対象は、KSCのHK45HWとマルイ最強のリコイルを誇るデザートイーグル。
順番はHK45→DE→FN57。

FN57だけ外側のハンマーが無いので、ハンマー分を缶から離して当ててます



HK45よりは明らかに強烈なのはわかりますが、DEととの差がいまいちわかりにくいので、
メジャーを置いて計測。





缶なので飛び方にちょっとムラがありますが、誤差など気にならないくらいFN57は良く飛ばせますwwwwww


実際の飛距離は
HK45が約20cm~40cm
DEで約90cm~130cm
FN57は2m以上  というトコロでした。


てかコレで顔面近づけてクリーンヒットとかしたらガチで大怪我しそうですね・・・(滝汗
くれぐれも安全にはお気をつけて、どうぞ。  


Posted by あんこ入り  at 00:24Comments(8)マルシン

2014年07月20日

マルシン 】 FN Five-seveN CO2 3






調子に乗って3回目の以下略


いやこれは久々にブログにUPしたくなる楽しい代物です。





昨日書いた弾道に関してですが、HOPを強めにかけたら遠くまで伸びるようになりました。
細かい命中精度でマルイと比べてどうとかは僕では判別しきれないので、マック堺さんの動画を待つとします()




通常分解して、スライドを見てみましたが、正直あのリコイルでこれ大丈夫なんかいなと思わせる内部構成(・∀・;)
マルイのファイブセブンは金属のインサートがガッチリ詰まってましたが、こっちはかなりプラプラしてる印象。

バレルを外そうとした時にギシギシ鳴ってたのでちょっと怖いです()




ホップ調整ダイヤルはチャンバー下のダイヤルを回します。
ちょっと硬いので、スライドからバレルを外さないとちょっと操作しにくいかも。




さて。


CO2ガスの特徴として、温度変化に左右されにくいという利点がありますが、
連射に弱いという欠点もあると聞いていたので、実際連射してみてどれくらいブローバックが弱まるのか試してみました。




マガジンにマルイ用のフォロアーストッパーをつけて、ボンベ新品の状態で撃ってみます






三十数発撃ってますが、ブローバックは強いまま。
後半遅くなってるように見えるのは指が疲れてるだけです()






さらに三十数発。(1回めの動画から10秒後位に撮影)
こっちは後半割りとヘロヘロになってきてます







その後(2回目の動画からこちらも10秒後)
このままボンベは空になりました(´・ω・`)

80発くらいしか撃ててないので、大分無駄にしましたな・・・・・・










このときマガジンを見たらボンベが凍結して霜張ってました(・∀・;;)
凍傷を起こす場合もあるので(説明書にもかかれてます)、過度の連射はやらないほうが良いですね







あともう一つ気になったのが、WAのマグナみたいに逆さま向けて撃てるのかというところ。






早速やってみましたが





ガス吹きまくり・・・・・・撃てるには撃てますが、
30発そこらで新品のボンベが空になりました(つд`)

これは本当にやらない方がいいです・・・・・・・・・・・・  


Posted by あんこ入り  at 16:20Comments(0)マルシン

2014年07月19日

マルシン 】 FN Five-seveN CO2 2




調子に乗って本日2回目の更新です



とりあえず前記事で質問頂いた件から少し。



>マガジン重量について








マガジン一本ボンベ込みで約460gです・・・・・!?

マルイのMP7マガジンより重たいと言えばどれほどの物か実感していただけるでしょうか・・・・・・
本体の方が軽いですwww

また改造防止や事故防止のためか、他社メーカーのガスガン用マガジンと比べても、めちゃくちゃ頑丈な印象です。





ちなみにマガジンは23発ロードできます・・・・が、
マルイマガジンみたいに下からザーッと入れたり、KSCマガジンみたいにフォロワーを下でロックして手軽に入れたり、
そういった配慮は皆無なので、リップ部分も軽く入る感じではないのであまり入れやすくはないです・・・・






>初速はどれくらいか



僕も気になってたので早速計ってみました。






おおっ?!結構高い。
ハンドガンとしては最も高い部類かと思います。


CO2は連射に弱いということなので、1マガジンフルロードして1秒置きに撃ってみたところ








最終弾付近でこんなところ。
割りと下がってはいますが、それでも高いレベル。









どれくらい冷えに強いのかも実験してみました。
1時間、4度の冷蔵庫で寝かせてます






キンキンに冷えた状態。手に取ると水滴がついてました()

真冬ならこれくらいの冷たさになる時もありますが、
この冷たさだと普通のGBBハンドガンはろくに動きません。








実射してみたところ、やや低下はしたものの、ガスハンドガンとしては十分すぎるレベル。
ブローバックも少し弱くはなりましたが、それでも標準的なGBBハンドガンより強い位。

マガジンの外装が10度位になったら、また普通に強烈なブローバックをするようになりました。
うーん、これはスゴイぞ




ちなみに加熱は絶対するなということなのでやりません(・8・)




昼間に少しだけ庭で撃ってみましたが、15m程でわずかに弾がドロップしてました。
まあHOP弄ってなかったので、実射性能に関しては後日試してみるとします。  


Posted by あんこ入り  at 23:33Comments(6)マルシン

2014年07月19日

マルシン 】 FN Five-seveN CO2





改めてマルシンのFN Five-seveN CO2ガスブローバックです∠(゚Д゚)/
パッケージはこんな感じ。マルシンのHPのデザインと同じですね。








本体に加えて、マガジンとCO2ボンベが3本付いてきます・・・・




あと予約特典として







じゃらじゃら入ってた(・∀・;;)

しばらく安泰ですね・・・・・・・・



パッと見と手に持った感触はマルイ製と良く似た感じですが、

マガジンがやたら重い(;`д´)









外観賛否両論あるFN57だけど、ホールドオープンするとめっちゃかっこいい銃だと思う。。。
同社のフロンガスモデルと違って、バレルはマルイ同様メタルアウターになってよりかっこよくなってます(・∀・)b







まあ外観とか今更なので早速撃ってみます。
マガジン底部の蓋を専用のツール(なぜかFN刻印入り)で外して、CO2ボンベを挿し、蓋を閉めます。







早速実射してみた印象としては、前評判通りの強烈なブローバック・・・・!



その凄さを伝える為に動画も撮影してみたんですが・

















(何が凄いのか全く伝わらない)



もー・・・こればっかりは実際撃ってみて下さいとしか。

少なくともこれと同等以上のリコイルを持つブローバックハンドガンは現状無いってくらい強烈です。
撃ってると手が痛くなってくるというのもまんざらではなく、ホントに痛くて、しばらく撃ってると痺れてきます(((・ω・))))
発砲音も派手でかなりテンションあがります。


あと発射した後に、毎回何か焦げたような匂いがするんですが、これってCO2ガスガン特有の匂いなんでしょうか・・・・?




まさか実包・・・・?!()


何はともあれ是非一度撃ってみて欲しい銃ですコレは。  


Posted by あんこ入り  at 16:11Comments(5)マルシン

2014年07月19日

マルシン CO2 FN57



マルシンのFN57キタ──ヽ('∀')ノ──!!

久々にテンションの上がる代物です。
詳細はまた後程

  

Posted by あんこ入り  at 14:01Comments(0)マルシン

2014年07月15日

爆音! 新次元VSR-10

予告どおりやってキマシタ新次元VSR-10!٩( 'ω' )و




東京マルイの製品のわりに殆どレビューが無い、

東京マルイの製品なのに半額でも売れ残ってるというなかなか貴重なアイテムです!さすがに驚愕です!!
(煽り)




とはいえ、これ新品25kで手に入れたんですが、
VSRのプロスナイパーモデルにマウントリング・スコープ・バイポッドまでつけて、
このお値段はなかなかお得なのではないかと思うんですが・・・・・・・・・・







質感も思ってたより◎

箱から出した時に、「ん?なかなかええやん?」って普通に思ってしまいました。
メッキのかかったバレル・マウントリングと、シルバー塗装されたスコープとの質感の違いも中々良いです。





受信機は思ってたよりチャチいかな・・・・・・(・∀・;;)
100均で売ってそう()






付属のイヤホンはスルーして、普段PCに使ってるヘッドセットで遊んでみましたが、
「いや割りと楽しいやん????」というのが本音です。


ちょっと気になるのは、ハイパー道楽さんでも触れられてましたが、発砲音の余韻が短く、すぐブツ切れしてしまうところ。


「ダーーーーーーーーーーーンンンンン(ブツン)」

こんな感じなんです。

できれば


「ダーーーーーーーーーーーーーーーンンンンンンンンンンァッ! ハッハッハッハー! このエアガンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! アゥッアゥオゥウアアアアアアアアアアアアアアーゥアン! コノヒホンァゥァゥ……アー! 新次元を……ウッ……ガエダイ!」




あ、ちょっとすいません。









とりあえずガンサウンドを言葉でいくら書いても伝わらないので、
スピーカーをセットして撮影してみました。

4種類とも撮影してあります。
ヘッドホンで音を大きめにして聞いてもらえば、実機で聞くのとかなり近い印象です(音量の上げすぎは注意してください)









炸裂音が激しく、実際にヘッドホンで聞くと一番耳にきつく来る音。
迫力あります。連射すると一番気持ちいい音。


















重低音が響く発砲音。短さが一番気になる音でもあります;

















乾いた感じで伸びのある音。スナイパーライフルらしくて個人的には一番好きですが、これももうちょっと伸びてくれればなぁ・・・




















ネタ枠()サイレンサー仕様なのか・・・・??
ツイッターでは割りとウケが良かったです(苦笑




















連射すると思ったよりテンションがあがる!!\(・ω・)/楽しい!




さすがに「まるで本物!」とは口が裂けても言えませんが()、これはこれで扱ってみると中々楽しい。
正直M4のガンサウンドならもっと楽しめる要素があったんじゃないかと思うだけに、
今年のショーで姿を消してたのは少し寂しいなぁ。





海外では普及の兆しを見せているガンサウンドシステム。
まあフィールドだからって派手に銃声を響かせて良いお国柄でもないので、一概に比較もできませんが、
需要が全くないというわけでも無いと思いますし、これだけで終って欲しくないなぁというのが正直なところです。


とりあえず月末のゲームで投入してきます・・・・!  


Posted by あんこ入り  at 23:08Comments(0)東京マルイ新次元

2014年07月14日

まるで本物!!爆音新次元!!




これからコンバット3巻買ってきました ☆ミ ┐( ∵ )ノ


相変わらずサバゲーを題材にした作品の中では一番しっかりサバゲーしてる感があります。

やや演出過剰な感じもしますが、サバゲーをリアルすぎる描写してしまうと、多分すんげーつまらない作品になってしまうと思うので、
これはアリだと思います。一部ちょっとマナー面で「オイオイ」なところもありましたが、あんまり重箱の隅をつつくのもなぁとか・・・うーん。





3巻で興味深かったのが、登場キャラが新次元を買ってゲームするという話があったんですけど、

撃った時の感想が































_人人人人人人人_
> まるで本物!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄




これはさすがにお茶吹いたwwwwwwwwwwwwwwwwwww




さすがにこんな謳い文句で新次元買う奴なんかいないわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



爆音なのにサイレンサー仕様とか意味わからんしwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww





近日到着です(は?






@若い女の子につられて銃をプレゼントしてしまうオッサンのシーンとか普通にありそうで笑ってしまいましたwwwwwwwwwwwwwwww 
m9(^д^) あ、草生やしすぎたのでこんくらいにしときますね(プークスクス  


Posted by あんこ入り  at 15:49Comments(4)東京マルイ新次元

2014年07月13日

CZ75のクラック云々



はいこんばんは


ちょっと今朝ミリブロでショップと揉めてる様な話を見て、


「ああ・・・・」と思いながらコイツを眺めてたんですが。





KSC CZ75 1st システム7


揉め事の顛末はカテゴリー欄に纏めときました。
今改めて読み返しても割とえげつない事してますね自分()



そんなCZ75ですが、少し前にクラックがまた入ったと記事にしましたが
↓↓↓

http://ankoiri.militaryblog.jp/e535246.html









反対側にもクラック入ってきた\(^o^)/

両側ともリアサイトの根元付近から入ってるので、これもう散々言われてることでしょうが、完全にリアサイトが悪戯してますね






薄いスライドに重量のある金属製のリアサイトが、前後するときにスライドの薄くなってる部分を捲りあげてるような感じのクラックの入り方。

リアリティも大事ですけど、リアサイトはABS樹脂とか軽量で弾性のある素材で作ったほうがいいんじゃないですかね・・・・・(´ω`)





そもそもKSCは分解して楽しむことも主眼に置いてるので、マルイ製品と比較すると分解が非常に容易です。
マルイグロックのブリーチ外そうと思ったときあまりの硬さに発狂しましたwww

その分、各部の剛性や耐久性を犠牲にしてる部分があり、こういう破損に繋がるんだと思うんですが、
素材の見直しや、ちょっとした工夫で予防できる部分もあるので、なんとかして欲しいものです。
まあHK45HWや、STI VIPを見る限りそういう工夫も成されて来てるようなので個人的には今後も期待してます。はい。

とりあえず予備スライドもあるので、割れたらKSCに送ってみようと思って、割とガンガン撃ってるんだけどなかなか割れないんだよね・・・(・ω・)  


Posted by あんこ入り  at 00:01Comments(12)CZ75KSC

2014年07月09日

VFC MP7A1のサプレッサーに関して

はいどうも(∵ )



ちょっとお詫びと訂正というか、以前コメント欄でVFC MP7A1のサプレッサーの取り付けるためのバレルのネジの径を尋ねられたときに、
14mmの正ネジとコメントしてしまったんですが、正しくは12mmの正ネジですo======rz

別のコメントで指摘していただきました。ありがとうございます。
検索とかで引っかかる不都合があるので、僕の書いたクソコメは一応削除します。


繰り返しますが、バレルは12mmの正ネジです。


ショップの情報を鵜呑みにしてそのままコメントしてしまったんですが、
ろくに確かめもせずに適当な事書いて本当申し訳ないです(;´д`)





ということで自分で買って確かめることに。



いい感じ(´・ω・` )
取り回しは犠牲になる割りに、サプとしての効果は皆無ですが、
ストック展開しなくてもカッコイイですねコレ。

VFCの他にUFCやらのレプリカもあるみたいですが、割とガタツキがあったりするとのことなので、
ちょっと価格は上がりますが、VFC製のQDサプレッサーを購入。

何か妙に価格帯に差がある製品で、高いところだと10k近くしますが、VFC製品に強いショップなら5k強で取り扱われてオリマス・・・・。




純正用なので当然ですが、フラッシュハイダーは純正のままで取り付けOKです





ポン付けでガタも無し。

ガタのあるサプレッサーだと、フルオート時のブレでサプレッサー内に弾が残ってしまったりする事もあるそうですが、
3マガジン程フルでぶっぱなしてみたものの、特にそういう症状は無かったです(いやこれも僕の場合で以下略)





ハイダーを外して直接バレルに取り付ける場合は、12mmの正ネジ用が必要になります。
ただこれも、ネジの周りがカバーで覆われているので、アダプター無しで取り付けられるサプレッサーも限られてる気がします。
できればVFC MP7用の購入をオススメします・・・・


2014/7/9現在在庫のあり(そう)なところ
http://gunshop-fox.jp/SHOP/VF9-SS-MP7-03.html
http://www.airborne-shop.com/products/detail.php?product_id=9833

改めて、適当な事書いてすいませんでしたorz  


Posted by あんこ入り  at 23:45Comments(5)VFCMP7

2014年07月07日

KSC MegaArms MKM




こないだ雑誌に出てたと思ったらもう発売告知きました・・・・・KSC MegaArms M4!!!!!

価格はメーカー希望価格で60kと言うことですが、メンバー価格や小売の価格なら40k台ですね・・・・(もっと高いとこもありますが)
あまりの衝撃に、なんかもうとりあえず清水の舞台から飛び降りるつもりで予約しましたっ(っ´ω`c)
HK417はおあずけです・・・()

発売日は7月23日!ガスブロに最高の季節に当ててきました!この辺はマル○イもちょっと見習ってください!!!


てかマガジン売り切れてるよ!!!!(バンバン  


Posted by あんこ入り  at 20:10Comments(3)KSCM4MegaArms MKM

2014年07月06日

HK45HWの近況



←のカテゴリがグダグダだったので少しだけ整理しました・・・・・と言っても多すぎるので、今年に入ってからの分程度ですが。
見返してみるとよくまあこんだけグダグダとネタもろくにないのに書いてるなぁ。。。。(・ω・;)

改めて見返してみると、MP7のリアルサイズ考察記事が一番アクセス数が多くて、
この記事だけで1万PV近くになってました。

http://ankoiri.militaryblog.jp/e412858.html



MAGPUL PDRの記事が2番目にアクセス数が多くて申し訳ないです殆ど記事にしてないしもう手元にないです(白目)


あと最近多いのはHK45関連の記事ですが、そろそろ下火かなと()






そんなHK45(KSCのHW)ですが、近況を少し。

一日HK45だけで過ごす事もあって、かなりハードな使い方をしてますが、今のところ目だった故障とかは無し。
スライドの割れとかアウターの割れとか、KSC製品のネガティブな部分は大分解消されてるように思えます。

オラガバニストのあじゃ様の記事で、この間出たばかりのSTI VIPのレビューをされてましたが、
こっちにもリコイルバッファーが仕込んであるというところを見たとき、やっと耐久性という部分に対して重い腰をあげてきたように感じましたwwww

http://aja.militaryblog.jp/e563255.html STI VIPの詳細は←からドウゾ。



とりあえず話をHK45に戻しますが、
命中精度に関しては30mマンターゲットでもかなりの確率で中ります。



初速がマルイのハンドガンに比べると高めなのもミソ。





ちょっと人によっては注意したほうがいいかなーと思ったのが、
マガジンキャッチのかかりの甘さ。

軽く触れただけで不意に落ちてしまうことがあるので、
手の大きい人はちょっと注意したほうがいいかもしれません。

僕は手が小さいので滅多に起こらないんですが、
初速計測時にフィールドスタッフさんが射撃してマガジン脱落というのが3連続で起こったので・・・・;

マルイのHK45はもう少しロックが強めなのと、脱落防止の機構もありますしね(´ω`)





また、ホールドオープンした状態で、弾の入ったマガジン・・・・・つまりスライドストップを押し上げる力がかからない状態で、
強めにマガジンを叩き込むと、スライドストップが勝手に解除されてスコッと前に行ってしまうのが度々。

これは他のメーカーの銃でも経験ある症状ですが、KSC HK45はやはり構造的にスライドストップのかかり方自体は少し甘いので、
勝手に解除が起こりやすいようです。
まあ空チャンバーの状態でなら特に問題は無いんですが、中途半端な解除の仕方はスライドストップノッチの磨耗に繋がりやすいので、
ホールドオープン状態で挿す時、マガジンはしっかり確認しながら確実にゆっくり行うことをオススメします。




あとはKSC HK45の持病ともいえるスライドストップノッチの磨耗ですが・・・・・・





さすがにちょっと手荒に扱いすぎたのか、わずかに削れてきてます。

といってもスライドストップ自体は相変わらずバッチリかかりますし、ABS版の異常なまでの削れ片に比べれば本当に些細な感じです。
マルイの銃でも機種によっては使ってるうちに派手に捲れてきたりするので、特に問題視するほどでは無いと思います・・・・・・。



少しネガティブな事も書きましたが、ゲームで使うハンドガンとしてはピカイチなレベルじゃない?というのが個人的感想です(’ω’ )
金額や供給面でより気楽に扱えるマルイもいいですが、これはこれで相棒にするには全然OKなレベルだと思います(現時点で)

また夏が終った頃に何か気になったことがあればその時書くとします。  


Posted by あんこ入り  at 01:17Comments(2)HK45KSC